医療・医薬・福祉 その他

〔千葉〕10月24(月)から「こども・若者未来基金」の募金を開始 児童養護施設などからの“卒業後”を応援

パルシステム連合会
県内3生協が連携し5年間で94人を応援

生活協同組合パルシステム千葉(本部:千葉県船橋市本町、理事長:佐々木博子)は、10月24日(月)から11月25日(金)まで、社会的擁護下の子どもたちの自立支援を目的とする「こども・若者未来基金」の募金を利用者に呼びかけます。県内3生協の連携で2017年に始まり、これまでの5年間で延べ94人を応援してきました。


応援する気持ちは5年間で5千万円に

「こども・若者未来基金」は、社会的擁護下の子どもたちが公的制度を離れる際の自立支援を目的に運用されます。認定NPO法人ちばこどもおうえんだん(千葉市、湯浅美和子理事長)が運営し、金銭的支援だけではなく、子どもたちの自立を見守る伴走支援の活動も含めて応援します。2015年から千葉市里親制度推進事業を受託し、県内3生協(同生協、なのはな生協、生活クラブ生協)と労働福祉団体などの参画によって事業が進められています。
2017年から5年間、社会的擁護下の子どもたちが向き合う困難な状況を伝えて呼びかけた募金は、50,130,709 円に上ります。延べ94人、128件の転居や資格取得など自立に必要な費用に充てられました。
県内3生協合同の本基金について、パルシステム千葉は10月24日(月)からの5週間、利用者に募金を呼びかけます。

アパート契約や仕事探しに寄り添う伴走型
全国では4万2千人、県内で1,300人以上(2021年厚生労働省)の子どもたちが、貧困や虐待などで家庭生活が困難となり、児童養護施設や里親の元で暮らしています。社会的擁護の制度適用は現在18歳までです。高校卒業相当の年齢で、すぐに社会でひとり立ちできる子どもは多くありません。
自立をめざす子どもからは「アパート契約費用の負担や保証人探しが難しい」「ひとり暮らしにフライパンが必要だと分からなかった」など、多様な悩みが寄せられます。伴走支援者はこれらに寄り添い、相談や専門家の紹介などを通じて自立を支えます。
パルシステム千葉はこれからも、地域の活動団体と連携し、誰ひとり取り残さない多様な背景を持つ人たちが活躍できる社会づくりをめざします。



認定NPO法人ちばこどもおうえんだんHP http://kodomo-ouendan.com/



【組織概要】
生活協同組合パルシステム千葉
所在地:千葉県船橋市本町2-1-1船橋スクエア21 4階、理事長:佐々木博子
出資金:99.9億円、組合員数:25.9万人、総事業高:356億円(2022年3月末現在)
HP:https://www.palsystem-chiba.coop/

パルシステム生活協同組合連合会
所在地:東京都新宿区大久保2-2-6 、理事長:大信 政一
13会員・統一事業システム利用会員総事業高2,569.1億円/組合員総数168.3万人(2022年3月末現在)
会員生協:パルシステム東京、パルシステム神奈川、パルシステム千葉、パルシステム埼玉、パルシステム茨城栃木、パルシステム山梨、パルシステム群馬、パルシステム福島、パルシステム静岡、パルシステム新潟ときめき、パルシステム共済連、埼玉県勤労者生協、あいコープみやぎ
HP:https://www.pal.or.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)