医療・医薬・福祉 企業向けシステム・通信・機器

(株)エピグノ「Epigno病棟ナース」を10施設に無償提供開始

株式会社エピグノ
新型コロナウイルス感染症拡大による医療崩壊の危機への対抗策

現在開発中の「Epigno病棟ナース」(https://www.epigno.jp/)を、医療崩壊の対抗ツールとして10施設に限り無償提供致します。


昨年末より発生した新型コロナウィルス(COVID–19)は、日本でも更なる感染拡大が懸念され、「医療崩壊」の危機にあることが多くのメディアで報道されております。この状況を鑑み、弊社では「医療崩壊」の危機への対抗策として、「Epigno病棟ナース」を10施設に無償提供を開始させていただく決断を致しました。これにより、医療従事者、 特に看護師が可能な限り感染のリスクを減らしながら、患者さんをケアできる体制づくりできると考えております。

「Epigno病棟ナース」には、医療崩壊の危機への対抗できる機能として以下の3つの機能を有します。この機能により、医療現場のリソースの最大化、感染のリスクの軽減、ストレス回避が期待できます。


認定看護師の検索

「Epigno病棟ナース」に登録された看護師のキャリア情報から、集中ケア、感染管理等の認定を持っている看護師を即座に検索できる為、施設内のリソースを最大限に活用できます。


申し送りの非対面化

看護師業務に必要不可欠な「申し送り」をデジタル化できる機能を備えております。これにより、看護師間の申し送りを非対面化でき、看護師間の感染リスクを削減できます。


緊急対応によるシフト変更

緊急シフト条件をシステムで登録することが可能です。そのため、シフトを組む看護部長や師長が、緊急シフトを組む作業を大幅に削減できます。また、看護師の累積の勤務時間も視認可能です。


 
【問合せ先】
 弊社ホームページの「お問い合わせ」のフォームもしくか以下のメールアドレスより、お問い合わせ下さい。
 ・URL:https://www.epigno.jp/
 ・メール:contact@epigno.jp

【無償提供の条件】
 無償提供の期間は3ヶ月を想定しております。
 ご希望の病院様のシステム状況等によって、導入期間等の調整が必要になりますので、ご施設の状況をお聞かせ頂いた後、ご提案申し上げます。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)