医療・医薬・福祉

世界がん撲滅サミット2022 in OSAKA 厚労省高官と代表顧問 中見利男氏がPMDA改革に向けて協議開始へ!

世界がん撲滅サミット2022実行委員会

2022年11月3日(木・祝)午後1時(開場12時30分)より大阪国際会議場で開催される『世界がん撲滅サミット2022 in OSAKA』(https://cancer-zero.com)。

この度、PMDAを監督する厚生労働省高官と『世界がん撲滅サミット2022 in OSAKA』代表顧問・提唱者の中見利男氏がPMDA改革について協議を開始することが決定した。

これまでPMDA関西支所に遺伝子治療、再生医療、免疫医療などの先端医療の審査機能を付与すべきだとの考えを示してきた同サミットだが、Muse細胞の不可解な条件付き早期承認の却下やG47Δウイルス療法に対する不可解な専門委員の介入などの情報得を得て、今回は人事の透明性や早期承認のジャッジに対するガイドラインの作成と公平な審査体制の構築など、大幅な改革提案を行う見込みだ。

その大筋の案については『世界がん撲滅サミット2022 in OSAKA』公開セカンドオピニオンで一部が紹介されるとのことだ。


小児がん、希少がん、難治性がん撲滅に向けてチャレンジを開始する『世界がん撲滅サミット2022 in OSAKA』は10月30日(日)午後3時まで入場エントリーを大会HP(https://cancer-zero.com)にて受け付けている。入場無料。どうぞお早めのエントリーを。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)