医療・医薬・福祉 ネットサービス・アプリ

~パパも産後すぐの我が子との時間を思う存分共有~CureApp初の役員による育休取得のお知らせ

株式会社CureApp

2022年10月



 株式会社CureApp(本社:東京都中央区 代表取締役社長:佐竹 晃太)は、以前より社員がライフスタイルやイベントに合わせて自身に最適な働き方を選択できることを推進しており、その一環として男女を問わず安心して育休取得できる環境作りを進めています。10月1日から改正育児休業法が施行され、出生時育児休業(産後パパ育休)が開始されたことを受け、さらなる産前産後の時期における柔軟な育児休業に向け社内体制を整え邁進して参ります。加えて、10月1日より、弊社COO宮田尚も育休取得をすることをお知らせ致します。

 CureAppには創業時から受け継がれる共有すべき行動指針であるValue(バリュー)があります。その中の1つに、「Enrich your loved ones(親愛なる人を豊かにしよう)」を掲げています。自分自身だけでなく、自分の関わる周りの人たちをも幸せにしよう、という意味合いで、会社や仕事で関わる人のみならず家族や子ども、パートナーなど、それぞれの大切な人のことを第一に考えながら働くことを大切にしています。
 
 既にCureAppでの働き方は、地方や海外在住でのフルリモート環境の選択やフレキシブルタイムによるフレックス制度による調整などさまざまなライフスタイルに対応できる制度が充実している他、ダイバーシティ&インクルージョンの推進と理解も進めています。育休後であっても仕事と子育てを両立できる環境を目指し、今後より社内外の理解を深めるための施策や休職中のサポート体制、職場復帰に向けたバックアップ体制など、性別に関係なく安心して子育て、働き続けられる職場環境の整備の強化を図って参ります。


CureApp COO 宮田尚 コメント

当社では今年も大きな成長を目指して複数の事業が進んでおり、その進捗について社外からの注目と期待も頂いております。そのような中で役員の自分が育休を取得することに対する周囲の反応は事実として非常に気になりました。しかし、社員から役員が取得することで自分たちも取りやすくなるので取って欲しいという声を頂いたり、社内・社外の役員からも後押しや理解を頂けたことから、安心して取得することができました。
育児に関してまだまだ学ぶことばかりではありますが、本当に日に日に大きくなっていく新生児の時期に我が子との時間を家族で過ごせることは人生のQOLの向上に大きく寄与すると実感しています。当社はもちろん日本全体で育休取得への理解が広がって欲しいと感じています。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)