医療・医薬・福祉 スポーツ・アウトドア

看護・スポーツ・リハビリ・東洋医療の力で、国立競技場開催の“新宿の日”を首都医校が全力サポート!

学校法人 日本教育財団
来場者にむけ身体のゆがみチェックや手技療法を行いました

新宿駅前にある医療・福祉・リハビリ業界の各分野で活躍する医療人を育成する専門学校 首都医校では、10月9日(日) 国立競技場で行われたJFLクリアソン新宿vs 鈴鹿ポイントゲッターズ(通称“新宿の日”)に、スポーツトレーナーを育成するアスレティックトレーナー学科による身体のゆがみチェックや手技療法体験など、さまざまな催し物を用意し、医療の力で“新宿の日”を全力で盛り上げました。



場外に設置した首都医校のブースでは、高度作業療法学科・作業療法学科による「選手のサイン入り革でキーホルダーづくり・作業療法体験」。看護分野の学科は「脈拍(心拍)」や「血圧」を測るバイタルチェック、アスレティックトレーナー学科はゆがみのチェック、柔道整復学科は手技療法、鍼灸学科は置き鍼治療など、「応援前や応援後の疲労回復~身体のゆがみチェック・手技療法体験」では各分野の特色を活かした健康チェックを行いました。子どもからお年寄りの方まで多くの方に参加いただきました。参加者からは、「身体が軽くなった」「その職業について身近に感じることができた」など、満足してもらいました。学生も、「さまざまな年齢の方と接したことで、今後の実習に役立てたい」と学生にも実りあるイベントになりました。






クリアソン新宿と首都医校の繋がり



首都医校にはスポーツトレーナーを育成するアスレティックトレーナー学科や柔道整復学科があり、スポーツ業界で活躍する人材を輩出しています。そのため校舎の中に、最新鋭のトレーニングマシーンやフリーウエイトなど、本格的なフィットネス機器がそろうトレーニングルームを完備。現在クリアソン新宿の選手が首都医校に来校し、実際にトレーニングしています。今後、スポーツの発展のためクリアソン新宿とさまざまな取組みを行っていきます。


10月9日(日) “新宿の日”とは

新宿区にホームタウンを構えるクリアソン新宿が、国立競技場で試合を開催するのは、今回が初。そこで新宿にゆかりのある学校や企業(全40以上)がブース等出店をし、新宿に住む人・働く人、そして新宿を愛するすべての方々と一緒に、新宿という街を盛り上げるきっかけをつくることを目的としています。


首都医校

首都医校は、医療・看護・歯科・スポーツ・福祉分野まで医療資格が取得できる専門学校です。本学は臨床・看護・歯科医療・リハビリテーション・東洋医療・スポーツ・福祉の7学部を統合的に網羅し、隣接領域も複合的に学ぶことができる、新時代にふさわしい画期的な教育構想のもとに設立されたコ・メディカルの総合校です。多彩な学科がある環境で、チーム医療に対応するエキスパートを育成します。また希望者就職率100%を実現しています。https://www.iko.ac.jp/tokyo


体験入学に参加して、自分の目で確かめてみよう

首都医校では、毎月体験入学を開催しています。
また見学・相談は毎日(10:00~20:00※日曜・祝日を除く)、オンラインでも対応しています。
詳しくはWEBまたは入学相談室に問合せください。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)