その他 美容・健康

【埼玉県内初】越谷市「脳にいいアプリ×健康ポイント」導入

ベスプラ
ヘルステックベンチャーの技術で、越谷市「こしがや元気’’光齢者 ’’プロジェクト」を支援

株式会社ベスプラ(社長:遠山 陽介、以下:ベスプラ)は、埼玉県越谷市(市長:福田 晃、以下:越谷市)と協定を締結し、ベスプラの脳と体の健康アプリ「脳にいいアプリ」を活用した自治体向け健康ポイント連携サービスを越谷市内での実証実験を2022年度より開始いたします。ベスプラの本サービス導入は【埼玉県内初】となります。



■背景
 ベスプラは、中高齢者に特化したヘルスケアアプリ「脳にいいアプリ」を開発し、同アプリを活用した健康ポイントサービスを展開しており、健康アプリによる高齢者の健康維持および健康ポイントを活用した地域活性化をサポートしております。現在、東京都八王子市や渋谷区などに導入されております。
 越谷市は、「こしがや元気‘光齢者’プロジェクト」を立ち上げ、高齢者のスポーツ・文化活動、居場所、働く場、健康づくりを推進しており、その一環としてベスプラの「脳にいいアプリ×健康ポイント」サービスの導入に至りました。


■ベスプラの役割
 越谷市に対して、脳にいいアプリを活用した自治体向け健康ポイント連携サービスの一式を提供し、サービス導入や利用、データ分析などをサポートいたします。

■取り組み内容
 越谷市民へ脳にいいアプリの利用を促し、同アプリでの健康活動や越谷市のイベントに参加する事で健康ポイントを付与します。健康ポイントは越谷市内の店舗で利用でき、越谷市の健康促進と消費活動の活性化を目指します。「健康維持」「健康ポイント」「コミュニケーション」をテーマに、ベスプラは越谷市と協力し、「こしがや元気‘光齢者’プロジェクト」の健康づくりを支援いたします。


■今後の連携方針
 2023年度の本格導入に向けて、2022年度はモニター市民数十名に先行実施を行い、課題や改善点を抽出し段階的に対応して参ります。越谷市の魅力ある環境や資源を活用しながら、様々なサービスとも連携を模索し、越谷市民の健康や活性に繋がる取り組みにするべく越谷市と協力して参ります。

図1.脳にいいアプリ


図2.脳にいいアプリ×健康ポイントサービスのイメージ図

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)