医療・医薬・福祉 その他

児童養護施設に新品のウェアを!ベルマーレと共に課題を解決!

湘南ベルマーレフットサルクラブ
《Chance&Empowerment project|ウェア寄贈プロジェクト》実施レポート





湘南ベルマーレフットサルクラブでは、Chance&Empowerment projectの一環で小田原市にある、児童養護施設〈ゆりかご園〉にウェアの寄贈に行ってきました。

本プロジェクトは、ゆりかご園で働くスタッフの方とお話しする機会があり、子どもたちの洋服が不足しており困っているという話を伺いました。

これまで、中古の洋服を譲り受けることもありましたが、コロナ禍の今、観戦んを避けるため新品が推奨されており、更に洋服が不足する課題となりました。

この話を受け、オフィシャルサプライヤーのGoleador様と新品の洋服を送り届ける方法を探りました。

協議をさかねていく中で、購入に至らなかったウェアの廃棄問題と合わせて、新品のウェア約50人分を取り揃える準備を行いました。

ウェアの運搬に協力して頂くことになったスーパーディーラーカトー様が、資金提供もして頂き、更にボールやバックなどのアクセサリー類もプレゼントできることになりました。




クラブからも複数の選手やスタッフが参加し、子どもたちと一緒にウェアを選んでいました。

本プロジェクト以外にもベルマーレがハブとなり、様々な地域や社会の課題をパートナーシップで解決してまいります。

代表取締役社長 佐藤伸也コメント

様々な縁やパートナーのおかげで今回のプロジェクトを実施することができました。
とても明るく素敵な時間を過ごすことができ嬉しく思っています。
今回のご縁で新しく知ったことや理解したことがあります。
一つは、ウェアだけでなくコスメや美容品など手に入りにくいものがあるので、協力していただけるメーカーや企業を探して同じようにお届けしたいと思っています。

もう一つは、子どもたちと一般社会を遮断するのではなく、同じ地域に住む仲間として溶け込む関係を作りたいと思いました。
養子縁組という制度の他にも、里親制度や、学校の夏休み期間など数日間お預かりして家庭生活を過ごしてもらう制度があることを知りました。
なので、課題や、制度などを発信しながら、更には近所に住むお兄さんお姉さんという関係で定期的に遊びにいきたいと思います。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)