デジタル製品・家電 医療・医薬・福祉

電池形状をしたIoTデバイスコネクティッドバッテリーMaBeee(マビー)の企画・開発を行うノバルス株式会社と資本業務提携のお知らせ

象印マホービン株式会社
象印マホービン株式会社は、コネクティッドバッテリーMaBeee(マビー)の企画・開発を行うノバルス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役 岡部 顕宏)の第三者割当増資を引き受け、同社との資本業務提携を締結しましたのでお知らせいたします。


【ノバルス株式会社について】 
ノバルス株式会社は、電池自体に通信モジュールを組み込むコネクティッドバッテリーの開発・製造を手掛ける企業であり、通信機能付き乾電池の「MaBeee (R)」により、あらゆる製品をIoT化、クラウド基盤・AIまで含めたトータルソリューションで豊かな社会の実現をサポートしています。

【ノバルス株式会社の代表的な商品について】
コネクティッドバッテリーMaBeee(マビー)シリーズ:https://mimamori.novars.jp/

「コネクティッドバッテリーMaBeeeシリーズ」は、電池形状をしたIoTデバイスです。従来のLTE-M等の通信モジュールを組み込む開発手法の場合、複雑な回路設計・対応ファームウェア開発など莫大な開発投資が必要でしたが、MaBeeeは、既存の電池製品で使用する事も可能※1なので、新規にLTE-M等の通信機能を搭載した機器を開発するメーカー様に対して、その開発期間・費用を大幅に縮小でできるDXソリューションとしてご提案いたします。
※1 一部動作しない機器もございます。動作要件など詳細はお問い合わせください。



出資の背景

 当社では、2001年より、電気ポットを使用することで離れて暮らすご家族の生活をさりげなく見守ることができる「みまもりほっとライン」サービスを20年以上続けています。
 「みまもりほっとライン」サービスの拡充を検討する中で、ノバルス株式会社が展開するコネクティッドバッテリーを用いた「家族みまもりサービス」との協業メリットが期待できるため、出資することとなりました。

【ご参考】
「みまもりほっとライン」について:https://www.mimamori.net/



今後の見通し

 当社の事業に近接した領域で、当社が保有しない技術・ノウハウを有するノバルス株式会社への出資を通じ、新たな商品・サービスを企画・開発する際に、同社の協力を得て迅速に展開・推進できる体制を構築していきます。
 具体的には、ノバルス株式会社が推進する実験を通じて、フレイル(虚弱)や認知機能低下の予兆検知・早期発見や改善のためのサービスの拡充を目指します。

ノバルス株式会社概要

企業名:ノバルス株式会社
所在地:東京都千代田区神田錦3-15-16ブンカイサンビル 3F
代表者:岡部 顕宏
設立日:2015年4月
事業内容:コネクティッドバッテリーMaBeee(マビー)の企画・開発
HP:https://novars.jp/

【本リリースに関するお問い合わせ先】
象印マホービン株式会社 広報部
TEL 06-6356-2329
〒530-8511 大阪市北区天満1-20-5

ノバルス株式会社 事業開発部
TEL 03-4405-8866
Mail:info@novars.jp
〒102-0054 東京都千代田区神田錦3-15-16 ブンカイサンビル 3F
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)