企業向けシステム・通信・機器 美容・健康

hacomonoがレジャー&サービス産業展2022に出展。レジャー施設におけるデジタル経営の未来を提案

株式会社hacomono
日本のウェルネス産業を、世界水準にするために

ウェルネス産業向けのオールインワン基幹システム「hacomono」を提供する株式会社hacomono(本社:東京都渋谷区、代表取締役:蓮田 健一)は、2022年10月26日(水)からの2日間、東京ビッグサイトにて開催される、レジャー・サービス施設の開発・投資とビジネスモデルを創造するB to Bの展示会「レジャー&サービス産業展2022」に出展いたします。




■ ゴルフ練習場・サウナ・レジャー施設におけるデジタル経営を提案

日本におけるゴルフ練習場やスクール、スパサウナ・レジャー施設などのウェルネス店舗・施設は、デジタル化・オンライン化に後れを取っており、入会時の書類作成、会員証発行・スクールレッスンの出欠管理、台帳での利用管理などアナログ的手続きが多く、まだ多くの店舗において非対面型店舗運営に課題があります。

「hacomono」は来店前に予約から決済がお客様側端末で完結し、店舗運営におけるオンライン化・事務作業レス・キャッシュレスを実現するだけでなく、オンラインレッスンの実施や、IoTハードウェアによる店舗運営の省人化、データドリブン型の経営プラットフォームを提供します。今回のレジャー&サービス産業展では、新たにリリースされるスクール機能・POSレジ・在庫管理機能のほか、最新事例のご紹介など、リアル店舗・施設のDXをさらに加速させるためのネクストスタンダードを提案いたします。ブースにて、実際にお客様が触れる画面および、店舗様側の運営画面をぜひご体験ください。



■ セミナーに登壇

ブース出展と並行し、セミナーにも登壇いたします。

10月25日(火) 14:40-15:00 (20分)
テーマ:店舗デジタル化による「無人・省人化経営」を行なうべき“たった1つ“の理由
申込:https://f-vr.jp/sogo-unicom/enq/mail_reg/lsi2022/seminar_new_form.cgi


■ hacomono とは



リアル店舗における予約・決済や入会手続きがお客様自身のPCやスマホ端末からオンラインで完結し、店舗での事務手続きや支払い手続きが大きく削減できるクラウドサービスです。店舗側では、月謝の引き落としや未払い徴収に関するオペレーションも自動化され、スタッフ業務の大幅省力化を図ることができます。
2019年3月にサービスをリリースし、これまでに1,800店舗以上が導入。コロナ禍により、店舗は人との接触を削減する必要があり、導入件数は前年比10倍以上のペースで増えています。

<料金>
初期費用:150,000円~(税別)
月額利用料金:1店舗35,000円~(税別)※店舗数による割引有

<サービスページURL>
https://www.hacomono.jp/

<会社概要>
社名:株式会社hacomono
所在地:東京都渋谷区神宮前2-34-17 住友不動産原宿ビル5F
代表者:蓮田 健一
創業:2013年7月
資本金:100百万円
事業概要:ウェルネス産業向けの会員管理・予約・決済・POSシステム「hacomono」の開発・提供
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)