美容・健康

人気美容クリエイター渡邉柊さん、美容家Shomaさんらも参加!uno(ウーノ)が「はじめてのスキンケア&メーキャップ講座」を実施

株式会社ファイントゥデイ資生堂
~ 男性の肌研究から導いた効果的なスキンケアステップをレクチャー ~

 ファイントゥデイ資生堂(本社:東京都港区、代表取締役 社長 兼 CEO 小森哲郎)が展開する、今年30周年を迎えたメンズブランド「uno(ウーノ)」は、一般男性を対象に「uno presents はじめてのメンズスキンケア&メーキャップ講座」を、2022年10月1日(土)~2日(日)の2日間、メンズコスメ・シェアドコスメのイベント「Soft Drink Beauty Festival 2022」にて実施しました。




近年ますますニーズが高まる男性化粧品市場において、スキンケア商品やメンズメイク商品を展開し、今年30周年を迎えたuno。グルーミングを通じて若者を大人へと導くメンズブランドとして、@cosme TOKYOにて開催された“メンズコスメ”やパートナーとアイテムを共有する“シェアドコスメ”の体験および展示を楽しめるイベント「Soft Drink Beauty Festival 2022」に出展しました。unoを気軽に試していただけるタッチアンドトライブースの他、一般男性を対象に、「uno presents はじめてのメンズスキンケア&メーキャップ講座」を実施。uno担当者より、男性の肌の特徴などの基礎知識をレクチャーしたのち、男性の肌に合ったスキンケアステップ、ナチュラルなベースメイクの仕方やポイントを紹介しました。

 さらにレッスンには、コスメコンシェルジュ資格や日本化粧品検定1級を保有する人気美容系クリエイター渡邉柊さん、NETFLIX「あいのりAfrican Journey」に出演し、“あいのり王子”として人気を博し美容家としても活躍するShomaさんがゲスト参加。9月に発売した新商品「ウーノ スキンモイスチャー3Dマスク」を手に取ったShomaさんは「実は今朝も使ってきました。男性が髭剃りなどによる乾燥ダメージを受けやすいあご下までカバーできて、さらに鼻の脇までしっかり保湿できるシートマスクはなかなかないので、シートマスクを初めて使う男性は感動すると思う」とコメント。渡邉さんは「男性美容が広がってきているけれど、メイクはまだハードルが高いと思っている人が多い。unoのメンズメイクアイテムは初心者も使いやすくてナチュラルな仕上がりなので、ぜひ気軽にトライしてみてください」と参加者に呼びかけました。

【「uno presentsはじめてのスキンケア&メーキャップ講座」レポート】


スキンケア編

■なぜ、メンズスキンケアが大切?
 まずは、男性にとってなぜスキンケアが大切なのかを解説。unoの研究で明らかになった「男性の肌は女性の肌より弱い」という事実を伝えると、参加者から驚きの声が上がりました。
 男性の肌は先天的な理由に加えて、髭剃りによる乾燥ダメージや一般的に女性と比べてスキンケアや紫外線ケアが十分でないなどの要因から、「肌のうるおいバリア機能」が女性よりも低い傾向にあり、乾燥が原因で肌トラブルが起こりやすくなります。そこでunoではそんな男性の肌のために、独自のテトラバリア成分※1を開発し、スキンケアアイテムに配合しています。男性は、男女の肌に違いがあることを踏まえて、男性の肌に合ったスキンケアをすることがとても重要です。


■unoが考える、肌を健やかに保つスキンケアのステップと役割
 次に、スキンケアの基本となるステップを参加者に伝授。洗顔で余分な皮脂やほこりなどの汚れを取り除いた後、化粧水でうるおいを与え、乳液でうるおいが逃げるのを防ぎます。シートマスクを使用するのは乳液の前が鉄則。ここでは渡邉柊さんから、普段実践している5つのスキンケアステップをご紹介いただきました。





