医療・医薬・福祉 企業向けシステム・通信・機器

アバターを使用して音声会話が可能なメタバース空間 レメディ・アンド・カンパニーとレメディ・クロスリアリティの共同開発

レメディ・アンド・カンパニー株式会社
~11月1日 (火) より申込受付を開始、2023年1月から販売開始~

レメディ・アンド・カンパニー株式会社(東京都千代田区 代表取締役 グループCEO:浮田哲州)と、レメディ・クロスリアリティ株式会社(東京都港区 代表取締役:寺田 壮輝)は、この度、アバターを使用して音声会話が可能なメタバース空間を共同で開発し、11月1日 (火) より申込受付を開始、2023年1月から販売開始することを発表いたしました。


私たちが提供するメタバース空間は、用途によって使い分けができることが特徴です。
例えば、「個人を特定できる空間」では、学会や教育機関の授業等で活用ができます。
また、「匿名性の高い空間」では、バーチャル治験や匿名でのカウンセリングや患者様同士の会話など、プライバシーを守りながらの活用が可能です。
当面の間は、医療関係者及び医療関係の教育機関(主に大学)のお客様を対象に販売をいたします。
詳細については下記をご確認ください。
レメディ・アンド・カンパニーとレメディ・クロスリアリティのメタバース空間 イメージ】
■レメディ・アンド・カンパニーとレメディ・クロスリアリティのメタバース空間について
特徴:


ハプティクスグローブと連携し、触れることができるメタバース空間を実現
エクササイズやヨガ、リハビリなどハプティクスセンサーと連動させることで自身の動きをメタバース空間内で再現
空間デザインのカスタマイズだけに留まらず、顔写真からアバターを作成したり、アバターを変身させたりなど、ニーズにあわせたカスタマイズが可能
オフィシャルな学会、授業、リモート会議等に使える非匿名空間及びバーチャル治験やカウンセリング等の匿名空間、それぞれを高セキュリティでご用意
空間内における音声通話、PC画面共有はもちろん、オープンキャンパスなどにも便利で豊富なアクションも順次搭載予定


商品名 :Remedy XR メタバース (仮称)
価格 :20万~/月 ※ご要望によりお見積りを作成いたします
対象 :医療関係者及び医療関係の教育機関(主に大学)等
予約開始 :2022年11月1日(火) *販売は2023年1月より開始いたします
予約方法 :下記お申込みフォームよりお申込みください
URL:https://zfrmz.com/za6rfeCuQibCnWbAoDdL


■レメディ・クロスリアリティ株式会社 概要



名称 :レメディ・クロスリアリティ株式会社(英語表記:Remedy XR Corporation)
代表取締役:寺田 壮輝
事業内容 :医療×ITにおけるソフトウェア、ハードウェア開発、XR関連事業(ハプティクス技術等)、メタバース空間を活用したデジタル医療教育事業
設立 :2022年6月


■レメディ・アンド・カンパニー株式会社 概要

レメディ・アンド・カンパニー株式会社(旧インテリムホールディングス株式会社)は、2018年に設立しました。前身は、2005年設立したCRO事業を展開する株式会社インテリムです。その後、株式会社インテリムをはじめ、国内外のグループ各社を牽引する中核として、2018年にインテリムホールディングス株式会社(現レメディ・アンド・カンパニー株式会社)が誕生し、国内外の医薬品開発における革新的ソリューションの創出に取り組んできました。2022年4月にレメディ・アンド・カンパニー株式会社へ社名変更し、CROの枠を超え、世界のヘルステックプラットフォーマーを目指し新たなスタートを切りました。レメディは、グループ会社である株式会社インテリム、iRIS株式会社、クォンタムヘルスケア株式会社、レメディ・クロスリアリティ株式会社を統括し、最新のテクノロジーと技術革新を駆使しながら、世界・医療・お客様のために更なる成長を遂げることを事業目的としています。現在、世界7カ国に拠点があります。(2022年10月現在)


詳しくはこちらをご覧ください:https://www.remedy-company.com/



企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)