美容・健康 医療・医薬・福祉

HIROTSUバイオサイエンスと新生堂薬局が協業

株式会社HIROTSUバイオサイエンス
-調剤薬局・ドラッグストアで「N-NOSE」の販売を開始-

株式会社HIROTSUバイオサイエンス(代表者:広津崇亮、以下「HIROTSUバイオサイエンス」)は、株式会社新生堂薬局(代表者:水田怜、以下「新生堂薬局」)と代理店契約を締結し、線虫がん検査「N-NOSE(R)(エヌノーズ)」の販売を開始いたしました。


HIROTSUバイオサイエンスが開発・提供する「N-NOSE」は、嗅覚に優れた線虫という生物が人の尿中に含まれるがんの匂いを検知することを利用した、がんの一次スクリーニング検査です。高性能なセンサーである線虫の嗅覚は、従来の検査では見つけることが難しかったステージ0や1の早期がんにも高精度に反応するため、がんの早期発見・早期治療に繋げるために有用です。
このたび、「N-NOSE」販売第一号店となった「新生堂薬局地下鉄筑紫口改札前店」は、九州で最も利用客が多い博多駅構内に位置しており、駅ナカという利便性の高さに加えてデジタルサイネージに表示された商品をお客様がご自身で操作して購入するシステムや店舗営業時間外でも商品受け取りが可能なピックアップターミナルを設置するなど、最先端の機能も備えています。同店でのお取り扱い開始を契機に、当社は「N-NOSE」がさらに手に取りやすく身近ながん検査として多くの方の健康管理に役立てられるものとなるよう、販売チャネルの拡大を目指してまいります。





【参考】線虫がん検査N-NOSE(エヌノーズ)とは

嗅覚に非常に優れた線虫という生物が、人の尿中に含まれるがん特有の匂いを高精度に検知することを利用した検査です。以下6つの特長を有しています。
1.簡便:健康診断と同じく、わずかな尿で検査可能
2.安価:線虫の飼育コストが安いため、検査料金を安価に提供可能
3.高精度:感度は86.3%(※1)
4.早期発見:早期がん(ステージ0、1)にも反応
5.非侵襲:尿で検査できるので、痛みなどの苦痛を伴わない
6.全身網羅的:一度の検査で全身(※2)のがんリスクを調べることが可能
※1 日本がん予防学会(2019年6月)、日本人間ドック学会(2019年7月)、日本がん検診・診断学会(2019年8月)発表データより
※2 線虫が反応することが分かっているがん種:胃、大腸、肺、乳、膵臓、肝臓、前立腺、子宮、食道、胆嚢、胆管、腎、膀胱、卵巣、口腔・咽頭(15種類)

【新生堂薬局について】

会社名  株式会社新生堂薬局
所在地  福岡県福岡市南区中尾3丁目12番17号
代表者名  代表取締役 水田 怜
設立年月  1978年11月
主な事業内容  ドラッグストア事業・調剤薬局事業
コーポレートサイト  https://sinseido-co.jp/

【HIROTSUバイオサイエンスについて】

会社名  株式会社HIROTSUバイオサイエンス
所在地  東京都千代田区紀尾井町4-1 ニューオータニガーデンコート
代表者名  代表取締役 広津 崇亮
設立年月  2016年8月
主な事業内容  線虫および線虫嗅覚センサーを利用したがん検査の研究・開発・販売
コーポレートサイト  https://hbio.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)