クレンジングは力が入りすぎないよう薬指でやさしく洗う
ニキビを予防するために、古い角質を取り除くことのできるふき取り化粧水を使用する
男性は乾燥肌の人が多いので、保湿をしっかりする
保湿した後は水分を閉じ込めるために必ずクリームや乳液でふたをする
紫外線対策は1年中行う

 渡邉柊さんのスキンケアステップに「完璧ですね!」とuno担当者も声を上げました。渡邉柊さんの美肌の秘訣は日々の積み重ねにあるのかもしれません。

~化粧水・乳液~
 ここからは実際の商品をタッチ&トライ。スキンケアの第1歩となる化粧水「ウーノ スキンバリアローション」はテトラバリア成分※1が配合され、とろみがあるテクスチャーで、乾燥しがちな男性のお肌をしっかりと保湿します。また、ディスペンサー式のため、2プッシュ=1回分と使用量がわかりやすく、使いやすさも考えられた設計です。
 一方で、乳液「ウーノ スキンバリアエマルジョン」はさらっとしたテクスチャーで、仕上がりもべたつきません。乳液はべたべたするから苦手、という方にもストレスなくお使いいただけます。


 実際に使用した渡邉柊さんは「しっとりしたローションのあと、さっぱりした乳液で閉じ込めるのは男性の肌向けで、使いやすくてうれしい」、Shomaさんは「化粧水のスキンバリアローションは、とろみがあって気持ちいい。だからといって重たくなくて、よく考えられたテクスチャー。ポンプタイプなのも使いやすい。乳液のスキンバリアエマルジョンはベタつかないので、そのあとに日焼け止めなども塗りやすい」とコメント。

~シートマスク~
 日常のスキンケアに加え、週に1度のスペシャルケアとしてうるおい・美容液を肌に染み込ませるシートマスク。

 9月に発売したばかりの「ウーノ スキンモイスチャー3Dマスク」は、シートマスク市場では珍しい男性の肌に特化した商品です。一番の特徴である、男性の骨格を考えて設計された大判の3Dシートマスクを実際に着用しながら紹介。
 3D立体構造で表裏が分かりやすく、男性の顔全体にしっかりフィットし、ユニセックスブランドや女性用ブランドではどうしてもケアが行き届かなかった髭剃りなどで乾燥ダメージを受けやすいあご下までカバーできることには、参加者からも共感の声が。この他、乾燥しやすい男性の肌のための美容液がたっぷり配合されていたり、シートマスクに慣れていない男性でも広げやすいツメ付きで厚手の素材が採用されていたりするなど、「男性にとって最適なマスクとは何か?」を追求した形状・成分になっています。

 Shomaさんは「実は今朝も使ってきました。男性が髭剃りによる乾燥ダメージなどを受けやすいあご下までカバーできて、さらに鼻の脇までしっかり保湿できるシートマスクはなかなかないので、シートマスクを初めて使う男性は感動すると思います。また、個包装になっているので、衛生的にも安心感があり、持ち運びもしやすくていいなと思います」、渡邉柊さんは「小鼻の横からあご下まで覆ってくれる男性のためのサイズ感が嬉しい。また、成分はもちろん、シートの厚みにも高級感があり、大切な日の前日などスペシャルな日に使いたいです」と、それぞれ実際に使用した感想をコメントしました。

~オールインワンタイプ~
 unoのスキンケアアイテムの代名詞的存在、累計出荷数1,300万個※2を突破しているオールインワンシリーズ。ひとつで化粧水・乳液・美容液・クリーム・マスクの役割を担うので、忙しい日に嬉しい商品です。その中でも「ウーノ バイタルクリームパーフェクション a」は、肌荒れ、カサつき、テカリ、シミ予防、乾燥による小じわを目立たなくするなど、様々な肌悩みにアプローチしてくれる男性のスキンケア市場で最も売れている商品です。
 スキンケア初心者だけでなく、旅行や出張などで沢山のアイテムを持っていくのが面倒な方にも便利な一品です。


