ネットサービス・アプリ 美容・健康

10月12日は世界関節炎デー・関節リウマチ患者さんの「治療・食事」に関するお困りごとが浮き彫りに

おいしい健康
~AIによる献立・栄養管理アプリおいしい健康「関節リウマチへの対応」年内リリース~

AIによる献立・栄養管理アプリ『おいしい健康』を運営する株式会社おいしい健康(代表取締役CEO:野尻哲也、以下、当社)では、10月12日の「世界関節炎デー」に合わせ、当社アプリ利用者のうち「関節リウマチ(以下、リウマチ)治療中」と回答された患者さんご本人及びご家族の方を対象に、アンケート※1を実施いたしました(アンケート有効回答総数 824名)。


■アンケート回答者のうち、約16%の方が関節リウマチ治療中(ご本人およびご家族など身近な方)と回答
当社アプリは現在、生活習慣病や循環器疾患、消化器疾患等をはじめとする64種類の疾患テーマの食事に対応しておりますが、リウマチ治療中の患者さんに特化した食事・メニューは掲載しておりませんでした。しかし今回、当社アプリ利用者の方に「ご自身やご家族など身近な方に、リウマチ治療中の方はいらっしゃいますか?」と質問したところ、約4%の方が「自分自身が治療中」、約12%の方が「ご家族など身近な方が治療中」と回答されました。




リウマチの罹患率は人口の0.6~1.0%、日本国内の患者数は60~100万人と推定されておりますが※2、当社アプリ利用者では、推定罹患率よりも多くの方がリウマチの治療中であることが伺われました。
リウマチ治療中の患者さんおよびご家族など身近な方において「毎日の食事や調理」に関する情報収集手段の一つとして当社アプリをご利用頂いていることが推察されます。

~治療等について~
リウマチ治療中の患者さんのうち「関節破壊について」お伺いしたところ、約72%の方が「よく知っている・ある程度知っている」と回答

「リウマチは発症後早期から急速に関節破壊が起こることが知られていますが、関節破壊についてご存知ですか」という設問に対して、約72%の方が「よく知っている・ある程度知っている」と回答されている一方で、約9%の方は「聞いたことはない」という回答でした。



■リウマチ治療中の患者さんのうち半数以上が「自分にとって今の治療法や薬があっているかわからない」と回答
「自分にとって今の治療法や薬があっているのかわからない」という設問に対して、約57%の方が「とてもそう思う・ややそう思う」と回答されており、リウマチ治療においての患者さんのお困りごとの一つとして、今の治療法や薬があっているか分からないという声が見られました。




~食事・調理について~
■食事・調理に関する知りたいことの1位は「栄養バランスの良い食事」、次いで「関節負担の少ない・手順の少ない調理法」。
リウマチ治療中と回答された方に、「食事や調理に関して知りたいこと(複数回答可)」を伺ったところ、ご本人86%・ご家族など身近な方32%の方が「栄養バランスの良い食事・レシピ」について知りたい、次いで約ご本人71%・ご家族など身近な方26%の方が「材料や調理手順が少ない簡単な食事・レシピ」について知りたいと回答されました。また「手のこわばりや関節への負担のない料理・レシピ」や「家族や子供のために作る食事・レシピ」への関心の高さも伺われました。


以上の結果から、
当社アプリでは、リウマチの方に向けた情報発信や、栄養バランスはもちろん、関節負担の少ない手順や調理法に着目したレシピコンテンツの提供を、本年内を目標に実施することに致します。

※1<調査概要>
調査名:おいしい健康「関節リウマチに関するイメージ」について、またリウマチ治療中の方(ご本人及びご家族など身近な方)を対象とした「リウマチ治療」に関するアンケート」
調査対象期間:2022年8月3日~2022年8月31日
調査対象:『おいしい健康』に登録している方
サンプル数:824名
調査方法:インターネット調査
備考:記事・グラフ・データ引用の際は、必ず【おいしい健康 調べ】とご明記ください。
※2 Yamanaka, et al. Modern Rheumatol 2014: 24(1): 33-40.

■『おいしい健康』について
AIによる献立・栄養管理支援アプリ『おいしい健康』は、健康な方やダイエット、生活習慣病予備群といった「予防・自己実現のための食事」から、患者や妊婦・高齢者など「医療上の制限がある方の食事」まで、エビデンスに基づく食事管理を、毎日の家庭でおいしく手軽に実践できるよう、サポートいたします。『おいしい健康』では、難しい食事管理をどなたでも簡単に行えるように、一般的なレシピアプリのような使い勝手で実現。個々のユーザーに適した栄養バランスに加え、冷蔵庫の食材や好きな食べもの、料理の腕前や調理時間に合わせた献立を提案する「究極の食のパーソナライズ」を実現し、予防や疾患治療の支援、ひいては「食とデータによる医療費抑制とQOL向上の両立」という社会課題解決を目指します。

アプリ名:『おいしい健康』
対応端末:iPhone(iOS) / Android
アプリ紹介ページ:https://oishi-kenko.com/service_description
ダウンロード:
App Store https://oishi-kenko.com/katgut/ios_app_store
Google Play Store https://oishi-kenko.com/katgut/android-kenko_google-play
WEB:https://oishi-kenko.com/

■株式会社おいしい健康 会社概要
株式会社おいしい健康は、AI やビッグデータ、最新の栄養科学によって「食事で病気の無い世をつくりだす」データニュートリション・カンパニーです。AI による献立・栄養管理支援アプリ『おいしい健康』と、時間栄養学に基づく食事タイミング支援アプリ『食べリズム』の提供を主として、食のパーソナライズとバイアフリーを実現。医療機関や薬局、製薬会社と連携した患者支援、食品企業の健康領域事業を立ち上げ・支援するDXヘルスケアマーケティング事業など、人々の健康に資する多様な事業を通じて、世界80億人が「いつまでもおいしく、食べられる」社会の実現を目指します。

社名:株式会社おいしい健康
代表取締役CEO:野尻哲也
設立:2016年7月
所在地:東京都中央区日本橋小舟町3−2リブラビル3階
事業内容:パーソナル・ウェルネス事業、DXヘルスケアマーケティング事業
コーポレートサイト:https://corp.oishi-kenko.com
『おいしい健康』サイト:https://oishi-kenko.com/

■本リリースに関するお問い合わせ
株式会社おいしい健康 広報担当
E-mail: press@oishi-kenko.com
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)