教育・資格・人材 美容・健康

日本健康マスター検定【健検】は、第17回試験(2023年3月実施)から、CBT(コンピュータ)試験に変更します

一般社団法人日本健康生活推進協会
第17回検定よりCBT方式に移行。あわせて資格カテゴリーを「健康マスター」「健康マスター・エキスパート」の2つに変更

日本健康マスター検定【健検】は、受検者の皆さまにとっての利便性を高め、“よりつかえる健検”にするため、2023年3月実施の第17回試験より、CBT(コンピュータ)試験に移行いたします。併せて、これまでの資格カテゴリー「健康マスター・ベーシック」を「健康マスター」に改称し【健検】の受検コースは「健康マスター」「健康マスター・エキスパート」の2つとなります。


人生100年時代の到来や新型コロナ感染問題など、世の中の「健康」に対する関心はますます高まっています。 健康マスター検定協会(一般社団法人日本健康生活推進協会、理事長:大谷 泰夫 https://kenken.or.jp/)は、仕事や生活に必要な“ヘルスリテラシー”を高めることを目的に2017年より日本健康マスター検定【健検】を開催し、現在で受検申込者数は延べ約8.9万人(第16回検定時点)、内合格者約4.9万人(第15回検定時点)が「健康マスター」として、地域・職場・学校等で活躍中です。
2023年3月実施の第17回試験より、日本健康マスター検定【健検】は、受検者の皆さまにとっての利便性を高め“よりつかえる健検”にするため、CBT(コンピュータ)試験に移行いたします。併せて、これまでの資格カテゴリー「健康マスター・ベーシック」を「健康マスター」に改称し【健検】の受検コースは「健康マスター」「健康マスター・エキスパート」の2つとなります。

<こまでの試験からの主な変更、継続ポイント>
1. 試験日が「同一日同時刻開催」 → 「複数日複数時間開催」、申込日時変更が可能
・一定期間の複数日時より選択して申し込みができます。
・試験日3日前17時まで日時変更が可能となります
2. 全国47都道府県のCBT試験会場で受検が可能
・これまで試験会場がなかった以下の10県でも受検が可能となります。
(予定;秋田/富山/石川/茨城/山梨/福井/三重/鳥取/山口/徳島)
3. 団体マイページで、CBT試験申込状況、合否結果を把握可能
・団体コードを個人プロフィール欄に記入申し込まれた貴社社員の皆さまについては、これまで通り団体マイページにて、その申込状況、合否結果の把握ができます。
4. 個人マイページで、CBT試験申込完了と合否が把握可能
・個人マイページから、試験の申込完了状況や結果通知、合否結果ついては、受検者個人が確認できます。

【第17回以降の受検コース】
・「健康マスター」 試験時間50分 60問3択方式
・「健康マスター・エキスパート」 試験時間60分 60問4択方式
・第17回検定は、CBT(Computer Based Testing、協会指定の全国試験会場での試験)形式の試験となります。
・試験の趣旨、価格は、これまでと変わりません。
・これまでの資格「健康マスター・ベーシック」の扱いについては、後日ご案内します。
・先々IBT(Internet Based Testing、自宅等での試験)も併用・導入の予定です。
・合格正答率は、これまで通り75%以上です。
・合否、成績は、試験期間終了後、約10日後に受検者マイページにて一斉発表します。

【第17回試験概要】
《試験期間》 2023年3月1日(水)~2023年3月20日(月)
《申込期間》 2023年1月16日(月)~2023年2月28日(火)
《試験会場》 全国47都道府県CBT試験会場で受検可能(予定)
《申込の流れ》
 1.協会公式HPより健検IDでログイン
 2.CBT試験を選択
 3.会場と試験日時を選択
 4.決済
《受検の流れ》
 1.受検確認書を手にCBT試験会場へ
 2.本人確認証明書を、受検当日試験会場の試験官に提示
 3.試験開始(健康マスター50分/健康マスター・エキスパート60分)
 4.試験終了後、退出
 5.合否発表と成績票は、試験期間終了後10日を目処に受検者マイページにアップ、合格者には認定証(オープンバッジを予定)をデータにて支給

【2023年試験スケジュール(予定)】
 第17回 上記
 第18回 2023年7月1日~2023年7月20日
 第19回 2023年10月20日~2023年11月10日
 ※第17回試験の詳細については、今年12月にご案内します。


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)