その他 医療・医薬・福祉

「食の支援」を5月末まで延長をします

つくば市
つくば市は、新型コロナウィルス感染防止のため臨時休校が5月31日まで延長されることに伴い、小中学生を対象とした「食の支援」を延長します。


【期間】令和2年(2020年)5月7日(木)~5月29日(金)の平日
 ※土・日・祝日は除く
 ※これまで週2回の配布でしたが、5月7日以降は、平日毎日配布予定
【内容】臨時休校で給食がなくなったことにより、日中、子どもだけで在宅し家庭の経済的な理由や保護者の疾病等で食事を取ることが困難な小中学生に対して、お弁当等を市が指定した時間・場所で配布
【利用料】無料
【申込方法】新規の方は、こども未来室へ電話で申し込み。(5月20日まで)
 ※該当の有無等については、同室までお問い合わせください。
 ※これまで配布を受けている家庭は自動延長されます。
【審査結果】電話で家庭の事情を聞きとり後、申込者に同室から連絡


当該事業(臨時休校中の食の支援)は、「つくばこどもの青い羽根基金」の一部を活用し実施する予定です。

つくばこどもの青い羽根基金
2019年4月に、つくば市が子どもの未来を支援するための新しい仕組みとして創設した基金です。
つくば市HP「つくばこどもの青い羽根基金」で検索

つくばこどもの青い羽根基金


つくばこどもの青い羽根基金クレジットカード決済サービス
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)