ネットサービス・アプリ 美容・健康

リモートワークによる運動不足がデータで判明

株式会社CUVEYES
ウォーキングアプリ「SPOBY」で課題解決を図る企業の取り組み

新型コロナウイルスの影響により発令された行政の外出自粛要請は、「密閉」「密集」「密接」の3条件を避けるのが狙いです。それに伴い、各地でリモートワークが推進されています。日頃のオフィスワークでも運動不足を感じているにも関わらず、リモート在宅勤務になるとさらに運動不足は顕著となっています。ウイルス予防には「手洗い」、「十分な睡眠」、「腸内環境を整える食事」と同時に、「適度な運動」が免疫力を高め、ウイルス感染から身を守ることができるとされています。 歩数を計測することができるウォーキングアプリ「SPOBY」はこのたび、某メーカーの1日の平均歩数の低下を確認し、公表いたしました。リモートワーク開始日より顕著な歩数の低下が確認されております。1月からに比べると3月では1日平均1,211歩の低下となっており、これが習慣化されると医療費の増大も予想されます。



企業による運動習慣の改善の取り組み

このたび、シュア・ジャパン株式会社人事部(東京都港区虎ノ門4-3-1)がリモートワーク推進により懸念される従業員の運動不足を解消する1つの手段として、達成徒歩数に対してご褒美が貰えるヘルスケアアプリ「SPOBY」をご活用いただきましたので、その取り組みを紹介いたします。
外出の自粛やテレワークなどにより、運動量が減っています。これに伴う被害は健康面だけでなく、精神的なストレスへと結びつき、メンタルが崩壊すると職場復帰も不可能になるというリスクが生じます。
運動には心身に及ぼす影響は多種多様、メンタル面での気分転換やストレス発散等のリラックス効果、脳や免疫機能の活性化、体脂肪低下や代謝の向上等のメタボ予防効果等の健康増進効果が存在します。ウイルス予防には体温を上げる運動「ウォーキングや筋トレ等」が有効とされています。

シュア・ジャパン株式会社人事部はこういった状況を鑑み、従業員に対して「密閉」「密集」「密接」の3条件を避けることを前提としたうえで、適度な「運動」を推奨しています。
ウォーキングアプリ「SPOBY」を活用し可視化される運動量データを確認したうえで、達成徒歩数に対してのご褒美として健康食品をはじめとする健康活動を支援する物資を提供することで、従業員の運動意欲を刺激させ、低下傾向に歯止めをかけることを目指しております。



SPOBY(スポビー)とは


2018年にリリースしたウォーキングアプリ『SPOBY』は、ユーザーがスマホを持って歩くと獲得できる「ジュエル」と交換でスポンサー企業から報酬(リワード)が受けとれ、運動をゲーム感覚で楽しめるサービスです。好評を得て、すでに10万ダウンロードを突破した『SPOBY』は、シンプルなユーザーメリットにより運動意欲を持続させ、半年間で1日あたり1,000歩の運動量の底上げを実現しました。
※国土交通省による「まちづくりにおける健康増進効果を把握するための歩行量(歩数)調査のガイドラインの概要」によると1日1,500歩の運動量底上げで年間35,000円の医療費削減効果があると言われております。


法人、自治体向けサービス「SPOBYプラス」で従業員(市民)の運動習慣底上げを


2019年7月より法人企業の健康経営や自治体の住民の健康増進を目的としたサービス『スポビープラス』が稼働し、大手メーカーや大規模自治体などでの採用が進んでおります。
従業員の運動傾向を可視化させ、課題を明確化させることにより、健康経営の方針を策定させることに活用されています。


【製品概要】

製品名:SPOBYプラス (スポビープラス)
対応機種:iOS/Android
価格:月額500円/アカウント(要問い合わせ)
サービスURL:https://spoby.jp

【株式会社CUVEYES について】
CUVEYES(キューヴアイズ)は、ヘルスケア×エンタテインメントの力で、一次予防の活性化を目指す企業です。
代表者名:代表取締役 最高経営責任者 夏目 恭行 / 代表取締役 宮武 拓也
本社所在地:東京都中央区日本橋横山町6-14 日本橋DMビル5階
取引銀行:みずほ銀行、りそな銀行
事業内容 :ヘルスケア事業
URL:https://spoby.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会