メンズメイク編

 スキンケアはしているけれど、どうしてもメイクは一段ハードルがあがってしまうと感じている人も多いはず。興味はあるけれどメイクに踏み込めない理由は、色をつけることに抵抗がある、メイクをしているとバレたくない、失敗したくないなど様々です。渡邉柊さんによると男性メイクはまずは肌、眉、唇の3つから始めることがおすすめ。メイク初心者の男性に向けて、unoのメンズメイク三種の神器をご紹介しました。

~BBクリーム~
 まずは肌作りについて。肌に色がつくことに抵抗がある男性の心理面を配慮した「ウーノ フェイスカラークリエイター(ナチュラル)」は、カラーチェンジパウダーにより、チューブから出したときは白かったクリームが、肌に塗布して指でのばしていくとだんだん肌に馴染む色に変化します。肌全体に色が馴染んだらメイク完了のサイン。メイクの終わりを教えてくれます。また、クレンジング不要で洗顔料でオフできるのも、初心者に嬉しいポイントです。


 使い方は、まず少量を指にとって、頬など顔の面積の広いところを内側から外側へ広げていきます。青ひげや目元のクマなど、特に気になるところ重ねてつけてもOK。自然にカバーするだけでなく、スキンケア効果もある他、UVケアもでき、まさにメイク界のオールインワンと言えるアイテムです。


 レクチャーの後は、参加者の方もその場でチャレンジ。Shomaさんや渡邉柊さんから使い方のアドバイスを受け、気になる部分が自然にカバーされた仕上がりに、初めてメイクに挑戦した参加者の方もメイク前との違いを感じて満足された様子でした。
 マスク生活で目元が強調されたり、オンラインミーティングで肌を見られたりする機会が増える今だからこそ、男性の肌作りには注目が集まっています。

 普段から肌作りは欠かせないという渡邉柊さんは「僕のおすすめの使い方は、5点おき。鼻、オデコ、頬二ヵ所、あごにクリームを乗せ、薬指やスポンジを使って摩擦で刺激を与えないようにやさしくのばすと、自然な仕上がりになります」とおすすめの使い方を指南してくれました。Shomaさんは、「僕は日焼け止めを必ず塗るのですが、unoのBBクリームはUVケア効果もあるので、これ1本でお出かけ前のケアを完結できるのがいいですね。しかも、メイク落としじゃなくていつもの洗顔フォームで落とせるので、とても使いやすいと思います」とコメントしていました。

~アイブロウ・リップ~
 顔の印象を左右するものとして、肌に加えて、眉・唇の2点も重要です。

 男性の場合、眉は形を変えるというのではなく、生まれ持った形を生かして隙間を埋めてあげるだけでも凛々しい印象になります。「ウーノ バランスクリエイター」は、初心者でも使いやすいペンシルタイプ。ペン先が涙型になっているので、全体を書くときはアーチ部分、眉頭など薄く描き足したいときにはシャープな部分を使うと、簡単に眉を整えることが出来ます。ブラシと一体型になっているので、濃く書きすぎた時はブラシでぼかして馴染ませると、よりナチュラルな印象になります。


 唇も保湿だけでなく、薄く色づくものを使うことで顔全体の血色感が増し、健康的な印象になります。赤いリップを塗るのは抵抗感がある男性の心理面に配慮した「ウーノ オールインワンリップクリエイター」は芯がグレーで、塗ると血色感のある自然な仕上がりに。これには渡邉さんも驚き、実際に使った感想も「しっかり塗っても色が不自然に付き過ぎたりしない。テクニックいらずだし、鏡を見ずに適当にささっと塗るだけで印象をがらりと変えてくれるので、優秀!」とお気に入りの様子。

