美容・健康 ビジネス・コンサルティング

ユーフォリア、コクヨと共同開発した企業の健康経営・安全管理を支援する「ウェルネス プログラム~ONE TAP SPORTS for Biz~」をリリース

株式会社ユーフォリア
トップアスリートのコンディション向上メソッドを、企業従業員の生産性向上に応用!PoCで85%の体験者が肩こり・腰痛が改善したと実感

スポーツテック企業のユーフォリア(本社:東京都千代田区 共同代表:橋口 寛/宮田 誠、以下 ユーフォリア)は、資本業務提携関係にあるコクヨ株式会社(本社:大阪市 代表取締役社長:黒田英邦、以下 コクヨ)と共同で企業の健康経営・安全管理を支援するウェルネス プログラム「ウェルネス プログラム~ONE TAP SPORTS for Biz~」を開発し、リリースしたことをお知らせいたします。11月7日(月)にスタートするコクヨフェアに出展いたします。



■「ウェルネス プログラム~ONE TAP SPORTS for Biz~」の特徴


約2カ月間の伴走型プログラム
スポーツ医科学、人間工学・バイオメカニクスの専門家が直接指導、監修
トップアスリートが受けている評価方法・身体的ケアをカスタマイズ
負傷したアスリートの競技復帰や、高いパフォーマンス維持を実現するコンディショニングメソッドで、従業員のプレゼンティーズム[*1]にアプローチ
自分に合った「セルフコンディショニング手法」を習得できる


■「ウェルネス プログラム~ONE TAP SPORTS for Biz~」提供予定価格
ウェルネスプログラム(2カ月、~15名):720,000円(税別)~
※対象人数・プログラム内容により変動あり

■ 「ウェルネス プログラム~ONE TAP SPORTS for Biz~」サイトはこちら:https://eu-phoria.jp/service/wellness

■「ウェルネス プログラム~ONE TAP SPORTS for Biz~」の開発背景

ユーフォリアは、2013年から約10年にわたりコンディション管理ソフト「ONE TAP SPORTS」[*2]を中高生からトップアスリートまで幅広いスポーツチームへ提供してきました。アスリートがよいコンディションを保ち、試合に合わせてピークパフォーマンスを出すために行う一連の活動を「コンディショニング」と呼び、チームに所属または提携するスポーツ専門職(アスレティックトレーナー[*3] や理学療法士など)が、その知識と技術でアスリートのコンディショニング活動をサポートしています。ONE TAP SPORTSは、これらスポーツ専門職の方々が、アスリートやチームの現状を分析し目標設定を行うためのデータプラットフォームとして活用されてきました。

そして、「コンディション」が良い状態の時に概ね良いパフォーマンスが出せるのは、アスリートのみならず一般ワーカーでも同様だと考え、2022年5月に資本業務提携を行ったコクヨと協業し、本事業のPoC(概念実証)を開始しました。特に、工場や物流拠点などに勤務する身体的負荷の大きいワーカーの方々の健康被害がこのコロナ禍で浮き彫りになったこともあり、今回有効性を確認するために、コクヨ芝山工場にて協力をあおぎPoCを開始しました。

またコクヨにおいては、文具や家具などハードウエアだけでなく、働く人々の創造性や生産性を高めるためのオフィスのあり方、働く環境づくりといったサービス提供を展開する中、ユーフォリアのスポーツ領域のノウハウを活用した従業員向け新たな健康支援サービスを新事業として、「ワーカーのウェルビーイングを実現する」を共通のコンセプトに共同で開発することとなりました。

今後も、ユーフォリアのスポーツ界で培ったノウハウと、コクヨが長年取り組んできた働く人の創造性・生産性を高めるモノづくりの技術をコラボレーションさせ、より良いプロダクト・サービス開発を行い、従業員のウェルビーイング向上と企業の健康経営支援に貢献してまいります。

従業員の慢性的なプレゼンティーズムや健康経営課題についてお悩みの方は、アスリートサポートのノウハウを生かした「ウェルネス プログラム~ONE TAP SPORTS for Biz~」をご紹介させていただきます。ぜひ「コクヨフェア」へお越しください。または下記お問い合わせ先へご相談ください。

同時に、本プログラム提供を各地で担っていただく産業アスレティックトレーナー(業務委託)を募集いたします。ご興味のある方は下記へお問い合わせください。

■「ウェルネス プログラム~ONE TAP SPORTS for Biz~」サービス提供の流れ



■「ウェルネス プログラム~ONE TAP SPORTS for Biz~」の導入事例
コクヨ株式会社芝山工場にて実施

実施内容(対象者30名)

