医療・医薬・福祉 ネットサービス・アプリ

ファストドクター、2022年「グッドデザイン賞 金賞」および「グッドデザイン・ベスト100」をW受賞

ファストドクター株式会社
「救急医療の新しい選択肢となるサービスに先鞭」と評価

ファストドクター株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:菊池 亮(医師)、水野 敬志)は、日本最大級の時間外救急サービス「ファストドクター」において、暮らしや社会を豊かに導くデザインに対して与えられる「2022年度グッドデザイン賞(主催:公益財団法人日本デザイン振興会)」で「グッドデザイン金賞」および「グッドデザイン・ベスト100」をW受賞した事をお知らせいたします。




審査員からの評価コメント




この度の受賞について
「グッドデザイン賞」は公益財団法人日本デザイン振興会が主催するもので、1957年以降、国内のあらゆる製品・サービスなどを審査・選出してきた日本で唯一の総合的なデザイン推奨制度です。2022年度は5,715件の審査対象の中から1,560件が「グッドデザイン賞」を受賞し、これからの時代のモデルとなる特に優れた100件が、「グッドデザイン・ベスト100」に選出されました。「グッドデザイン金賞」は、「グッドデザイン・ベスト100」の中から選ばれる特別賞としてファストドクターを含め、本年は20件が選出されています。

ファストドクターは2016年の創業以来、新しい医療の選択肢を社会に提示する存在として、祖業である患者向けサービス(医療相談、救急往診、オンライン診療、訪問看護等)を始めとして、医療機関向けサービス(在宅医を対象にした往診代行事業)、自治体向け事業(地域の医療課題解決のための医療体制構築支援)等、先進的かつ包括的な医療サービスを展開してまいりました。2022年からはテクノロジーを活用した医療DX事業の本格化や大学と協同し医療データの研究・活用などヘルステック企業としての活動の幅を広げています。

今回ご評価いただいた通り、今後も救急医療に関する社会の期待に応え続け、ミッションである「生活者の不安と、医療者の負担をなくす」の実現を目指してまいります。



ファストドクター株式会社
ファストドクター株式会社は、患者さんと医療機関をつなぐ時間外救急プラットフォーム「ファストドクター」を提供しています。2040年に向けて高齢者人口が増加する都市部(東京・神奈川・千葉・埼玉・大阪・兵庫・京都・奈良)を中心に、年間8万件の救急相談・救急オンライン診療・救急往診・フォローアップといった、自宅に居ながら安心して診療が受けられる環境を実現し、通院が難しい患者さんの救急受診を支援してまいります。さらに、地域の医療機関との連携で、時間外のかかりつけ医機能の強化や、患者さんのかかり方の適正化を推進してまいります。
=



所在地:〒108-0014 東京都港区芝4丁目5-10 EDGE芝四丁目ビル3F
設立:2016年8月
代表者:菊池 亮(医師)・水野 敬志
URL:https://www.fastdoctor.co.jp/

【本件に関するお問合せ】
ファストドクター株式会社 広報 田島めぐみ
メール:pr@fastdoctor.jp
電 話:090-7843-9782
※ 患者さまからの相談対応のためコンタクトセンターへのご連絡はご遠慮ください。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)