医療・医薬・福祉 企業向けシステム・通信・機器

VR空間で医師の臨床力を向上できるシミュレーターをビーライズが開発し、販売開始

株式会社ビーライズ
株式会社ビーライズ(本社:広島県広島市中区)は、先日リリースした救命救急VRシミュレーター「EVR」に続き、新たに医療VRシミュレーターを2本開発しました。医学部生向け診察シミュレーターである「VR OSCE(ブイアール オスキー)」と、IVR(画像下治療)というカテーテルを使った血管内治療の手術手技を練習できる「HiVR(ハイブイアール)」の2本です。






VR OSCEについて




【OSCEとは?】
OSCE(Objective Structured Clinical Examination:客観的臨床能力試験)は医学生が臨床実習前に到達しておくべき知識・技能・態度を評価するための共用試験のことです。

【概要】
VR OSCEは、フルCGを用いて患者呼び入れから追加問診に至るまでのOSCEをVR内で再現し、学生自らで試験対策を行うことを可能にするVRソフトウェアです。患者への問診や視診、聴診などさまざまな診察シミュレーションが可能となっています。

【開発背景】

OSCEは、医学部4・6年生時の臨床能力を評価する試験の一つでしたが、2025年を目標に医師国家試験に準じる形へ移行していく予定です。さらに重要度を増していくOSCEですが、対策練習にかかる毎年のコストをはじめ、近年ではコロナ禍によるさまざまな制限など、多くの課題を抱えています。「VR OSCE」を活用することで、VRヘッドセットのみで問診や診察行為などOSCEの総合的な学習が可能となり、質の高い学習を提供できるようになります。

【システムの特徴】

声に出して患者を呼び入れるところから始まり、問診や触診、聴診器等の医療器具を用いた診察行為も行うことができます。VR内で診察結果の解説等も閲覧可能なため、自己学習も可能になっています。
※特許2件出願中



HiVRについて



【IVRとは?】
IVR(Interventional Radiology:画像下治療)は、レントゲンで身体の中を透視しながら行う、カテーテルを使った血管内治療の手術手技のことです。

【概要】
HiVRは、手術室をリアルに再現したVR空間の中で、IVRに必要な細かな手技や機器の操作を練習することができるVRソフトウェアです。

【開発背景】

IVRは非常に繊細な技術が必要であり、研修医にとって練習量の確保は重要です。一方でこれまでの練習には特殊なシミュレーター機器が必要であり、研修医が学ぶにはハードルが高いという課題がありました。HiVRであれば初学者でもステップ毎にトレーニングが可能であり、実際の臨床現場に近い環境で練習を行うことができます。

【システムの特徴】

本シミュレーターは人体を透明化して臓器を覗き込むなど、VRならではの機能が多数含まれており、学生や研修医向けに高い教育支援効果が期待されます。



今後の展望


2022年10月時点では、3つの大学に先行導入済みであり、2022年10月17日にビーライズから販売を開始します。また年内では、下記学会に出展予定です。

・第50回日本救急医学会総会・学術集会(京王プラザホテル(新宿)|2022年10月19日~21日)

【株式会社ビーライズについて】
https://www.berise.co.jp
「デジタルで明日を変えよう」をビジョンにかかげ、XR領域でバーチャル空間活用サービスを提供するテクノロジーカンパニー。リアルな3DCGとアプリケーション・web開発、アイデアを組み合わせた最先端ソリューション開発を強みとしています。人の移動を必要としないリモートトレーニングや遠隔指示、教育者が不要な仮想空間内の次世代トレーニング、物理制限の無いバーチャルショールーム、バーチャル展示会、デジタル体験コンテンツなどを開発し、革新的なソリューションを様々な業界へ提供しています。

■本件に関するお問合せについて
株式会社ビーライズ  担当:原田・石原
TEL:082-532-3092  E-mail: contact@berise.co.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)