肩こり腰痛を抱える従業員30名に対し、2カ月間のプログラムを実施

エクササイズ動画配信
ONE TAP SPORTSと専門トレーナーによる「モニタリング&コミュニケーション」
工場現場で、全3回1名20分の個別セッション




結果

プログラム満足度 :90.0%
肩こりの改善実感 :85.2%
腰痛の改善実感 :83.3%
プログラム離脱率 :0%


芝山工場従業員様の声

プログラム参加者「自分に合った運動の仕方を学べました。また、長らく抱えていた腰痛が軽減でき、業務も楽になりました」
総務担当者「参加者の顔が明るくなったと感じ、従業員同士のコミュニケーションも生まれ、身体以外の良い効果も感じました」




*1 プレゼンティーズム:欠勤はしていないが、何かしらの健康問題が原因で生産性が低下している状態のこと
*2 ONE TAP SPORTS:ユーフォリアが開発するアスリートのためのコンディション管理ソフト
*3 アスレティックトレーナー:スポーツ活動中の外傷・障害予防や救急対応、コンディショニング、安全・健康管理を実践する知識・技能をもつスポーツ医学の専門職。アスリートのパフォーマンス回復・向上を支援する。海外では、スポーツだけでなくワーカーの健康を支援する「産業アスレティックトレーナー」も増加している。資格には、BOC-ATC (米国アスレティックトレーナー資格認定委員会公認アスレティックトレーナー)、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー資格などがある


■「ウェルネス プログラム~ONE TAP SPORTS for Biz~」出展イベント「2023 KOKUYO FAIR」開催概要
【オンライン視聴】

2022年11月7日(月)9:00公開~12月2日(金)18:00終了
【リアル会場参加】
〈東京会場〉
開催期間:2022年11月7日(月)~18日(金)
開催場所:コクヨ東京品川オフィス THE CAMPUS
※リアル会場のご見学は事前予約制です。詳細は特設WEBサイトにてご確認ください。
※会期中の土曜・日曜・祝日の休日は除きます。
※当日はお車での来場はご遠慮ください。

【要事前登録】こちらから▶︎ https://kokuyo.jp/fair2023/pr


■コクヨ株式会社について
コクヨは、文具や事務用品を製造・販売する「ステーショナリー事業」、オフィス用品の通販サイト「カウネット」の運営とインテリア・生活雑貨の販売を行う「通販・小売事業」、オフィス家具などの提供からオフィス空間の設計・構築、働き方改革コンサルティングまでを手掛ける「ファニチャー事業」を軸にビジネスを展開しています。
2021年11月に、第三次中期経営計画「Field Expansion 2024」を発表。「長期ビジョンCCC2030」の達成に向け、「働く」「学ぶ・暮らす」の領域で、文具や家具だけにとらわれない、豊かな生き方を創造する企業「WORK & LIFE STYLE Company」になることを目指しております。

■ONE TAP SPORTS(ワンタップスポーツ)について:https://one-tap.jp/
「ONE TAP SPORTS」は、コンディション機能・インジュリー機能などで構成され、試合や練習を通じて得られる行動データに加えて、食事メニューやケガの状態などを組み合わせて分析することにより、トレーナー・コーチ・監督等の指導者が選手へ適切な指導やアドバイスを行うことを可能にするデータプラットフォームです。
アナログでの情報収集・管理・指導が主流だったスポーツの現場において、アスリートのコンディションなどさまざまな情報を「見える化」し、コンディション管理・ピーキング・ケガ予防をサポートしています。現在、ラグビー日本代表をはじめとする日本代表では26競技、プロチームを中心に国内外で71競技、1,700チーム以上(2022年10月時点)に導入されています。

■株式会社ユーフォリア について
ユーフォリアは「人とスポーツの出合いを幸福にする」をミッションに、スポーツの課題をテクノロジーで解決するスポーツテック企業です。スポーツ選手のコンディション管理、ケガ予防のためのSaaS型データプラットフォーム「ONE TAP SPORTS(ワンタップスポーツ)」(https://one-tap.jp/)の開発・提供により、より安全で楽しく、かつ効率的にスポーツを行う環境整備に貢献してまいります。
本社  :東京都千代田区六番町5-5 飯田ビル2階
設立  :2008年8月18日
代表者 :代表取締役/共同創業者 橋口 寛・宮田 誠
事業内容:スポーツ領域におけるシステム開発・保守・コンサルティング、スポーツデータ活用による商品開発支援事業
URL   :https://eu-phoria.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)