美容・健康 インテリア・雑貨

マスク販売から21年。機能性マスク累計販売数50万枚以上の砂山靴下が新たなマスクの可能性を拡げるため『SUNAYAMASK』のブランド展開を開始

砂山靴下株式会社
美容と健康に着目している靴下製造業の砂山靴下株式会社(本社:東京都葛飾区・代表取締役社長:砂山 直樹)は昨今の新型コロナウイルスの影響からマスクの着用が一過性のものではなく、生活コモディティ化されると確信し、従来から行ってきたマスク製品開発を強化するとともに「キモチデザイン」のコンセプトに基づき新たなマスクの可能性を拡げるため『SUNAYAMASK』ブランドを立ち上げます。その第一弾として静岡県産茶の実から出来た繊維で作ったマスク「茶の力」抗菌マスクを5月中旬発売予定。その後も夏場の暑さやUV対策も踏まえた「持続冷感クールマスク」の他に、PFE・VFE・BFEのそれぞれに対応した「抗ウイルス対策マスク」も開発中。9月頃までに順次発売予定。これからも続くマスク需要で問題とされる不織布マスクのゴミ問題を解決すべく洗って繰り返し使い、使い捨てないサステナブルマスク(持続可能な発展)で地球環境にも適した製品を開発、ブランド化します。






●『SUNAYAMASK』ブランドの紹介
砂山靴下では他社に先駆けて1999年にシルク製品のブランディングに注力し、シルクの機能性をもっと多様化できないか連日会議を重ねていました。その際に女性スタッフが「寝ている時の唇やのどの乾燥対策をしたい。」との声からマスクの開発に注目。

シルクの吸放湿性、保温性を活かしたCocoonfit「シルクおやすみマスク」(1999年発売)

その後も快眠セラピスト監修のネルネ「夢肌ごこちの美容マスク」(2014年発売)

花粉を吸着してブロックする「花粉対策マスク」(2015年発売)

紫外線保護指数世界最高レベルのUPF50+UVカット日焼け対策マスク」(2018年発売)

ホールガーメントで立体的に編み立てられた無縫製マスクふんわりフィットのおやすみマスク」(2019年発売)

軽い着け心地の紫外線対策マスク「口の軽い女」(2020年発売)

砂山靴下では生活を24時間と捉え、それぞれのニーズに合わせたマスクをラインナップしました。
これからもお客様の生活スタイルに沿って「キモチデザイン」されたマスクを開発、提供してまいります。

●『SUNAYAMASK』今後の展開について
近日中、砂山靴下ホームページ内に『SUNAYAMASK』ブランドサイトを立ち上げお客様のニーズに沿った製品展開をご案内いたします。また今後発売予定の『SUNAYAMASK』ブランド製品には『SUNAYAMASK』ブランドオリジナルロゴのピスネームを製品に取り付けることでブランドの差別化を図るとともにブランドの価値向上を目指します。ブランド初年度の販売目標をブランド全体で5万枚、売上金額1億円と設定しています。



●会社概要
会社名:砂山靴下株式会社  HP: http://www.sunayama-socks.com/
本社所在地:〒124-0022東京都葛飾区奥戸6-27-5
会社設立:1963年6月17日 資本金:4000万円  代表者:代表取締役社長 砂山直樹

●本件プレスリリース窓口
砂山靴下株式会社 第一事業部 企画営業課:大塚 Tel:070-5464-0353 Mail: otsuka@hosyco.co.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)