ネットサービス・アプリ 医療・医薬・福祉

オンライン健康相談サービス「LINE ヘルスケア」、6月26日まで無償提供 経済産業省による「遠隔健康医療相談窓口」の支援事業に再び決定

LINE株式会社
外出による感染や院内感染への防止、および医療崩壊の緩和へも寄与 新型コロナウイルスに関する不安や健康に関する悩みをオンライン健康相談で解決

LINE株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:出澤 剛)と、エムスリー株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:谷村 格)の共同出資により設立した合弁会社であるLINEヘルスケア株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役 社長:室山 真一郎)は、経済産業省が3月に実施した令和元年度予備費「遠隔健康医療相談窓口」に引き続き、5月1日 から実施する令和2年度「遠隔健康相談事業体制強化事業(24時間チャット等窓口)」(以下、遠隔健康医療相談窓 口)にオンライン健康相談サービス「LINEヘルスケア」が採択され、6月26 日まで無償提供することとなりましたので、お知らせいたします。 ※ 相談は、「オンライン診療の適切な実施に関する指針」の遠隔健康医療相談(医師)の範囲で実施。


昨今、全国規模での緊急事態宣言が発令されるなど、新型コロナウイルス感染症の流行に伴う影響は日々拡大しております。また、感染拡大を防ぐため、マスク着用や外出自粛、人と人の距離を保つ「ソーシャル・ディスタンス」の呼びかけなど、様々な防止策がとられています。

こうした状況の中、経済産業省では、3月11日~3月31日に実施した令和元年度予備費「遠隔健康医療相談窓口」に引き続き、5月1日より第二弾となる「遠隔健康医療相談窓口」を再度設置することが決定されました。LINEヘルスケア株式会社は、3月実施した際に多くの国民の不安や悩みを解決したという実績が認められ、この度もその委託事業として再び採択され、オンライン健康相談サービス「LINEヘルスケア」を5月1日~6月26日まで相談者に対して無償で提供することとなりました。

これにより感染の不安から適切な相談をせずに医療機関を受診することや、感染しやすい環境に行くことをより一層避けていただきながら、外出せずとも自宅から新型コロナウィルス感染への不安や健康の不安に関して医師へ相談できるようになります。

【オンライン健康相談サービス「LINEヘルスケア」概要】
アクセス :LINEアプリを起動し、上部にある検索窓で【LINEヘルスケア】と検索
無料期間 :2020年5月1日(金)~2020年6月26日(金)まで
提供時間 :24時間(土日を含む)
対応診療科:内科・小児科・産婦人科・整形外科・皮膚科・耳鼻咽喉科
※新型コロナウイルス感染症が疑われる相談については、厚生労働省健康局結核感染症課2020年2月17日付事務連絡「新型コロナウイルス 感染症についての相談・受診の目安について」に従い、厚生労働省の「帰国者・接触者相談センター」を紹介することとする。
相談方法・料金:*いますぐ相談する(無料)
        *あとから回答をもらう(無料)
※「いますぐ相談する」については、時間や医師の状況により、すぐに医師とマッチングできない場合がございます。
※「オンライン診療の適切な実施に関する指針」の遠隔健康医療相談(医師)の範囲で実施いたします。

■オンライン健康相談サービス「LINEヘルスケア」
https://linehealthcarecorp.com/ja/lp/2019/1
いつでも医師とLINEでつながるオンライン健康相談サービスです。「この症状、何かの病気かな・・?」、「病院に行く必要がある症状なのかな?」という不安や、「日常生活で健康上の悩みがある」、「ネットで調べた知識に疑問をもっている」という悩みをお持ちの方の、身近な相談窓口としてご活用いただいております。実際の相談者に実施したアンケートでは、「医師の回答内容は的確で、悩みを解決できましたか?」、「医師の受け答えの専門性はいかがでしたか?」 という項目において、10 段階中「9」「10」と評価した満足度が高いユーザーが、全体の7割を占める結果となっており、安心してオンライン健康相談をご利用いただけるサービスを目指しております。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)