アパレル・ファッション 美容・健康

“CLOUDY × MR.BROTHERS CUT CLUB” BARBER ACADEMY PROJECT in GHANA始動のお知らせ

NPO CLOUDY
ガーナでのバーバー育成を通し若者への雇用支援を、そしてその先に海外で活躍するバーバーを輩出する未来を創造するプロジェクト



認定特定非営利活動法人CLOUDY (代表理事 銅冶勇人、以下「NPO CLOUDY」)と株式会社ファイヤーワークス(代表取締役社長 小松大輔)は、本日、“CLOUDY × MR.BROTHERS CUT CLUB”BARBER ACADEMY PROJECT in GHANAの始動をお知らせします。



プロジェクトについて

人口3,000万人を有するガーナでは、その人口の8割がインフォーマルセクター(謂わゆる日雇い労働者)に属し、特に若年層の失業率の高さが近年問題となっています。
2010年よりアフリカのガーナにて雇用機会の創出に取り組んでいるNPO CLOUDYは、株式会社ファイヤーワークスが運営するMR.BROTHERS CUT CLUBとパートナーシップを組み、ガーナ現地にバーバー育成を通した教育機会と雇用を創出するため “CLOUDY × MR.BROTHERS CUT CLUB” BARBER ACADEMYをガーナ首都アクラに2023年開校する運びとなりました。


プロジェクト始動に至った背景

ガーナの人々は流行に左右されない独自のスタイルをとことん楽しみ、日々身嗜みに気を使いオシャレを楽しんでいます。2週間に1度は散髪に行き、こだわりのヘアスタイルを追求するなど、髪型に対するこだわりや思いがとても強いのですが、そんな“身嗜み”を提供するバーバーの存在と技術、職業としての地位が認めづらい現状があります。
その理由として、ガーナ現地ではバーバーになるための国家資格が特に設けられていないことが大きな原因だと考えられています。確立されたトレーニングの環境がなく、技術の習得や向上が難しい現状を、NPO CLOUDYとMR.BROTHERS CUT CLUBが手を組むことで、現地でのバーバー育成を行い、バーバーの技術、地位向上に努めていきます。




プロジェクトの詳細・現地パートナーについて

2023年にガーナ首都アクラにアカデミーを開校予定。現地に定期的に日本から講師を派遣し、独自のトレーニングプランを作成、講師による研修を実施することで、基礎的な技術からお客様へのケアまでMR.BROTHERS CUT CLUBの質の高い技術とホスピタリティまでをBARBER ACADEMYにて指導していきます。初年度は年間で60名の生徒を迎え入れ、1年間で合計2000時間のトレーニングを行います。授業は3学期制となり、各学期の終わりに試験を実施、試験に合格する度に証明書を発行、合計3回の試験+最終総合試験に合格したものに修了証書を授与し、その後の雇用機会の提供や開業支援を行います。またガーナでバーバーショップを経営、バーバー育成にも積極的に取り組むMr. Ron氏ともパートナー契約を結びました。トレーニングメニュー作成や実際の指導を通して日本・ガーナ双方の技術、ノウハウ提供を行うことでお互いの能力を高め合える関係を構築していきます。





プロジェクトへかける思い

ガーナにおいて、時の流れに消化される流行ではなく、普遍的な存在としてバーバーカルチャーを根付かせ、更なる発展に寄与すること。そして、将来的には、卒業生への開業支援、海外での活躍機会の提供など、ガーナ国内の若年層失業率の問題解決にも繋がる雇用創出へ繋がる未来を創造していくことを目指しています。人々に必要とされる技術や価値がしっかりと認められる社会にしていきたい、私たちの願いです。


プロジェクトロゴ

“CLOUDY × MR.BROTHERS CUT CLUB” BARBER ACADEMYのロゴが完成しました。ガーナの国旗カラーである赤は独立のための戦いで流れた血を、黄色は金鉱山に代表される豊かな地下資源を、緑色は豊かな森林と実りある農業を象徴しています。 黒い星は、アフリカ独立運動の父と 言われるガーナ初代大統領のエンクルマ、 及びアフリカの自由・統一を象徴しており、ガーナに対する思いをロゴに取り入れています。





