美容・健康

ありのままを、愛そう。育てよう。「シーボンパル」より、「シーボンパル モイスチャライジングローション」が登場

株式会社 シーボン
株式会社シーボン(証券コード4926 )は、新ブランド「シーボンパル」から、しっとりタイプの化粧水「シーボンパル モイスチャライジングローション」を2022月11月1日(火)より発売します。 とろみのある質感で“しっとりとしたなめらかな肌” に導きます。






「シーボンパル」について

2022年7月に“ありのままを、愛そう。育てよう。” をコンセプトに“さっぱりとしたクリアな肌”に導く3品を発売した新ブランド「シーボンパル」。落とすケアを重視し、まっさらな素肌に化粧水をつけた瞬間の浸透※の違いを体感してほしいという想いを込め、 クレンジング・洗顔・化粧水のラインナップを揃えました。
この度、乾燥が厳しくなる冬にぴったりな“しっとりとしたなめらかな肌”に導く化粧水が新登場。
美容液のようなとろみのあるテクスチャーで、「乾燥」などの肌悩みをお持ちの方にオススメです。
好みの使用感や、なりたい肌に合わせて化粧水をお選びいただけます。


製品特徴

・しっとりなめらか肌を適える2種のアプローチ
1.高純度のスクワランをナノレベルまで微細に分散させ、安定的に配合する独自の「非水ゲル技術」を採用。
2.乾燥という肌悩みを多角的にケアする成分を厳選配合
コーヒー種子エキス、マンダリンオレンジ果皮エキス、シロキクラゲ多糖体、カラー花酵母エキス※を配合。
乾燥ダメージを多角的にケアし、しっとりなめらかな肌へ導きます。
また、アルジレリン(R)※やオタネニンジン根エキスを配合し、ハリ・弾力へアプローチ。



コーヒー種子エキス
コーヒー豆から得たカフェイン、タンニンなどを含むエキス。紫外線による乾燥等から肌を護ります。




シロキクラゲ多糖体
美肌の高級食材として重宝されているシロキクラゲから得られる成分。水分を抱え込み、長時間うるおいをキープ。



アルジレリン(R)
グルタミン酸・メチオニン・アルギニンなど6つのアミノ酸を結合した保湿成分。肌にピンとしたハリを与えます。



マンダリンオレンジ果皮エキス
ミカン科の果実であるマンダリンオレンジの果皮から抽出されたエキス。肌バリアを護ります。



カラー花酵母エキス※
カラーの花から得られた酵母培養液。肌ストレス(乾燥)をケアし、イキイキと若々しい印象へと導きます。



オタネニンジン根エキス
オタネニンジンの根の部分から抽出されたエキス。
肌に弾力をもたらします。

・軽やかなとろみがスッと肌になじみ、うるおいで満たします。
・合成香料、合成着色料、エタノール不使用


※浸透:角層まで
※ カラー花酵母エキス:加水分解酵母
※アルジレリン(R):アセチルヘキサペプチド-8
*全て保湿成分 *画像はイメージ


アイテム紹介



名 称:シーボンパル モイスチャライジングローション[化粧水]しっとりタイプ
内容量:200mL
価 格:¥4,730(税込)


〈使用方法〉
肌を清潔にした後、シーボンパル モイスチャライジングローションを適量(500円玉大)
手のひらにとり、両手に軽くなじませ、肌を包み込むように顔全体にていねいになじませます。特に乾燥が気になる部分には適量を重ねづけします。
その後、必要に応じてエッセンスやクリームなどを使用します。


「シーボン パル」 ラインナップ



シーボンパル トリートメントマセ[クレンジング&マッサージクリーム]
110g ¥4,950(税込)
一日の蓄積した汚れを洗浄・浄化し、クリアな肌へ導くクレンジングクリーム

・MAQUIA ONLINEイチオシ認定※ クレンジング部門(2022年10月度)
※MAQUIA ONLINE:集英社の美容雑誌『MAQUIA』の公式ウェブサイト

シーボンパル ディープクリアフォーム[洗顔料]
130g ¥3,850(税込)

濃密泡でやさしく洗い、しっかり落とすするり、なめらかな肌に

シーボンパル クリアリングローション[化粧水]さっぱりタイプ
200mL ¥4,400(税込)

うるおいを与え、健やかな肌環境にみずみずしく透明感のある肌へ






シーボン.について

シーボン.は、全国のシーボン.フェイシャリストサロン(会員制/直営96店舗、代理店4店舗)を中心に化粧品販売やアフターサービスを提供している化粧品メーカーです。
「美を創造し、演出する」という企業理念に基づき、化粧品の力を最大限に引き出す独自の方法として、ホームケア (自宅でのスキンケア)+サロンケア(定期的なサロンでのプロのお手入れ)こそが、美肌への近道という結論にたどり着きました。
シーボン.は、唯一無二のビューティ・システムで、美肌を適えるブランドとしてこれからも展開してまいります。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)