美容・健康 自然・環境

株式会社シャリオンは累計出荷個数700万個突破した美歯口シリーズの美歯口ホワイトはみがきをSDGsへの取り組みの一環として、環境配慮をしたパッケージにリニューアル

株式会社シャリオン
最先端の歯のオーラルケア製品サービスを展開する株式会社シャリオン(本社:東京都港区、代表取締役:角田 哲平)は、持続可能なSDGsなど社会への取り組みが注目されるなか、累計出荷個数700万個を突破した美歯口シリーズの美歯口ホワイトはみがきのパッケージをリニューアルしたことをお知らせします。



【採用の背景】
地球温暖化や環境破壊、廃プラ問題が世界中で問題視され、環境配慮型の包材が今後の課題となっています。
弊社では、美歯口シリーズのパッケージを下記のようにリニューアルいたしました。

1. 歯みがき粉のチューブ
バイオマスマーク

プラスチックの多くは石油由来の原料からできていますが、本商品に起用したバイオマテックはその一部をサトウキビ由来の原料に置き換えることで、化石資源の消費を抑えるとともに、植物がCO2を吸収し地球温暖化などの社会課題の解決に貢献できます。
持続可能で循環型社会に貢献できる植物由来のバイオマス原反を歯みがき粉のチューブに採用しました。

2. 歯みがき粉のキャップ

グリーンナノマーク
焼却時に排出されるCO2による温暖化は世界中で問題視されています。
この問題に対応するため、リサイクル可能で焼却時にプラスチックから発生するCO2を大幅に削減するグリーンナノCO2 OFFを歯みがき粉のキャップに採用しました。

3. 歯みがき粉の化粧箱

バガス紙に対するマーク
バガスパルプとは、サトウキビから砂糖の原料を搾り取った後に出る搾りカスから繊維を取り出したものです。
砂糖を作る過程で出てしまう、副産物のバガスは様々な用途に利用されていますが、余剰分は産業ごみとなっています。
砂糖が生産される限りは利用することが可能なため、サスティナブルな原料といえるバガス紙を歯みがき粉の化粧箱に採用しました。

株式会社シャリオンは、
目標2 飢餓をゼロに
目標3 すべての人に健康と福祉を
目標4 質の高い教育をみんなに
目標5 ジェンダー平等を実現しよう
目標8 生きがいも経済成長も
目標12 持続可能な消費と生産のパターンを確保する
目標17 パートナーシップで目標を達成しよう
の7つの目標を掲げ、SDGsの取り組みを行ってまいりました。

株式会社シャリオンはCO2などの温室効果ガスの排出削減が世界的な課題となっている中、脱炭素を進め社会活動の持続可能な発展に貢献するとともに、これからも「世界でいちばん、笑顔をつくろう」という企業理念のもと、歯の健康の為に活動を続けてまいります。


【会社概要】
会社名   :株式会社シャリオン
代表者   :代表取締役 角田哲平
本社    :〒106-0041 東京都港区麻布台1-11-9 BPRプレイス神谷町4階
事業内容  :オーラルケア商品開発・販売、美歯口シリーズ開発・販売、メディア事業、ホワイトニングネット
ホームページ:https://charion.co.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)