その他 医療・医薬・福祉

【都城市消防局】マイナンバーカードを活用した救急業務の迅速化・円滑化に向けた実証実験を10月20日(木)より開始!

宮崎県都城市
総務省消防庁の「マイナンバーカードを活用した救急業務の迅速化・円滑化に向けた実証実験」に都城市消防局が選定され、10月20日(木)より約2カ月間、都城管内での実証を実施します。


出典:総務省消防庁ホームページ
この実証は、救急現場で傷病者が保有するマイナンバーカードを活用して、救急救命士が救急業務に資する医療機関名、既往歴、薬剤等の情報を正確かつ早期に把握することで、傷病者および家族の負担を軽減するとともに、医療機関と連携してより迅速・円滑な救急活動が実現するかを検証するものです。



マイナンバーカードを活用することで期待されるメリットの一例

■症状がつらいときや本人の情報を思い出せない時の助けになる
■病院の選定や搬送中の応急処置に役立つ
■搬送先病院での治療の準備に役立つ


実証実験の概要

期間
令和4年10月20日(木)~約2カ月

対象者
救急搬送される本人


実証実験に協力いただくためには…

マイナンバーカードを所有し、かつ健康保険証の利用登録が完了している必要があります。


10月19日(水)に、実証開始に向けたデモンストレーションを都城市南消防署で行いました。






◇詳しくは、都城市消防局のホームページにも掲載しています
https://www.city.miyakonojo.miyazaki.jp/site/fire-bureau/34150.html

消防局ホームページ
◇都城市消防局では、インスタグラムも随時更新しています!ぜひご覧ください
https://www.instagram.com/miyakonojo119/

消防局インスタグラム
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)