医療・医薬・福祉 その他

iSurgery社、愛知県蒲郡市とAI×骨粗しょう症の実証実験を開始

iSurgery株式会社
胸部X線写真から骨密度を推測するAIを肺がん検診に連携させ、骨粗しょう症患者の早期発見に活用する

骨粗しょう症検査用AI医療機器を開発する医療AIベンチャー・iSurgery株式会社(本社:東京都中央区、代表:佐藤 洋一)は、2022年11月より愛知県蒲郡市にて、蒲郡市(市長:鈴木 寿明)および蒲郡市医師会(会長:近藤 耕次)の協力のもと、自治体が実施する肺がん検診に胸部X線写真から骨密度を推測するAIを連携させ、潜在的な骨粗しょう症患者の効率的な発見を目指す実証実験を開始します。





現状の課題と解決策

 高齢化が進む日本では、加齢に伴う骨粗しょう症患者が1300万人に上る一方で、骨粗しょう症検診受診率は約5%に留まります。その結果、骨粗しょう症患者のうち約80-90%は治療介入ができていません。骨粗しょう症が未治療のまま放置されることで骨折、要介護状態に繋がり、これらによる医療・介護総費用は約1兆円に上ります。骨粗しょう症検診を実施するにあたり、特殊な検査機器を用いるため多くの被検者を対象にできないこと、被検者側の受診の動機づけが難しいことが課題です。これに対し我々は、深層学習による画像解析技術を応用し、一般的かつ撮影頻度が高い検査である胸部X線写真から骨密度を推測するAI医療機器を開発しています。他の目的で撮影された画像を二次利用して骨粗しょう症検査を実施することが可能であり、被検者は追加の検査時間・労力・被爆なしに検査受診が可能となります。適切な検査実施および治療介入は、骨折・要介護の回避および医療費削減に貢献する可能性があります。
 上記のAIの社会実装の方法の一つに肺がん検診との連携があります。肺がん検診は40歳以上の男女を対象とした検診であり、受診率が高く、胸部X線写真を撮影します。我々は、肺がん検診の際に撮影された胸部X線写真で骨粗しょう症の評価を同時に行うことで、効率的な骨粗しょう症患者の発見を目指しています。今回、その有用性の評価を行うために、蒲郡市および蒲郡市医師会との実証実験を開始します。


実証実験 概要

【目的】肺がん検診の際に撮影された胸部X線写真から骨粗しょう症の評価を行うことの有用性の評価、開発中のAIの外部検証
【期間】2022年11月1日~2024年2月28日
【実施場所】蒲郡市内の肺がん検診実施の医療機関、蒲郡市健診センター(蒲郡市、蒲郡市医師会の協力)
【実施の流れ】


※AIの解析結果を参考にして、医師が骨粗しょう症リスクの評価を行い、精密検査の必要性を判断します


実証実験の先に見据えるもの

 少子高齢化が進む日本において、現状の高い水準を保ちつつ社会保障を継続させるために、限りある資源、人材、資金を効率的に活用する必要があります。加齢に伴う骨粗しょう症患者は今後も増加することが予想される中、IoTやAIを活用した効率的な骨粗しょう症スクリーニングの試みを我々は提案します。
 本実証実験と同様の取り組みを全国へ広げていくことで、日本全体の社会課題の解決に貢献したいと考えています。


実証実験のパートナー様募集

 iSurgery株式会社では潜在的な骨粗しょう症患者を効率的に発見し、健康社会の実現と医療費の削減を一緒に目指す自治体パートナー様を募集しております。
 この実証実験の枠組みを採用することにより、検診業務の効率化、検診受診率向上、被保険者の骨折数の減少、医療費・介護費の削減に貢献できる可能性があります。

ご質問、ご意見または特別なご要望がございましたら、ぜひお気軽にお問い合せください。
▼お問い合わせ先
https://www.isurgery.tech/


iSurgery株式会社について

「骨粗しょう症患者への確実な治療介入、治療継続を通して骨折や要介護状態を減らし、健康寿命を伸ばす。」をビジョンに掲げ、効率的かつ効果的に骨粗しょう症のスクリーニングを行うために、胸部単純X線写真から骨密度を推測するAI医療機器を開発しています。

【会社概要】
社名:iSurgery株式会社
本社所在地:東京都中央区日本橋堀留町1-9-10日本橋ライフサイエンスビルディング7
名古屋オフィス:愛知県名古屋市中村区平池町4-60-12 11F
代表取締役:佐藤洋一(整形外科・リハビリテーション科専門医)
事業内容: 整形外科医を中心とした臨床家の提供する医療AI開発事業。骨折・骨粗しょう症をメインターゲットとした整形外科分野における画像認識AIの研究開発および社会実装を行う。
設立: 2020年5月
HP:https://www.isurgery.tech/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)