 レクチャーに参加した方々からは、「男性の肌が女性より弱いという事実に驚いた。男性には男性のスキンケアが重要だということも知ることが出来て、大きな学びになった」「乾燥しやすいあご下までしっかりとカバーできるunoのシートマスクは嬉しい」「ベタつくのが嫌で乳液は夏場使えないと思っていたが、unoの乳液はサラッとしてベタつかない点が良かった」「メイクって意外と簡単なんだなと思った。特にBBクリームは、洗顔でも落とせると聞いて、ジムに行ったりクレンジングを用意したりするのが難しい日でも安心して使えるのが嬉しい。今後使ってみようと思う」などのご意見が寄せられました。


■美容系クリエイター 渡邉柊さん コメント



 スキンケアは男性の間でも徐々に浸透し始めていますが、メイクはどうしても女性がする印象があったり、使い方が分からない、うまく使えずメイクをしている感が強く出てしまう、などの悩みを抱えた方が多いのかなと思っています。
 僕自身もメイクする際はいかにナチュラルにするかを意識しています。そのために独自のルールを作っていて、肌は下地、ファンデーションかBBクリーム、フェイスパウダーの3点で厚塗り感が出ないように。加えて眉と唇に力を入れています。メイクが難しいな、と思っている人はこういったポイントを抑えつつ、unoさんの初心者でもナチュラルに仕上げやすい設計になっている、BBクリーム・アイブロウ・リップの3点を、導入として手に取ってみてほしいです。

■美容家 Shomaさん コメント



 美容は、1日2日やればよいものではなく、毎日の継続の積み重ねだと思います。なので、ぜひ楽しんで続けてみてほしいです。翌朝に感じる「何か調子良いかも!」などを楽しみながらやると毎日の習慣にしやすいので、顔を洗うとか歯を磨くのと同じルーティンの1つになると嬉しいです。
 また、美容では一番の先行投資は「紫外線対策」なので、日中出かけるときにはUVカット効果のあるSPFが表示されているものを使ってほしいので、unoのBBクリームはぴったりだと思います。ケアを続けていくことで、10年後・20年後もカッコよくいられるはずです。


■ファイントゥデイ資生堂 uno ブランドマネージャー 溝口 佳奈 コメント
 unoは、仕事やプライベートで目標に向かって過ごす皆さんを応援するブランドとして、スキンケア・メイクなどのメンズ美容を通じて、多くの方が自分らしく毎日を楽しめるよう、さまざまな取り組みを続けてまいりました。その中で、メンズスキンケアやメンズメイクは見た目が変わることだけではなく、気持ちが前向きになったり、悩みが解消されたり、自信を持てるようになったというお声をいただくことが多くあります。一方で、「何から始めたら良いのかわからない」「正しい使い方は?」などのお声も沢山いただきます。そういった背景から今回、「はじめてのスキンケア&メーキャップ講座」を実施することにいたしました。今回、スキンケアやメイクを試してくださった方からは、「楽しかった」「今まで何から始めたら良いか分からなかったけど1歩踏み出すことができた」「印象が良くなって嬉しい」「これからもセミナーをやってほしい」などのお声をいただき、嬉しく思っております。これからも、unoとしてメンズスキンケアやメンズメイクをより多くの方に楽しんでいただけるような活動を継続していきたいと考えております。


■使用アイテム
商 品 名:ウーノ スキンバリアローション(医薬部外品)
     男性の肌研究をもとにつくられた、新成分「テトラバリア成分」配合の化粧水。
希望小売価格:オープン価格
商品ページ:https://brand.finetoday.com/jp/uno/products/skin_barrier_lotion/

商 品 名:ウーノ スキンバリアエマルジョン(医薬部外品)
     男性の肌研究をもとにつくられた、新成分「テトラバリア成分」配合の乳液。
希望小売価格:オープン価格
商品ページ:https://brand.finetoday.com/jp/uno/products/skin_barrier_emulsion/

