医療・医薬・福祉 ネットサービス・アプリ

CareMaker、重複シフトの振替まで先読みした稼働率を高める自動提案機能をリリース<特許出願>

株式会社CareMaker
~ 芋づる式の調整コストを大幅に削減 ~

株式会社CareMaker(東京都渋谷区、代表取締役:山村真稔、以下「CareMaker」)は、訪問看護・訪問介護向けスケジュール管理クラウド「CareMaker(ケアメーカー)」において、希望日程が登録済みシフトと重複したことで、芋づる式に調整が発生するシーンも1クリックで解決できる振替まで先読みした自動提案機能をリリースしました。<特許出願>



リリースの背景

従来のCareMakerは、訪問シフト表の中の空いている枠の中から稼働率・ルート効率が良く、希望条件にもマッチする候補をご提案する体験をお届けしてきました。

一方で、現場課題として「すでに埋まっているシフトと同じ日程でサービス提供を希望されたとき」「住所が近しい利用者は稼働率を優先して前後のシフトを振り替えてでも受け入れたいとき」など、埋まっているシフトの振替まで芋づる式に調整をしなければいけないシーンにおいて、特に業務負荷がかかっていることに気づきました。


機能開発にあたり配慮した現場課題

当初、芋づる式の調整が発生しづらいように、あらかじめ稼働率を上げることで、空き枠を増やすことが求められているだろうと考えていました。そのためにシフト・スケジュール全体を組み替える体験を検討している中で、下記のような抵抗があることをお伺いしました。

・すでにサービス提供中の利用者やケアマネージャーとの調整も発生するため、事業所都合の調整だけでシフトを振り替えることに抵抗がある
・スタッフに対して訪問インセンティブを設定していることもあるため、当初訪問予定のシフトを組み替えたことで該当スタッフの訪問件数が減ってしまうことに抵抗がある

こうした声を踏まえて、全体を組み替えることで空き枠をあらかじめ増やす体験ではなく、「新しく利用者を受け入れるタイミング」や「サービス提供中の利用者のサービス計画に変動が生じたことによる振替タイミング」などにおいて、芋づる式に調整する業務をなめらかに行える体験をお届けすることにこだわりました。


振替まで先読みした稼働率を高める候補提案 <特許出願>




本機能は、芋づる式の調整コストの大幅な削減に貢献します。
また結果的に、前後の移動効率の良いシフトへと徐々に改善されていく傾向があるため、活用すればするほどシフト全体の稼働率が高まっていくことも期待されます。<特許出願>

すでにご好評をいただいているCareMakerの特徴である「システムが決定するのではなく、最適なシフトを複数候補提案することで管理者の意思決定を支える」という体験をそのままに、重複した日程の振替も候補をご提案差し上げることで、利用者やケアマネージャーとの相談・報告まで踏まえた日程調整業務をなめらかにします。

※問い合わせ先:
オンラインデモンストレーションも承っておりますので、公式サイト( https://caremaker.jp/ )のお問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。

■訪問スケジュール管理クラウド「CareMaker」について
「CareMaker(ケアメーカー)」は、在宅医療・介護に特化したAIによる訪問スケジュール管理クラウドです。訪問ルートや希望条件を考慮してスケジュールを自動で最適化できるAIを搭載。作成業務に必要な時間削減に加えて、スタッフの移動効率化を通じた稼働率向上までサポートします。
サービス詳細:https://caremaker.jp/

■会社概要
社名:株式会社CareMaker
代表:山村真稔
本社所在地:〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-53-67 コスモス青山コスモスサウス3F
事業内容:訪問スケジュール管理クラウド「CareMaker」の運営
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)