企業向けシステム・通信・機器 その他

自治体に向けたシニア世代の健康増進サービス創出のために。日本語で世界とつながる会話コミュニティサービス「Sail」を運営する株式会社Helteは、イーピーエス株式会社と業務提携契約を締結しました。

Helte
株式会社Helte(本社:千葉県柏市、代表取締役:後藤 学、以下、Helte)と医薬品開発支援のイーピーエス株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:佐々 明、以下、EPS)は、コミュニケーションによるシニア世代の健康効果に着目。自治体に向けた新サービスの創出のために、業務提携契約を締結しました。



導入の背景と目的

超高齢社会となりつつある日本。COVID-19のパンデミックにより、高齢者の外出や社会活動の機会が極端に減り、体力や認知機能の低下の一因になっていることが指摘されています。またコロナ禍の状況で家族の交流機会も減り、周囲が高齢者の異変に気付くのが遅れるケースなど、日常的なコミュニケーション減少に対する対策は自治体における喫緊の課題となっています。


Helteは「高齢者の生きがい創り」「デジタルでの健康福祉」「デジタルデバイド対策」といった社会課題を解決するために、日本語で世界とつながる会話コミュニティサービス「Sail」などの事業で、自治体との連携を進めてきました。
今回Helteは、地域医療や健康増進を支援しているEPSと連携し、各自治体における高齢者のコミュニティ再生・活性化やコミュニケーション機会の創出など、新たなソリューション事業を展開・拡大していきます。

提携後の具体策
HelteとEPSは、共同で以下の取り組みを行っていきます。
・Sailを使用した新サービスの共同企画および提案
・Sailを使用した新サービスの共同開発および提供
・Sailで得られる音声データを活用したヘルスケアサービスの開発

Helteと自治体の連携事業実績
・北九州市 「外国人人財紹介の実証事業」
・豊田市 「官民連携介護予防 ずっと元気!プロジェクト」
・藤沢市 「個別協定 ICT普及啓発と新たなコミュニケーション機会の創出」
・神奈川県 「コミュニティの再生・活性化に関する連携協定」
・神戸市「STOP COVID-19 ×#Technologyプロジェクト 実証実験」


イーピーエス株式会社について

イーピーエス株式会社は1991年に事業を開始し、治験や製造販売後調査を中心とした臨床試験を総合的に支援する医薬品開発業務受託機関(CRO)です。患者・アカデミア・医療機関・製薬会社の皆さまの良きパートナーとして高品質のサービスを提供するとともに、地域医療の体制強化や人々の健康増進にも取り組みを開始しており、自治体等と連携を行いながら、「CROのニューノーマル」としての理想形を創り上げていきます。


Sailとは

日本の人と日本に関心を抱く世界の人々を"日本語"でつなぐ「会話コミュニティサービス」です。予約、会話、評価、分析まで統合して行い、日本の高齢化問題、外国人の教育や文化理解の課題をワンストップで解決していきます。
神奈川県や豊田市、東京大学、奈良女子大学といったパブリックセクターとも連携し、日本の人と世界の人々をつなげて、社会課題の解決、産学連携でのソーシャルインパクトの創出に取り組んでいます。




▼Sailのホームページはこちら
Sail Website - 日本の人向け|for Japanese
https://sailjp.helte.jp/
Sail Website - 世界の人向け|for International
https://sailglobal.helte.jp/


株式会社Helte 会社概要

社名:株式会社Helte
URL:https://helte.jp/
所在地:千葉県柏市東上町 2-28 第一水戸屋ビル 3F Nob+内
代表取締役:後藤学
資本金:130,181,703円
事業内容:
・日本語でのグローバル・コミュニケーション・サービス「Sail」の運営業務
・オウンドメディアの運営
・海外人財と企業のマッチング


本リリースに関するお問い合わせ先

株式会社Helte
担当者:渡辺 天海
e-mail:support@helte-corp.com
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)