医療・医薬・福祉

株式会社NPT、日本ゼオン株式会社と資本業務提携に基本合意

株式会社NPT
日本ゼオン株式会社の医療・ライフサイエンス分野のベンチャー企業支援を活用

 株式会社NPT(本社:東京都品川区、代表取締役:原 健一郎 以下、当社)は、この度、高い技術力で発展してきた化学メーカーである、日本ゼオン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:田中 公章 以下、日本ゼオン社)と資本業務提携について基本合意いたしました。


 当社と日本ゼオン社は、当社の保有する個別化医療に関する技術及びその先進性ある見識と、日本ゼオン社の保有する材料開発に関わる資源とを活用し、個別化医療に資する製品・サービスの開発・事業化に向け、この度の基本合意に基づき、2023年3月末頃の最終合意を目指し、協議を進めてまいります。
 
 現行の医薬品では汎用的な特性から治療限界を迎えており、新たな治療アプローチ及び治療薬である個別化医療への期待が高まっております。当社は、独自の技術を活かした細胞製剤や遺伝子治療薬等の開発に注力しており、治療困難な患者さんに対する新たな治療選択肢を開発し、個別化医療を患者さんの元に届けることを目指す研究開発型のベンチャー企業です。日本ゼオン社が化学メーカーとして国内外に保有する研究、マーケティング、販売リソースおよび品質管理ノウハウを当社と共有することで、更なる成長を行ってまいります。

※1.個別化医療
個別化医療とは、個々の人々の体質の違いを遺伝子レベルで把握することで、病気の原因遺伝子の特定だけでなく治療薬の有効性や副作用のリスクを予測し、個々に適した治療(個別化治療)を提供することを指します。個別化医療の導入が特に期待される疾患領域は「がん」です。がんは、遺伝子の異常によって生じる病気ですが、原因となった遺伝子の種類や遺伝子異常のパターンは個々のがん患者では異なり、極めて多様な遺伝的特徴を有する病気ということが解っています。近年では、一部のがんに対して「がん遺伝子パネル検査」が健康保険の適用対象となり、がん患者の遺伝的特徴を解析し一人一人に合った治療薬が選択可能な時代になりつつあります。

日本ゼオン株式会社概要
社  名:日本ゼオン株式会社
事業内容:エラストマー素材事業や高機能材料事業を展開する化学メーカー
代  表:代表取締役社長 田中 公章
住  所:東京都千代田区丸の内1-6-2 新丸の内センタービル 
URL :https://www.zeon.co.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)