医療・医薬・福祉 美容・健康

オンライン医療相談サービス「first call」 経済産業省の「企業の健康管理体制に関する相談窓口」に採択

メドピア株式会社
新型コロナウイルス感染拡大下で従業員や企業人事が抱える健康管理上の不安を産業医が解消

この度、メドピア株式会社(東京都中央区、代表取締役社長 CEO:石見 陽)の連結子会社である株式会社Mediplat(東京都中央区、代表取締役 CEO:林 光洋、以下当社)が運営するオンライン医療相談サービス「first call」が、経済産業省が実施する「遠隔医療相談事業体制強化事業」の「遠隔健康医療相談窓口(企業の健康管理体制等に関する相談窓口)」に採択されたことをお知らせいたします。


 ※ 窓口設置期間は、2020年5月1日(金)~6月26日(金)です。



「first call」は、法人向けに「オンライン医療相談」、「オンライン産業医」、「ストレスチェック」の3つの産業保健支援サービスを提供しています。現在、550を超える事業所の約43万人(2020年4月時点)の方々に提供しており、2016年のサービス開始以降、インターネットを活用したサービスとして、多くのナレッジを蓄積してまいりました。

新型コロナウイルス感染拡大を背景に、経営者や人事担当者は、新型コロナウイルスの感染予防、または感染者発生時の対応等、日々の変化に応じた対策の検討・実施が求められています。一方で、経営者や人事担当者は、企業毎に状況が異なる中、自社の状況に合致した情報を十分に収集することが出来ず、適切な相談先もないなど、その対応に苦慮しています。そのような中、企業毎の状況に応じた適切な対応を相談する先として、産業医に注目が集まっています。

一方で、産業医の設置義務がない50人未満の事業所が全体の9割超を占める※など、産業医へ相談できる環境を有していない企業も多く、企業が産業医に対して直接相談できる環境を早急に整備することが重要となっています。また、自らの感染への不安はもとより、2次感染を懸念して医療機関受診をためらうなど、健康への不安を抱えている従業員は増加しており、各企業はそのような従業員に対するケアも行う必要があります。

当社は本受託により、経営者・人事担当者が産業医に対して感染症対策や健康増進施策について相談可能なオンライン相談窓口を設置するほか、産業医によるオンラインセミナーの配信、感染防止策に関する従業員啓発用コンテンツの提供等を開始いたします。これにより、現在産業医を選任していない事業所も含め、各企業における健康管理業務の円滑な推進を支援してまいります。

さらに、従業員に対しては、チャットやTV電話面談で医師に24時間相談可能な窓口を設置いたします。これにより、様々な制限のある状況下においても、従業員の健康不安の早期解消や適切な受診勧奨などを推進してまいります。

当社は、新型コロナウイルス感染症の一日も早い収束を願うとともに、今後も生活者の皆様の医療・健康上の不安や悩みを取り除けるよう、出来る限りのサポートをしてまいります。

 ※ 総務省 平成28年「経済センサス‐活動調査」


オンライン医療相談サービス「first call」が提供する「遠隔健康相談事業体制強化事業」の概要


当社は、「first call」が経済産業省が実施する「遠隔医療相談事業体制強化事業」の「遠隔健康医療相談窓口(企業の健康管理体制等に関する相談窓口)」に採択されたことを受け、以下サービスを無料で提供いたします。

1. 事業内容
 (1) 従業員から医師へのオンライン医療相談窓口の提供
  従業員が専門医に対して、自身や家族の心身の不安について匿名で気軽に相談できる窓口を設置いたします。一般内科や小児科、産婦人科、精神科などの全12科目について、医師が実名で回答いたします。チャット型のテキスト相談(土日を含む24時間相談可能、画像添付可能)と15分間のTV電話による相談(要事前予約)のいずれかを選択し、ご相談いただけます。