商 品 名:ウーノ スキンモイスチャー3Dマスク
     うるおい不足で硬くゴワつきがちな男の肌を柔らかく、
     モチモチな肌に導く立体3D形状のシートマスク。
価  格:オープン価格
商品ページ:https://brand.finetoday.com/jp/uno/products/skin_moisture_3dmask/

商 品 名:ウーノ クリームパーフェクション a
     1品で肌のテカリもカサつきもWケアするオールインワンクリーム。
価  格:オープン価格
商品ページ:https://brand.finetoday.com/jp/uno/products/cream_perfection/

商 品 名:ウーノ UVパーフェクションジェル a(医薬部外品)
     1品で肌あれ・ニキビをWケアできる朝用オールインワンクリーム。
価  格:オープン価格
商品ページ:https://brand.finetoday.com/jp/uno/products/uv_perfection_gel/

商 品 名:ウーノ バイタルクリームパーフェクション a
     10年後に差をつけよう。1品でエイジングケア※3のできるオールインワンクリーム。
価  格:オープン価格
商品ページ:https://brand.finetoday.com/jp/uno/feature/cream_perfection/

商 品 名:ウーノ フェイスカラークリエイター(ナチュラル)
     男性特有の肌悩みを速攻カバー、男性用BBクリーム。
価  格:オープン価格
商品ページ:https://brand.finetoday.com/jp/uno/feature/face_color_creator/

商 品 名:ウーノ バランスクリエイター
     眉バランスを速攻補正。カンタン理想眉に。男性用アイブロウ。
価  格:オープン価格
商品ページ:https://brand.finetoday.com/jp/uno/products/balance_creator/

商 品 名:ウーノ オールインワンリップクリエイター
     速攻、これ1本で男の唇悩みをカバー。
     カサつき、縦ジワ、血色の悪さをカバーできる男性用リップクリーム。
価  格:オープン価格
商品ページ:https://brand.finetoday.com/jp/uno/products/all_in_one_lip_creator/

※1 緑茶エキス(整肌・保護)、チオタウリン・グリセリン(保湿)、タマリンドガム(うるおい保護)
※2 累計出荷数 2016年9月~2022年8月 ファイントゥデイ資生堂調べ
※3 エイジングケアとは年齢に応じたうるおいケアです。


Soft Drinkとは

 「Soft Drink」では、芸能活動・インフルエンサーとしての活動や、商品・ブランド開発などに興味がある美容感度の高い男性をKOL・インフルエンサーとしてマネジメントいたします。KOLを活用したクリエイティブの制作から、マーケティング施策のデータ分析まで幅広くカバーすることで、企業のニーズに合ったマーケティングを提供します。

▼Soft Drink公式ホームページ
https://soft-drink.jp/

▼Soft Drink Beauty Festival 2022【特別ムービー】
https://www.youtube.com/watch?v=5nFlnxjez5s


uno(ウーノ)とは

 1992年、世の若き男性へと向けて、イタリア語で1を表す“uno(ウーノ)”が誕生。かつての「何事でも常にトップであれというナンバー1志向」から、イマドキの「それぞれの暮らしの中で最も自分らしく輝くべきというオンリー1志向」まで、常に世の中の流れに寄り添いながら若者たちと共に成長を続け、2022年で30周年を迎えました。
 ブランドミッションは「グルーミングを通じて、まだ気づいていない新たな魅力を引き出す。自分探しに格闘する若者を大人に一歩引き上げ、自己実現のサポートをする」。そんな自分の進むべき方向性を指し示してくれる案内人、それが“uno”です。

▼uno(ウーノ)ブランドサイト:
https://brand.finetoday.com/jp/uno/

▼uno(ウーノ)公式Twitter:
https://twitter.com/uno_official

▼uno(ウーノ)公式Instagram:
https://www.instagram.com/uno_mens_official/

▼ファイントゥデイ資生堂 企業情報:
https://www.finetoday.com/jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)