その他 医療・医薬・福祉

【新型コロナウィルスで困っている人を助けたい!】社会福祉法人の生活困窮者支援プロジェクトが開始!

社会福祉法人七和会
〇住まい〇3食の食事〇生活支援〇就労支援〇相談支援など、全て無償で提供します!


新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の影響を受けて、
・住むところが困っている方
・食べ物に困っている方
・障害を持っている方
・その他、生活に不自由している方など

社会福祉法人七和会をあげて、自立支援施設を開放し、
〇住まい
〇3食の食事
〇生活支援
〇就労支援
〇相談支援など


全て無償で提供するプロジェクトです!
https://camp-fire.jp/projects/view/259965

(前回配信したものとは別のURLです)

私は北海道の社会福祉法人七和会で理事長をしております牧野喜代志と申します。

今回、新型コロナウィルス感染症の充満により緊急事態宣言が出され、住まいを失ったり職場を失うなどの生活困窮者が増大しております。そういった生活困窮者の方々のために、住まいの提供や食事の提供、就労支援といった施設をあげての自立支援活動をおこなっています。

当施設の北海道まで来ていただく方については、交通費無料のサービスもおこないます。
全国からの受け入れを行います。


都道府県市区町村とも連携し、生活困窮者自立支援法も活用し公的サービスも応援させていただきます。
どうかご遠慮なくご連絡ください。

社会福祉法人七和会 理事長:牧野喜代志
080-5599-9195



生活困窮者を支援したい!!
新型コロナウィルスの感染が急速に拡大していることを受けて、政府は東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・大阪府・兵庫県・福岡県・あわせて7都道府県に法律に基づく緊急事態宣言を出しています。

宣言の効力は5月6日までということです。

その結果、大学や商業施設・ネットカフェなど、休業要請を余儀なくされています。

この結果、一番犠牲をこうむるのは社会的弱者ではないでしょうか。

いま東京都においては、ネットカフェからしめ出されている生活困窮者は4千人以上といわれ、全国をあわせれば1万人以上と見込まれています。

そういった方々のために、当法人あげて、自立支援施設を開放し住まいの提供や飲食の提供、また将来的に生活支援・就労支援などの福祉サービスを提供しようと思いました。



実現したいこと:生活困窮者たちの助けになる

新型コロナウィルスの感染拡大は、多くの人の生活に影響を与えています。
また職を失ったり住まいさえ失っている方も増えています。

そういった方々のために当法人の自立支援施設を提供いたします。
また、就労訓練のためのプログラムもおこないます。

そして一日も早く皆様と一緒に、いろいろな生活の課題を抱えている方々と共同生活を営み、自立の道を歩んでいただきたいです。

「元気な方も落ち込んでいる方も、男も女も、若い者も熟年者も、差別してはいけない」

個人個人の存在を認め合う共生社会を、理屈や机上の空論ではなく、本音で語り合っていきたいと思っています。
この新型コロナウィルスの非常事態において、支援を必要とする方々のために、力の限りを尽くしたいと思います。

新型コロナウイルスで生活に困っている方はご連絡をお願い申し上げます。

プロジェクトの支援を考えてくださる方へ
Goodmorningにて、クラウドファンディングを行っております。
https://camp-fire.jp/projects/view/259965

●住むところのない人の宿泊費用
●北海道への交通費用
●生活が困難な人への生活支援費用
●支援物資(食料品や生活品等)購入費
●感染症対策に必要な備品等購入費
●人員体制の整備に必要な諸経費など

支援いただいた全額を社会福祉法人七和会の新型コロナウィルス感染症(COVID-19)に伴う生活困窮者のための運用資金に充てさせていただきます。

https://camp-fire.jp/projects/view/259965
資金の使途については、支援してくださった皆様に明細を公開いたします。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)