 (2) 企業経営者・人事担当者から産業医へのオンライン相談窓口の提供
  産業医に対して、企業全体の感染症対策や健康増進施策について各企業の担当者が個別に相談可能なオンラインの相談窓口を設置いたします。当社に所属している経験豊富な産業医が、各企業の相談に親身に対応いたします。
  また、担当者向けに産業医によるオンラインセミナーを配信し、感染症への具体的な予防策等を紹介するとともに、社員への注意喚起用の資料の配布や、対応チェックリスト等も順次提供いたします。
  今後は、在宅・テレワーク環境での勤務の増加に対応し、人事担当者が従業員の健康状態を正しく速やかに把握できるリサーチシステムの開発・提供を予定しております。



2. 利用開始手順
 法人で契約をされますと、従業員が無料で利用することができます。
 下記サイトのお申込みフォームよりお申し込みください。担当よりご連絡いたします。
 https://www.firstcall.md/Home/Subscription/business

 ※ すでに「first call」に登録されている事業所は、そのままご利用いただけます。
 ※ 法人からのお申込みのみ受け付けしております。個人からのお申し込みは受け付けておりませんのでご注意ください。

3. 相談窓口設置期間
 2020年5月1日(金)から2020年6月26日(火)まで

4. 利用料
 本相談窓口は経済産業省が設置する「遠隔健康相談事業体制強化事業」として運営されるため、上記設置期間内に新規に契約をされた法人は、2020年6月30日(火)まで無料でご利用いただけます。

5. お問い合わせ
 お申込みのご希望や、ご不明な点などがございましたら、以下からお問い合わせください。
 contact@mediplat.jp


参考:「first call」の法人向けサービス概要


「first call(https://firstcall.md/)」では、法人向けに以下3つの産業保健支援サービスを提供しています。従業員のメンタルヘルス対策や健康管理をワンストップでサポートすると同時に、オンライン化と管理システムの導入により人事労務担当者の業務負担を軽減いたします。

 ※ 「first call」は新型コロナウイルス感染症に関する緊急対応策の一環として、経済産業省が設置する「健康相談窓口」として採択され、2020年3月末までの間、個人・法人向けオンライン医療相談の無償開放をいたしました。

1. オンライン医療相談
日常生活における自身と家族の体調の不安や悩みについて、チャットとテレビ電話でいつでもどこからでも医師に相談いただけるサービスです。一般内科や小児科、産婦人科、精神科など全12科目での相談(匿名)に専門医が実名で回答します。尚、医療相談は、従業員専用アプリもしくはWEB版のいずれでもご利用いただけます(テレビ電話相談はWEB版のみです)。

2. オンライン産業医
産業医の定期訪問からオンラインでの面談まで、産業医業務を受託するサービスです。産業医面談をテレビ電話でも実施可能とすることで、国内外の支社の従業員など、面談調整が困難であった従業員とも早期に面談が設定できることに加えて、日程調整など人事の業務負担も軽減します。

3. ストレスチェック
WEBで簡単に従業員のストレスチェックや、部門やチームなど職場毎のストレス状況を可視化するサービスです。オンライン医療相談の無料オプションとして提供し、オンライン産業医と合わせて導入することで、ストレスチェック後の産業医面談までをオンライン上で一元管理しながら実施することが可能となります。



【メドピア株式会社の概要】
会社名:メドピア株式会社
所在地:東京都中央区銀座6-18-2 野村不動産銀座ビル11階
設立:2004年12月
代表者:代表取締役社長 CEO 石見 陽(医師・医学博士)
事業内容:医師専用コミュニティサイト「MedPeer」の運営、その他関連事業
URL:https://medpeer.co.jp

【株式会社Mediplatの概要】
会社名:株式会社Mediplat(メドピア株式会社子会社)
所在地:東京都中央区築地4-1-1 東劇ビル15階
設 立:2015年11月
代表者:代表取締役 CEO 林 光洋
事業内容:産業保健支援サービス「first call」の運営、ライフログプラットフォーム事業
URL:https://firstcall.md/Home/About
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会