POP UPイベント

プロジェクトの立ち上げに伴い、11月2日(水)~15日(火)に伊勢丹新宿店メンズ館にて、プロモーションイベントの開催が決定。ここでしか手に入らない限定アイテムはもちろん、現地ガーナのバーバーの様子をご覧いただける空間をご用意しております。




会期:11月2日(水)~15日(火)
場所:伊勢丹新宿店 メンズ館1階 プロモーションスペース


クラウドファンディング実施

2023年の開校を目指す私たちは“CLOUDY×MR.BROTHERSCUT CLUB”BARBER ACADEMY in GHANAと題し10月25日(予定)より目標額500万円を目指しCAMPFIREにてクラウドファンディングを開始し、設備費用や生徒の住環境整備など、開校に向けての必要な資金調達を行います。リターン品ではこのクラウドファンディングで手に入らない限定アイテムなどをご用意しております。皆様のお気持ちと共に、アフリカへアクションを届けてまいります。
クラウドファンディング実施期間:10月25日(火)~11月30日(水)(予定)
目標金額:500万円


団体 / ブランド概要

【認定特定非営利活動法人CLOUDY
2010年に設立された認定特定非営利活動法人。ケニアのスラムに住む子どもたちの支援から始まり、現在ではガーナに学校を建設し教育機会の創出を、工場を建設し雇用機会の創出を、給食提供や性教育を通した健康支援等の活動を実施。 教育・雇用・健康を軸に同じ雲のしたで生きている誰かの曇りの日を思ってアクションしている。
設立: 2010年12月
代表: 代表理事 銅冶勇人
所在地: 東京都東京都渋谷区恵比寿1-16-26 協和ビル2F
HP : https://cloudynpo.org/
Instagram : https://www.instagram.com/npo_cloudy/
Twitter : https://twitter.com/npo_cloudy

MR.BROTHERS CUT CLUB
2015年、東京・原宿にてMR.BROTHERS CUT CLUBをスタート。東京3店舗、大阪2店舗、今年3月に初の海外店舗となるLos Angels店を出店。現在は7店舗目となる福岡店を年内にオープン予定。MR.BROTHERS CUT CLUBは、本来の“バーバーの在り方”を重要視。それは、かつての古き良きバーバーのように、男の身嗜みを整える場であり、様々なライフスタイルを持つ男たちが集い、コミュニケーションが生まれる空間です。そして、クラシカルなバーバーカルチャーの伝統を受け継ぎながらも、独自のフィルターによって再構築したスタイルを確立し、国内のメンズカットにおける、昨今のバーバーのムーブメントを巻き起こしました。

株式会社ファイヤーワークス
2013年に創業。以来、VINTAGEショップ「Hedy(エディ)」、バーバーショップ「MR.BROTHERS CUT CLUB(ミスターブラザーズカットクラブ)」やアメリカを代表するラガービール「Pabst Blue Ribbon(パブストブルーリボン)」世界25カ国以上で流通している、アジアを代表するポマードブランド「BROSH」(ブロッシュ)等、様々な事業を展開しています。ビジネスのコンセプトは「カルチャーコネクティブ」。モノやサービスが持つ元来の価値をいまのシーンにあわせて提供することで、古き良きカルチャーと現代のカルチャーを繋ぎます。これからもクラフトマンシップへのリスペクトを忘れず、自らの眼と足で時代の流れを日々捉えることで、国内外のカルチャーを守り、育み、愉しむ会社であり続けます。
設立: 2013年1月 株式会社ファイヤーワークス
代表: 代表取締役社長 小松大輔
所在地:東京都渋谷区千駄ヶ谷4-7-1 HIビル4F
HP : https://www.fireworks-japan.jp/
Instagram : https://www.instagram.com/mr.brothers_cutclub/
Instagram : https://www.instagram.com/brosh.jp/


本件に関するお問合せ先

認定特定非営利活動法人CLOUDY 担当:鳥居
メールアドレス:info@cloudynpo.org

株式会社ファイヤーワークス 担当:小島
メールアドレス:kojima@fireorks-japan.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)