その他 医療・医薬・福祉

【「小さな幸せ、ひとつのワクチン」チャリティーキャンペーン結果報告】Instagramに投稿された“ハート”の画像に込められた想いが開発途上国の子どもたち1万1,989人分のワクチン支援に!

認定NPO法人 世界の子どもにワクチンを 日本委員会(JCV)
たくさんのあたたかい想いが広げる支援の輪

「認定NPO法人 世界の子どもにワクチンを 日本委員会」(以下JCV)は「国際チャリティーデー」に合わせて、今年もInstagramへの投稿で開発途上国の子どもにワクチンを贈れる「小さな幸せ、ひとつのワクチン」チャリティーキャンペーンを開催いたしました。誰もが大切にする“幸せ”や世界中のみんなの“平和”、“命”そのものを象徴する「ハート」を投稿テーマにした今年は、皆さまのあたたかい想いが込められた「ハート」の写真や動画の投稿が、昨年度の約24倍にものぼる1万1,989件集まりました。 ご協賛企業の協力により、投稿数と同数の1万1,989人分のワクチンが、支援国4カ国ミャンマー、ラオス、ブータン、バヌアツの子どもたちに贈られます。 (キャンペーンサイト:https://www.jcv-jp.org/sharefor1smile) (公式Instagram:https://www.instagram.com/npo_jcv/)









【「ハート」の投稿に込められたたくさんの温かい想いが広げる支援の輪】




キャンペーンで投稿された、ペットのハートマーク模様、大好きな芸能人のハートポーズ、キャンペーンのために制作したカービングなど、様々なハートの写真や動画と一緒に、
「子どもは地球の宝。みんなで身の回りにあるハートで参加しましょう」
「一人でも多くの小さな命が守られますように」
「みんなの想いが世界の子どもたちの未来につながりますように」
「沢山の子供達が幸せになる事をお祈りしています」

など、多くの参加者からあたたかい想いも寄せられました。そしてさらに、
「何をしたら良いか分からない私でも気軽に参加できました!」
「また、同じようなキャンペーンがありましたら、ぜひ協力させていただきます」
「身近にできるワンアクション探してみます」

などのメッセージからもわかるように、誰もが気軽に参加できるこのキャンペーンが、支援活動に興味があっても参加する機会がなかった人の活動への参加を後押しし、支援活動の輪を広げるきっかけにもなりました。
今後も継続していく中で、このキャンペーンが、より多くの人たちが楽しみながら気軽に参加でき、より多くの子どもたちの支援につながる場になるよう目指して参ります。


【支援国の子どもたちにワクチンが届くまで】

1. 11月中に各国の保健省と調整し供与するワクチンの種類や数などを決定
2. 12月中にUNICEFと連携して世界のワクチン工場に支援するワクチンを発注
3. 来年1年間に必要な分だけ随時支援国にワクチンを届ける
4. 現地医療スタッフの手により各地の予防接種会場に運ばれ子どもたちに接種





【「小さな幸せ、ひとつのワクチン」チャリティーキャンペーン概要】

●実施期間: 2022年9月5日(月)~10月9日(日)
●参加方法: 期間中にInstagramで「#ハートアクション」を付け、ハートの写真や動画を投稿すると、1投稿につき1人分のワクチンがJCVを通して支援国4カ国(ミャンマー、ラオス、ブータン、バヌアツ)に寄付されます。
●協賛企業: 日本リユースシステム株式会社、ビープラスシステムズ株式会社、日本テクノ株式会社、株式会社柴橋商会、株式会社パートナーズコーポレーション、株式会社クラダシ、有限会社協栄、一般社団法人インターナショナルエキスパート総合協会、株式会社ZEN、ピジョンハーツ株式会社、フジイ化工株式会社、ピーアークホールディングス株式会社、東武トップツアーズ株式会社、ラサ商事株式会社、株式会社岡三証券グループ、三井住友海上あいおい生命保険株式会社、株式会社ニッソウ(17社)
●特設サイト:https://www.jcv-jp.org/sharefor1smile



【キャンペーン担当者からのコメント】

広報・啓発・教育担当 乙津 俊輔



ご投稿をいただいた多くの皆さま、そしてご協賛をいただいた17の企業の皆さまのご協力により、昨年開催時の約24倍に当たる1万1,989件もの投稿をいただくことができました。本当にありがとうございました。皆さまの投稿をワクチンに換え、投稿に込められた想いと一緒に、途上国の子どもたちにしっかりと届けて参ります。
このキャンペーンは来年以降も開催する予定です。継続して開催していく中で、さらに支援の輪を広げていけるように、より楽しく参加できる企画に育てていきたいと思います。


【団体概要】



企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)