医療・医薬・福祉

【美脚のための習慣に関する調査】モデルの9割が子どものころからフットケアを行うべきと回答

在宅医療マッサージ株式会社
意識的にケアした方が良い足の症状TOP3は『外反母趾』『かかと等ヒビ割れ』『巻き爪』!

「ドクターネイル爪革命(R)」を運営する在宅医療マッサージ株式会社(本社所在地:神奈川県川崎市、代表取締役:飯田 正人)は、全国のモデル(女性)を対象に、「美脚のための習慣」に関する調査を実施しました。


“スラッとしたまっすぐで綺麗な脚”。
そんな美脚を維持しているモデルの方たちは、普段からどのようなことを心がけているのでしょう。
姿勢や歩き方だけでなく、爪先まで気を付けていることがあるかもしれません。

爪の形は、幼い頃の癖や習慣から形成されます。
美脚のために脚のマッサージなどを施していても、そもそもの爪の形が良くないと歩き方に偏りが出てきたり、痛みをかばう歩き方になってしまったりすれば、美脚を保つことも難しくなってしまうかもしれません。
ランウェイを颯爽と歩くモデルの方々は、歩き方も非常に重要ですからなおさらです。

そこで今回、フットケア専門店『ドクターネイル爪革命(R)』https://dr-nail.jp/)を運営する在宅医療マッサージ株式会社は、全国のモデル(女性)を対象に、「美脚のための習慣」に関する調査を実施しました。

お子さんの爪のケアについて悩んでいる方は、ぜひ参考になさってください。


【モデルは脚が命!?】モデルが実践する美脚のためのむくみケアやマッサージの方法が判明!

はじめに、美脚のために意識していることについて伺っていきたいと思います。



「美脚に見せるために意識してることを教えてください(上位3つ迄)」と質問したところ、『歩き方(64.2%)』と回答した方が最も多く、次いで『姿勢(63.1%)』『座り方(40.4%)』『お尻の引き締め(20.1%)』『履き心地の良い靴選び(14.3%)』『重心の位置(13.1%)』『サイズの合った靴下の着用(12.4%)』と続きました。

『歩き方』『姿勢』と回答した方が6割以上いるようです。
日常生活を送るうえで意識しているのかもしれません。

では、美脚を保つためにどのようなことを行っているのでしょうか。

「美脚を保つために行っていることを教えてください(複数回答可)」と質問したところ、『正しい姿勢で歩くこと(44.2%)』と回答した方が最も多く、次いで『ハンドマッサージ(42.0%)』『ローラーやマッサージ器などでマッサージ(37.3%)』『エクササイズやストレッチ(35.2%)』『足を冷やさない(34.6%)』『着圧ソックスの着用(30.1%)』『専門店でのフットケア(28.2%)』『水分補給でむくみを解消する(26.6%)』『食生活を工夫する(24.9%)』『ランニング(19.8%)』『入浴(19.5%)』と続きました。

4割以上の方が『正しい姿勢で歩くこと』と回答しました。
また、『ハンドマッサージ(42.0%)』『ローラーやマッサージ器などでマッサージ(37.3%)』と回答した方も多いことから、マッサージを日ごろ取り入れている方も多いことが分かりました。

さらに、おススメのむくみケアやマッサージの方法についても伺ってみました。

■おススメのむくみケアやマッサージの方法を教えて!
・着圧タイツを履く(20代/愛知県)
・朝と夜に寝る前にミチョなどの酢が入ったドリンクを飲むこと(20代/愛知県)
・保湿クリームでしっかり保湿を行うこと(20代/福岡県)
・入浴中のマッサージやその後のストレッチ、日常的に全身の姿勢に気を配る(30代/東京都)

などの回答が寄せられました。

日常生活で姿勢に気を配ったり、着圧タイツを履いたりしている方がいることが分かりました。
また、お酢を飲むといった体の内側からケアしている方もいるようです。


【我慢や放置はダメ】美脚を手に入れたいならフットケアから!

