食品・飲料 美容・健康

食欲の秋必見!発酵食品「三五八漬けの素 『358(サゴハチ)』」を1週間使い続けたカラダの変化とは??

一般社団法人東の食の会
50名のモニター調査にご協力頂いた皆様のアンケート結果です。

一般社団法人東の食の会 (東京都品川区)が推進する「358プロジェクト」を通じて誕生した福島の伝統発酵食「三五八漬けの素 『358(サゴハチ)』」。同商品を実際にお試しいただき、アンケート回答にご協力いただけるモニターを7月11日よりインスタグラムアカウントにて募集致しました。 <発酵食品358 1週間お試し調査レポート> ■コロナをきっかけに発酵食品への関心が高まったという回答が56% ■発酵食品358で期待していた効果は 免疫力UP、便通改善、美肌効果の期待が大きい ■1週間使用後、今後も使い続けたいという回答者は64%、味の満足度は98% ■身体の変化があった方々のコメント ■使用してみた感想







コロナをきっかけに発酵食品への関心が高まったという回答が56%




コロナ以降、発酵食品に対する関心の変化はありましたか?という質問に対し、「関心が高まった」という回答が56%という結果となりました。

発酵食品358で期待していた効果1位は 「免疫力UP」



複数回答での聞き取り調査にて、「モニター参加の動機、発酵食品を摂取することで期待していた変化を教えてください。」という質問では、最も高い期待は「免疫力UP」、その次に「便通改善」、「美肌効果」の期待が大きいことが分かりました。
コロナ禍において、免疫力UPを意識されている方が多いと予測できます。


1週間使用後、今後も使い続けたいという回答者は64%、味の満足度は98%

1週間使用のモニター期間を経て、今後も使い続けたいという回答者は半数以上にのぼりました。
味の満足度については「とても満足」が80%、「満足」が18%の98%の方にご満足いただく結果となりました。


身体の変化があった方々のコメント

・便秘が解消されました。お化粧ののりが良くなったような感じです。
・現在妊娠中なのですが、便秘だったのが毎日快便になりました。
・腸内環境が良くなったように感じます。これからも使い続けてみようと思いました。
・食べた翌日は便通がよくなった!
・疲れが取れた気がします
・野菜を摂取する量が増え、肌つやがよくなった。
・朝のお通じ後、全て出し切ったようなスッキリ感がすごい。

358を使用してみた感想






・簡単に出来て、美味しい!野菜があんまり好きじゃない子供も美味しくたべてくれるので嬉しい!
・しっかりとしたバランスの取れた味つけとなるし、鶏むね肉ハムは柔らかくしっとりに出来上がる。 味噌汁に入れると普段の味噌汁よりまろやかになる。
・初めて生糀漬の素を使いました。ただ、野菜や肉に入れるだけで調味料入らずこんなにも便利だと思わなかったです。こんなに美味しくて簡単ならもっと早くから使えばよかったと思いました。
・塩麹、醤油麹、玉ねぎ麹、甘麹など家で作って調味料として日々使っているのですが、塩麹より味わい深くまろやかに感じました。
・麹は使いこなせないイメージがありましたが、どのような料理や食材にも合い、大変美味しかったです。 子供達の食いつきも全く違いました。添加物では無いそのままの旨味の味付けで、罪悪感なく食べさせられました。
働く母には、お肉や魚、野菜をつけるだけで簡単で美味しく体にもよいなんてありがたいです。
・可能性が無限にある調味料だなと思っています。 糠漬けのようにも使えるし調味料にも使えて、最後まで余す事なく使えるのが、とてもSDGSにもなるなと思いました!
・食べた翌日の便通がとても良かったのと子供は358でつけた野菜は食べてくれるので良かったです!

<調査概要>
■調査対象:2022年7月に、50名のモニターを募集。
      20代~60代のモニターご協力者が集まりました。
対象者内訳:性別▶女性92% 男性8%
年齢▶30代40%/40代32%/20代14%/50代8%/60代6% 


358プロジェクトとは?




福島の伝統発酵食である「三五八漬けの素」は、手作りで製造数も少なく、多くは地元の道の駅等でしか流通しておらず、県外で取り扱う事業者が少ないのが現状です。この「三五八漬けの素」を広めるため、福島の三五八メーカーと東の食の会が手を組んで統一のロゴを使用し『358ブランド』として展開するプロジェクトを行っています。現在、御稲プライマル株式会社、有限会社糀和田屋の2事業社が358商品を取り扱っており、販売店舗も少しずつ拡大中です。

358プロジェクトInstagramアカウント:https://www.instagram.com/sagohachijapanesepickle/
358プロジェクトWebサイト     :https://358east.com/


一般社団法人東の食の会とは?



「東の食に、日本の力を。東の食を、日本の力に。」をモットーに、東日本大震災によって被害を受けた東日本の食産業の長期的支援を目的として2011 年に創設された一般社団法人です。東北の食の販路開拓や、商品プロデュース、人材育成を行い、当初の5年間で約 150 億円の流通総額を創出することに成功。これまで累計 600万缶、20億円以上を売り上げている岩手発のサバの缶詰「サヴァ缶」や、スーパー海藻「アカモク」、福島の寄付つきドライフルーツ「りんごポリフェノールのチカラ」、福島の伝統的漬け床三五八(さごはち)」をリブランディングした「358 (サゴハチ)」といった商品開発のプロデュースを行い、東北の食からヒット商品を生み出している。

名称:一般社団法人 東の食の会
住所:東京都品川区大崎1-11-2ゲートシティ大崎イーストタワー5階
電話:03-6867-1128
FAX:03-5539-4982
H P:https://www.higashi-no-shoku-no-kai.jp/
facebook:https://www.facebook.com/higashinoshoku
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)