デジタル製品・家電 流通

【初めてでも迷わない電気シェーバーの選び方】メンズの肌を労りながらしっかり深剃り

Areti株式会社
毎日の髭剃りは直接肌に刃が触れない電気タイプのメンズシェーバーがおすすめ。実は男性にも多い敏感肌に対応する、肌への負担を抑えたモデルをご紹介。

美容家電メーカーAreti.(本社:東京都中央区 以下アレティ)はオフィシャルサイトにて、男性の濃いヒゲも、クセの強いヒゲも優しく剃る回転式電動シェーバー(fc5203-1A)の期間限定セールを10月14日より開催します。






シェーバー選びの基準は“肌質”や“ヒゲの濃さ”




剃り残しが出る、剃った後に肌がヒリヒリする、朝剃っても夕方にはまた生えてくる。
日常的なケアが必要なヒゲにまつわる悩みはシェーバーとの相性の悪さが原因かもしれません。
自身に合ったシェーバーを選ぶため、まずは駆動方式の違いをおさらいしておきしましょう。

往復式
外刃が捉えたヒゲを左右に動く内刃でシェービング
ヒゲが濃い、深剃りしたい方向き

ロータリー式
回転する筒状の内刃でヒゲを巻き込みながらシェービング
カミソリのような切れ味を求める方向き

回転式
円形の外刃がヒゲを取り込み、回転する内刃でシェービング
肌に押し当てることなく優しく剃るため、敏感肌向き

深剃りできるパワフルなシェーバーほど騒音値は高くなるため、静音性も重視するなら回転式。短時間でシェービングを終えたい方は刃の枚数が多い往復式を選ぶと失敗が少ないです。


使用シーンに合わせて電源方式もチェック!



電気シェーバーには3つの電源方式があり、1日2回はヒゲを剃る、お風呂で剃りたいなど、メインで使うシーンに合わせて選ぶことで面倒なシェービングタイムが快適になります。

充電交流式
充電しながら剃ることができ、充電切れの心配がない
直接電源を取るため常にフルパワーで使える

充電式
お風呂剃り、ウェット剃りに対応したものが多く、敏感肌でも安心
丸洗い可能なモデルも多数

乾電池式
パワーは劣るがコンパクトなものが多く、出張や旅行に最適
充電器やケーブルは不要

ドライシェービングのみであれば充電交流式、シェービング剤を使用するなら充電式を選ぶ方が多いですが、充電式がすべて防水仕様とは限らないため、購入時は電源方式の他、防水仕様か否かも必ずご確認ください。


初めてでも安心! 肌当たりが優しくお手入れ簡単




アレティのおすすめは深剃りできる極薄メッシュ刃を採用した、肌に優しい回転式ポータブル電気シェーバー(fc5203-1A)。
1時間のフル充電で約120分間使用でき、充電残量はデジタルインジケーターに表示するため視認性は良好。
防水仕様でウェットシェービングや丸ごと水洗いも可能。不衛生な刃は毛穴に雑菌が入る原因となるため、お手入れが面倒という方にとってIPX7(一時的に水没しても機器に悪影響がでない)は欠かせません。

そして、電気シェーバーの場合は替刃のコストも無視できません。アレティは別売りの替刃を考慮してもコスパは抜群! 長く愛用いただけます。



回転式 ポータブル 電気シェーバー( fc5203-1A)
・剃り残しをなくす極薄メッシュ刃
・IPX7の完全防水
・1日1回3分なら約40日間連続使用
・65dBの低騒音
・トリマー付き
・ロック機能付き

メンズの肌もトラブルを起こしやすい季節の変わり目。ヒゲを剃った後はヒリヒリしやすいという方はウェットシェービング一択です! ぜひアレティの電気シェーバー(fc5203-1A)をお試しください。

【期間限定セールを開催中】
通常販売価格¥3,480が期間限定¥2,980に!
セール期間:10月14日(金)~10月17日(月)
詳細はこちらからご確認ください。
https://areti.jp/products/fc5203-1a?prtimes



ヘアアイロンやドライヤーをはじめ、美顔器やスキン&ヘアケアコスメを展開する東京・日本橋発の美容家電メーカー。 様々なスタイリングを楽しめるだけではなく、顔まわりの髪がうねる、年齢とともにボリュームがなくなったなど、ユーザーの悩みに応えるため、ヘアアイロンは特にバリエーションが豊富。 自社ブランドには、品質・保証にもこだわったAreti.(アレティ)、“使いやすい”をリーズナブルにお届けするClarity(R)(クラリティ)、Amazon限定家電の(Exelentialエクセレンシャル)、Amazon限定コスメのEssenshil(エッセンシル)がある。

公式SNS
You tube https://www.youtube.com/channel/UCfecvOPTtn4DdXr8hUdDaAQ
Instagram https://www.instagram.com/areti_jp/
Twitter https://twitter.com/Aretijp
Facebook https://www.facebook.com/Areti.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)