モデルの方のおススメのむくみケアやマッサージの方法が明らかになりました。

では、むくみケアやマッサージを怠るとどのようなことが起こると思っているのでしょうか。


そこで、「フットケアを怠ると、脚にどのような影響を与えると思いますか?」と質問したところ、『慢性的なむくみ(34.1%)』と回答した方が最も多く、次いで『セルライトの停滞(29.2%)』『歩き方の偏り(21.9%)』『変な筋肉がつきやすい(11.4%)』『巻き爪になりやすくなる(3.0%)』と続きました。

『慢性的なむくみ』『セルライトの停滞』『歩き方の偏り』と回答した方が多く、毎日ケアをすることや意識することが大事だと考えている様子が窺えます。

続いて、意識的にケアした方が良いと思う足の症状について伺っていきたいと思います。


「美脚のために意識的にケアした方が良いと思う足の症状を教えてください(複数回答可)」と質問したところ、『外反母趾(37.7%)』と回答した方が最も多く、次いで『かかと等ヒビ割れ(37.0%)』『巻き爪(30.0%)』『爪が反り返った状態(スプーンネイル・匙状爪)(20.4%)』『爪の変形(肥厚爪など)(15.7%)』『魚の目(14.8%)』『爪が縦方向に丸まって皮膚に食い込む(14.3%)』『爪の表面がデコボコしている(14.3%)』と続きました。

『外反母趾』『かかと等ヒビ割れ』『巻き爪』と回答した方が多く、モデルの方は意識的にケアをしているようです。

では、足に関することで困ったことや悩んだ経験などはあるのでしょうか?
詳しく聞いてみました。

■足の症状によるがっかりエピソード
・2日放置するだけで、ふくらはぎの状態や爪の状態が変わる(30代/埼玉県)
・サイズの合わない靴を履いてタコができたり靴ずれがする(30代/福岡県)
・足裏に魚の目ができ、ストッキングが頻繁に伝線してしまう(30代/鹿児島県)
・巻き爪が酷く、定期的に病院へ通ってケアしている(40代/山形県)

などの回答が寄せられました。

症状がひどく病院に通っている方や、ストッキングが伝線してしまう方がいることが分かりました。


【子どもの頃の習慣がカギ】3割が足を冷やすことに気を付ければ良かったと後悔している!?

ここまでの調査で、フットケアを怠ると慢性的なむくみに繋がると考えている方が3割いることが判明しました。

大人になってから習慣にすることはなかなか難しいものがありますが、子どものころから気を付けるべき習慣としてはどのようなものがあるのでしょうか?


そこで、「美脚のために、子どもの頃から気を付けるべき習慣を教えてください(上位3つ迄)」と質問したところ、『足を冷やすこと(30.4%)』と回答した方が最も多く、次いで『猫背(28.5%)』『足の乾燥を放置すること(22.2%)』『脚を組んで座る(21.6%)』『横座り(お姉さん座り)(18.4%)』『深爪しないこと(18.3%)』『ペタンコ座り(あひる座り)(18.1%)』『窮屈な靴を履き続けること(17.6%)』と続きました。

『足を冷やすこと』『猫背』『足の乾燥を放置すること』と回答した方が多くいました。

では、モデルのみなさんは子どもの頃から美脚になるために何か意識していたことなどはあるのでしょうか。
具体的に聞いてみました。

■子どもの頃から美脚になるために意識していたこと
・足を組んだり正座したりせず、基本椅子に座って生活していました(30代/大阪府)
・猫背をなおす(30代/神奈川県)
・毎晩骨盤ストレッチをする(30代/大阪府)
・片側重心にならないよう、カバンを持ち変える(40代/岡山県)

などの回答が寄せられました。

猫背をなおすことや、片側重心にならないように意識していたことが分かりました。
また、骨盤ストレッチを毎晩行っている方もいるようです。


9割のモデルが子どもの頃から“フットケア”が大切と回答!

