美容・健康

世界初・独自の浸透技術「Hair Medulla Care」によりコレステロールを高浸透させた髪の揺れは、魅力的な印象を与えることを発見

タカラベルモント株式会社
第32回IFSCC Congress(ロンドン)のポスターセッションにて研究成果を発表

タカラベルモント株式会社(本社:大阪市中央区、代表取締役会長兼社長:吉川 秀隆)は、2020年に発表した世界初・独自の浸透技術「Hair Medulla Care」の応用研究として、コレステロールを毛髪へ高浸透させることにより、髪の動きが大幅に改善し、その動きは人に対して魅力的な印象を与えることを発見しました。なお、今回の研究発表は、世界の化粧品技術者が集う化粧品に関する科学領域で最も権威のある学術大会「第32回IFSCC Congress(2022年9月19日~22日、ロンドン)」のポスターセッションにて発表しました。


ポスター発表の様子 (写真左:化粧品研究開発部 第一研究所 金澤莉香研究員)
発表タイトル:Hair Medulla Care to Create an Attractive “Swinging Hair”
発表者:金澤莉香、戸田和成、平山貴寛、萬成哲也、中嶋礼子、渕上幾太郎、細川博史
< 研究概要 >
これまで髪を美しくする要素として「ツヤ」や「色調」などが研究されてきました。これらは透明感や髪色といった静止画での見た目・美しさを表現しています。しかし今はSNSを利用し、表現やコミュニケーションツールとして動画の活用が増加傾向にあります。今後は、人の印象を表す要素として髪の“動く様”も重要と考え、毛髪内部を含む毛髪全体にアプローチすることで髪の“動き”を美しく見せる研究に取り組みました。
< 要点 >
2020年に発表した世界初・独自の浸透技術「Hair Medulla Care」を応用し、毛髪の脂質成分であるコレステロールの浸透や毛髪を揺らした際の“動き”の違いを解析。結果、コレステロールを浸透させた毛髪の方が「大きく」「長い時間」揺れることがわかりました。また、「Hair Medulla Care」処理によりコレステロールを浸透させた毛髪(ウィッグ)と未処理の毛髪(ウィッグ)の髪の動きを見比べ、どちらの髪が魅力に感じるかという調査を実施したところ、「Hair Medulla Care」処理を実施した髪では、髪の動きが大幅に改善し、その結果、「Hair Medulla Care」によりコレステロールを浸透させた毛髪の方が「大きく」「長い時間」揺れ、魅力的な印象を与えることがわかりました。なお、今回発表した研究結果は、2023年に新発売するヘアケア製品に搭載予定です。
< 研究詳細 >
■ 世界初・独自の浸透技術「Hair Medulla Care」によるコレステロールの高浸透および髪の動きの改善

毛髪の水分量と関連があると報告されているコレステロールに着目し、毛髪内部への浸透を評価しました。その結果、「Hair Medulla Care」処理を実施した毛髪(HMC + Chol)では、中心部メデュラを含む毛髪全体への浸透がみられました。
【コレステロールを緑色の蛍光で標識】写真左:HMC + Chol 写真右:untreated
また、「Hair Medulla Care」処理によりコレステロールを浸透させた毛髪(HMC + Chol)と未処理の毛髪(untreated)に関して「揺らしたときの髪の動き」の違いを解析した結果、コレステロールを浸透させた毛髪の方が「大きく」「長い時間」揺れることがわかりました。

【揺れる髪の動きを解析】
■ 髪が根元から毛先までまとまりのあるしなやかな揺れにより、魅力的に感じる動く髪を実現

グラフ1.

「Hair Medulla Care」処理によりコレステロールを浸透させた毛髪(ウィッグ)と未処理の毛髪(ウィッグ)に関して、15~90歳の一般女性790名が髪の動きを見比べ(動画を提示)どちらの髪が魅力に感じるかという調査を実施しました。その結果、約80%の方が処理した髪が魅力的であると回答を得ました(グラフ1.参照)。


つまり、「Hair Medulla Care」処理によりコレステロールを浸透させたことより「毛髪内の空隙」を埋め、「毛髪内脂質」を内部までしっかり供給することにより、髪1本1本の物性を改善、均一化できた結果、まとまりのある、しなかやに大きく揺れる髪になり、魅力的な印象を与える「揺れ髪」が実現できたと考えています。
写真左:HMC + Chol 写真右:untreated
髪の動きや揺れに関する意識調査
2022年7月/インターネット調査/国内在住 15~90歳女性/790人
【 参考 : Hair Medulla Care 概要】
毛髪は未解明な点が多い研究領域ですが、特に中心部であるメデュラは、その詳細な構造や機能について未だにほとんど解明されていません。当社の化粧品研究開発センターでは、毛髪の芯であるメデュラ構造の詳細を科学的に解析するために、毛髪の内部構造を直接的に観察する独自技術を開発しました。その技術の特徴は縦に毛髪を切断して観察ができる、業界でも初めての当社独自の手法です。この技術により、メデュラで生じる構造変化を観察することに世界で初めて成功しました。さらに、多孔質化したメデュラを充填させ、その状態を維持させることにも成功し、毛髪の外観を美しく変化させる手法「Hair Medulla Care」を開発しました。
※参考:2020年10月21日 世界初、毛髪の中心部「メデュラ」の構造変化を新解明
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000018.000055758.html

< 会社概要 >
商号 :タカラベルモント株式会社
代表者 :代表取締役会長 兼 社長 吉川 秀隆
所在地 :大阪本社(本店) 大阪市中央区東心斎橋2-1-1
     東京本社     東京都港区赤坂7-1-19
創業 :1921年10月5日
資本金 :3億円
従業員数 :従業員数 :1,594名(2022.3.31現在)
事業内容 :理美容・化粧品事業・デンタル・メディカル事業

URL :https://www.takarabelmont.co.jp/
公式SNS:インスタグラム @takarabelmont_japan

タカラベルモントは、2021年10月5日に創業100周年を迎えました。
次の100 年に向けて、パーパス「美しい人生を、かなえよう。」を新たに制定。
パーパスを軸にした経営を進めていくとともに、持続可能な社会を目指し、「美と健康をかなえる」プロフェッショナルのみなさまとともに、進化し続けます。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)