美容・健康

世界初(※1)、再生医療技術を用いて作製したヒトの気道上皮細胞(※2)で、プラズマクラスター技術により喘息症状緩和に繋がる可能性を確認

シャープ
米国コロンビア大学医学部にて検証


シャープのプラズマクラスター技術について、世界的に著名な研究機関である米国コロンビア大学医学部の森 宗昌 准教授(呼吸器学・幹細胞学)らの検証試験の結果、プラズマクラスターイオンを人工的に培養したヒトの気道上皮細胞に照射すると、喘息患者で問題となる気道の粘液分泌が改善され、喘息等の気道の症状緩和に役立つ可能性が示唆されました。

ヒトの呼吸器の鼻腔から肺に至る道筋(気道)の表面には気道上皮細胞があり、この細胞は粘液を分泌し異物を上部へと排出することにより、気道浄化において重要な役割を果たしています。今回の効果検証試験では、プラズマクラスターイオンの気道への影響を調べました。初めにヒト組織幹細胞を約1カ月かけて分化誘導させ、シート状に気道上皮細胞を形成し、その上でプラズマクラスターイオンを最大24時間照射しました。その結果、細胞表面の外観上の変化や細胞の損傷などは認められず、また、定量的な遺伝子発現解析(※3)を実施したところ、喘息患者の気道において呼吸の妨げになる高粘度の粘液分泌の減少、および呼吸改善に寄与する低粘度の粘液分泌の増加が示唆されました。これらの変化は、喘息患者で重大な問題となる気道での粘液分泌が改善され、症状緩和に繋がる可能性があります。これまでプラズマクラスターイオンは、気道に問題を引き起こすダニアレルゲンへの抑制効果を実証してきましたが、今回の試験はダニや花粉などのアレルゲンが存在しない装置内で実施されたことから、ヒトの気道の細胞自体にも良い効果を及ぼす可能性が示唆されました。今後も引き続き細胞への効果やそのメカニズムについて詳細な検証を進めてまいります。

呼吸器の専門家である森准教授は、「新型コロナウイルス」への対策技術としての有効性に加えて、プラズマクラスターの呼吸器への影響に関心をお持ちいただいており、森准教授のチームは当社が提供した試験装置を使用し同大学にて独立した試験を行った結果、今回の成果確認に至りました。

当社は、2000年より20年以上にわたりプラズマクラスター技術の効果を国内外の第三者試験機関で実証するアカデミックマーケティング(※4)を推進してまいりました。これまで多数の第三者試験機関で「ダニアレルゲン」などの有害物質の作用抑制効果や、「小児喘息患者の気管炎症レベルの低減効果」、「マウスのアトピー性皮膚炎の予防と治療効果」などの臨床効果を実証。併せて、プラズマクラスター技術の安全性についても長年継続して検証を重ねています。今回、ヒト気道の「喘息症状緩和」というプラズマクラスターの新たな効果の可能性が見出されたことを契機とし、シャープはさらなる技術の有効性について実証を加速してまいります。

※1 ヒト気道上皮細胞に作用し粘液の産生に関わるタンパク質指標を変化させ、喘息症状緩和の可能性を示唆したイオン放出式の空気浄化技術において。(2022年10月13日現在、当社調べ)
※2 呼吸器の気道の内面を覆う細胞。体外とのバリアとして機能する。線毛細胞、粘液細胞等複数から構成される。
※3 細胞の内部状態を調べる手法の一つで、遺伝子の働きや反応を調べる解析手法。
※4 技術の効能について、先端の学術研究機関と共同で科学的データを検証し、それをもとに商品化を進めるマーケティング手法。
● プラズマクラスター、Plasmaclusterはシャープ株式会社の登録商標です。

※ ニュースリリースに記載されている内容は、報道発表日時点の情報です。ご覧になった時点で、内容が変更になっている可能性がありますので、あらかじめご了承下さい。

【プレスリリース全文】
https://corporate.jp.sharp/news/221013-b.html
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)