子どもの頃から美脚になるために意識していたことが明らかになりました。

続いて、子どもの頃のフットケアについても伺っていきたいと思います。


「美脚のためには小さい頃から“フットケア(正しい爪の切り方やマッサージなど)”を行うべきだと思いますか?」と質問したところ、『とてもそう思う(40.0%)』『多少はそう思う(48.2%)』『あまりそう思わない(10.0%)』『全くそう思わない(1.8%)』という回答結果になりました。

『とてもそう思う』『多少はそう思う』と回答した方を合わせると、9割近くの方が小さい頃からフットケアを行うべきと思っていることが分かりました。

最後に、その理由について聞いてみましょう。

■小さい頃からフットケアをした方がいい理由
・習慣にすると意識が高まるから(20代/群馬県)
・小さい頃からのクセや習慣はとても大事。大人になってから治そうと思っても治らない(30代/神奈川県)
・爪が変形すると、なかなかもとには戻らないから(40代/佐賀県)
・できれば美しい筋肉がつくようにしたほうがよいから(40代/兵庫県)

などの回答が寄せられました。

子どもの時から習慣にすることで、大人になっても続けやすくなることや意識が高まることが分かりました。


【まとめ】美脚は小さい頃の習慣と毎日のケアがカギ!

今回の調査で、モデルの方は美脚のために『歩き方』『姿勢』といったことを、日常生活を送るうえで意識することで習慣化していることが明らかになりました。

美脚のために、外反母趾やかかと等のヒビ割れ、巻き爪といった足の症状は意識的にケアした方が良いと思っており、また、9割近くの方が子どものころからフットケアを行うべきと思っているようです。

子どものころからフットケアを意識し習慣化することで、爪の形成に役立ち、大人になった際のモデル業に活かされているようです。


美脚を目指すなら『ドクターネイル爪革命(R)』でフットケア!




『ドクターネイル爪革命(R)』https://dr-nail.jp/)は、痛い巻き爪や魚の目などの一般的な手・足のトラブルをはじめ、肥厚爪や高齢者のフットケアまでトータルケアができる専門店です。

日本初の専用マシンを使った施術は、その技術の高さからフットケア領域では「奇跡のフットケア」と呼ばれており、健康な足作り・手足トラブルの緩和・介護予防など幅広い分野から注目を集めています。

痛いイメージの爪のケアも「切る」処置ではなく、最も負担の少ない「削る」処置を行うなど、お一人おひとりに合った処置方法を行います。

そのため、大変多くの方にリピートしていただいており、お陰様で、以下の4部門で2年連続「第1位」を獲得致しました。



「フットケアサービス利用満足度」
「友人に紹介したいフットケアサービス」
「足のトラブルに悩む方が選ぶ 増えてほしいお店」
「将来性のあるフランチャイズ」

【ドクターネイル爪革命(R)の足爪ケアの特徴】



痛くない
衛生的
定期的なケアできれいな爪に
皮膚を傷つけない


フットケアの専門家による巻き爪の処置方法を知りたい方は、是非YouTubeで
【ドクターネイル爪革命-公式アカウント】
と検索していただくか、当社公式ホームページ内の【「動画紹介」ページ】
https://dr-nail.jp/category/news/%e5%8b%95%e7%94%bb%e7%b4%b9%e4%bb%8b/
に動画をアップしておりますので、是非ご覧ください。

また、高齢者向けに、店舗だけでなく施設への出張施術も可能ですので、高齢者施設の方、介護施設の方、どうぞお気軽にお問い合わせください。


■ドクターネイル爪革命(R):https://dr-nail.jp/
■TEL:044-201-2918
■お悩み相談窓口:https://dr-nail.jp/orders/onayami/
■店舗一覧:https://dr-nail.jp/salon-all/
■FC加盟募集:https://dr-nail.jp/fc/


調査概要:「美脚のための習慣」に関する調査
【調査期間】2022年9月13日(火)~2022年9月14日(水)
【調査方法】インターネット調査
【調査人数】1,007人
【調査対象】全国のモデル(女性)
【モニター提供元】ゼネラルリサーチ
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)