流通 美容・健康

3年ぶりにお客様と一緒に「にんにく植え付け祭」を開催!<伝統にんにく卵黄>でおなじみの健康家族

株式会社健康家族
~希少な九州産・有機栽培のオリジナルブランド「にんにく王」

自社でにんにくの有機栽培を行い、それを原料にした健康食品の製造・販売まで行っている株式会社健康家族(本社:鹿児島県鹿児島市平之町、代表取締役:藤 朋子)は、2022年10月16日(日)、3年ぶりにご愛用者を自社農場・本多荘輔の情熱にんにく畑に招待して「にんにく植え付け祭」を開催した。


▲本多荘輔の情熱にんにく畑で開催された「にんにく植え付け祭」

3年ぶりに念願のリアルイベント開催
健康家族は、宮崎県小林市にある自社農場「本多荘輔の情熱にんにく畑」で、化学的な農薬や肥料を使わずオリジナルブランド「にんにく王」を有機栽培している。ここで育った有機にんにくは、健康家族の主力商品<伝統にんにく卵黄>をはじめとするにんにく健康食品や、手軽で美味しいにんにく食品「本多荘輔の情熱にんにく畑シリーズ」の原料に使われており、素材の質や味の良さ、安心・安全さで人気を集めている。そんな商品を日頃から愛用している方々に、「実際に農場を見て素材を目で確かめることで、より安心して続けていただきたい」との想いから、2005年に始まったのが「にんにく収穫祭」「にんにく植え付け祭」といった自社農場でのイベント。一昨年はコロナの影響で実施を断念、昨年はオンラインでの開催だった。そして今年は、3年ぶりに農場でのリアルイベントが実現。全国各地から11組22名のご愛用者が参加した。

■国産&有機!希少な「にんにく王」の植え付けを体験
当日は心地良い風が吹く中、参加者は霧島連山の雄大な自然に囲まれた「本多荘輔の情熱にんにく畑」でにんにくの植え付けを体験した。日頃から愛飲している商品に使われている、健康家族オリジナルブランドの「にんにく王」。その種を1片1片、手作業で植えながら「有機でにんにくを作っている大変さが分かった」「植え付けたにんにくが<伝統にんにく卵黄>になることを思うとワクワクする」「貴重な体験ができた」など感動の声があがった。「にんにく植え付け祭」には農場担当者だけでなく、健康家族の社員も参加。通信販売のため、普段は直接顔を合わせることができないこともあって、参加者とスタッフがあちらこちらで楽しそうに会話を弾ませる姿があった。
▲「にんにく王」の植え付けを体験する参加者と健康家族のスタッフ
植え付け体験の後、「本多荘輔の情熱にんにく畑」の施設などを見学。乾燥機や耕運機、貯蔵庫などを見て回り、参加者は農場担当者からの説明にうなずいたり、質問したりする様子も見られた。

▼「にんにく植え付け祭」の様子は、健康家族の公式SNSでも公開中!▼
【YouTube】https://youtu.be/KXavyCof_2s
【Facebook】https://www.facebook.com/kenkoukazoku
【Instagram】https://www.instagram.com/p/Cj1kBuercx9/

ファンミーティングも実施
「にんにく植え付け祭」の前日には、参加者と健康家族のスタッフによるファンミーティングも行われた。まずはお互いに自己紹介。「<伝統にんにく卵黄>のおかげで趣味を楽しめている」「飲み始めて風邪知らずになった」など、愛飲している商品の体験談が交わされた。健康家族の藤朋子会長も参加し、「なかなかお会いできないので嬉しい。このようなイベントを通して、お客様との距離を近づけていきたい」と想いを熱く語った。ファンミーティングの中では、開発中の新商品の試食も行われ、参加者からは感想や率直な意見など、さまざまな声が挙がった。
▲開発中の新商品を試食する参加者

オンラインでも「にんにく植え付け祭」を開催!
農場まで行くことが出来ないご愛用者のため、オンラインでも2022年10月12日(水)に「にんにく植え付け祭」を開催した。事前にオリジナルブランド「にんにく王」の種と、本多荘輔の情熱にんにく畑で1年以上もの時間をかけて手作りし、実際に使っている「完熟黒堆肥」をお届け。当日は宮崎県小林市にある農場だけでなく、鹿児島にある本社とも繋ぎながら、参加者は自宅の庭やプランターでにんにくの植え付けを楽しんだ。
▲宮崎県小林市の「本多荘輔の情熱にんにく畑」とオンラインで繋ぎながらにんにくを植え付け
水やりや追肥の方法、プランターの置く場所など、参加者からさまざまな質問が寄せられた。イベントの合間には、健康家族のスタッフから「にんにくクイズ」が出題され大盛り上がり。笑顔あふれるイベントとなった。毎日にんにく栽培に携わっているスタッフから、「安心・安全で美味しいにんにくを、これからも情熱を持ってお届けしていきたい」と熱いメッセージが送られた。ご愛用者からも「初めての参加でとても楽しかった」「たくさん勉強になり貴重な時間だった」など、たくさんの声やチャットが寄せられた。

▲オンラインにんにく植え付け祭の中で「にんにくクイズ」も出題され盛り上がった

家族の健康を願う、本多荘輔の愛と情熱が脈々と受け継がれる「にんにく王」
健康家族は創業から46年間、安心・安全に一切の妥協をすることなく商品を作り続けている。それは、創業者・本多荘輔の「健康のために口にするものは、素材自体が健康でなければならない」という信念を頑なに守り続けているから。現在も本多の意志を受け継ぎ、自社農場「本多荘輔の情熱にんにく畑」では、手間ひまを惜しまず有機にんにくを作り続けている。有機栽培は自然との闘いの日々。農薬はもちろん除草剤も使えないため、これから迎える寒い時季も毎日、手作業での地道な草むしりが待っている。それでもなお、家族の健康を願い続ける愛と情熱を原動力に、来年5月の収穫へ向けて、今日もにんにくと向き合っている。

■健康家族
【フリーダイヤル】0120-315-315
【ホームページ】https://www.kenkoukazoku.co.jp

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)