美容・健康

100年歩ける身体をつくる、歩行専用トレーニングサービス walkey(ウォーキー)、「2022年度グッドデザイン賞」を受賞

quantum
株式会社quantum (本社:東京都港区、代表取締役社長兼共同CEO:及部智仁、以下「quantum」、読み方:クオンタム) が朝日インテック株式会社(本社 : 愛知県瀬戸市、代表取締役 社長 : 宮田昌彦 、以下「朝日インテック」)と共同で立ち上げた株式会社walkey(本社:東京都目黒区、代表取締役:渡辺達哉)による、歩行専用トレーニングサービス「walkey」は、この度2022年度グッドデザイン賞(主催:公益財団法人日本デザイン振興会)を受賞しました。





受賞概要




○ 受賞対象名 歩行専用トレーニングサービス[walkey]
○プロデューサー
朝日インテック株式会社 代表取締役副社長 宮田憲次
株式会社walkey 代表取締役社長 渡辺達哉・株式会社quantum 取締役 共同CEO 川下和彦
○ディレクター
朝日インテック株式会社 鹿子泰宏 / 渡邉茂樹(プロジェクトリード)
株式会社quantum 中村覚(プロジェクトリード)/ 執行役員 門田慎太郎(デザイン統括)
○デザイナー
株式会社quantum 産田拓郎・清水こなあ(インダストリアルデザイン)
塚田あずさ(UI/UXデザイン)/ 小関友未(グラフィック デザイン)/ 萩野格(サービスデザイン)
○ グッドデザイン賞ウェブサイトでの紹介ページ
https://www.g-mark.org/award/describe/54402

審査員による評価コメント
歩行力という日々の生活において最低限であり最大の能力を養うことを目的とした歩行専用のトレーニングサービス。専用トレーニング機器から、専用アプリケーション、個別に最適化されたトレーニングプログラムまで、誰でも続けやすいように丁寧なサービスデザインがなされている点が評価された。

walkeyウォーキー)について( https://walkey.co.jp/



walkeyは、100年歩ける身体を作るための“歩行専用”トレーニングサービスです。人生100年時代と言われるようになった昨今ですが、その一方で注目されるようになったのが健康寿命という考え方です。人の寿命自体は伸びていくと考えられている中で、その長い人生を豊かに過ごすためには、いつまでも健康でいることが今まで以上に重要視されるようになります。

walkeyはこうした時代背景から誕生した、“歩行専用”トレーニングサービスです。専用デバイスと専用アプリを用いた自宅でのエクササイズ(1 日約 30 分)と、2週間に 1 回(60 分)のラボでの指導によって、歩く力を鍛えていきます。専門家とともに独自に開発した歩行力診断とメソッドをもとに、お客さま一人ひとりの状態に合ったエクササイズプログラムを提供し、専門トレーナーが伴走します。
自宅で毎日エクササイズを続けられるだけでなく、2週間に1回を目安に、トレーニングラボでエクササイズの成果をチェックしていただくことができる「反転ジム方式」を採用しています。丁寧な歩行力チェックと、一人ひとりの状態に合わせたおうちでできるエクササイズを通じて、自分の足で自信を持って歩く力を届け、いつまでも健やかに歩き続けられる社会を実現します。






グッドデザイン賞についてhttp://www.g-mark.org/



1957年創設のグッドデザイン商品選定制度を継承する、日本を代表するデザインの評価とプロモーションの活動です。国内外の多くの企業や団体が参加する世界的なデザイン賞として、暮らしの質の向上を図るとともに、社会の課題やテーマの解決にデザインを活かすことを目的に、毎年実施されています。受賞のシンボルである「Gマーク」は優れたデザインの象徴として広く親しまれています。


●quantumについて (https://www.quantum.ne.jp)


quantumはクリエイティビティを軸とした事業開発によって、新しいプロダクトやサービスを創り出すスタートアップ・スタジオです。2016年の創業以来、venture buildersとして自社事業を立ち上げるとともに、70社を超える企業やスタートアップ、大学と事業開発に取組み、共同創業により多様な新規事業を生み出してきました。
これからもquantumは起業家精神を大切にするカルチャーの中、クリエイティビティと実装力を駆使して、連続的に"Zero to Impact"に挑戦していきます。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)