医療・医薬・福祉 企業向けシステム・通信・機器

AIメディカルサービス、コーポレートサイトをリニューアル

AIメディカルサービス
~新たに策定したバリューも発表~

内視鏡の画像診断支援AI(人工知能)を開発する株式会社AIメディカルサービス(本社:東京都豊島区、代表取締役 CEO:多田 智裕、以下「AIM」)は、当社のコーポレートサイト(https://www.ai-ms.com/)を全面リニューアルしました。また、社員が持つべき価値観やとるべき行動指針を表すバリューを新たに策定したことをお知らせいたします。これらにより、AIMは日本およびグローバルの成長に向けて、更なる組織の強化を目指し、当社のミッションである「世界の患者を救う~内視鏡AIでがん見逃しゼロへ~」の実現に邁進いたします。





■コーポレートサイトリニューアルおよび新バリュー策定の経緯

6期目を迎えた当社はこれまで、多くの医療機関さま、投資家さまのご協力のもと、内視鏡AIの研究開発を進めてまいりました。
当社は、「世界の患者を救う~内視鏡AIでがん見逃しゼロへ~」というミッションの実現に向けて、より一層組織を強化するために、このたびコーポレートサイトの刷新と、新バリューの策定を行いました。




コーポレートサイトリニューアルの主な内容


サイト全体を通して、掲載情報を拡充するだけでなく、デザインを見やすく刷新し、ステークホルダーの皆さまに当社の情報がより正しく伝わるよう工夫を凝らしました。

1. デザインの刷新
人工知能を活用する当社のイメージを表すようなテクノロジーを想起させるデザインに刷新しました。各種ページの構成を見直し、より必要な情報にアクセスしやすく構築しました。

2. 採用情報の拡充
AIMで働くメンバーや会社の雰囲気がより深く伝わるように、採用情報を整理・拡充しました。メンバーやオフィスの写真も追加しました。



AIMのバリュー


当社の従業員数は67名(2022年9月時点)となりました。今後は、日本だけでなく世界に向けて当社の内視鏡AIを展開していくにあたり、当社の従業員だけでなく、これからAIMに参画していただける将来のメンバーにとっても、持つべき価値観やとるべき行動指針を表す道標となるように、以下のバリューを策定しました。

1. 聴く力を、解く力へ。
私たちは、どんな現場でも、相手の思いに耳を傾け、課題の本質を見極めることで、真の解決となる答えを導き出していきます。

2. 個人の力を、組織の力へ。
私たちは、ともに働くメンバーとの間で、お互いの個性や立場を尊重した議論と行動によって、チームとしての総合力を高めていきます。

3. 今の自分を、次の自分へ。
私たちは、自らの能力やスキルを常に磨き続けることで、普段「あたり前」として設定している「仕事の水準」をワンランク上へと引き上げていきます。




バリューポスターの作成


バリューの浸透を目的とした、ビジュアルイメージを作成しました。



■AIメディカルサービスについて
AIMは「世界の患者を救う~内視鏡AIでがん見逃しゼロへ~」をミッションに掲げる、医療AIスタートアップ企業です。内視鏡医療は日本が最先端であり、質・量ともに世界最高水準のデータが蓄積されております。なかでも、AIMは100施設以上の医療施設と共同研究・製品開発を進めています。当社は内視鏡AIを医療現場にいち早くお届けすることで、がんの見逃しを減らし、世界の患者を救うことを目指しています。

■採用情報
AIMでは、以下のポジションのメンバーを積極採用中です。

・AIアプリケーションエンジニア(https://hrmos.co/pages/aimedicalservice/jobs/0000120
・プログラマ(https://hrmos.co/pages/aimedicalservice/jobs/b_0000107
・セキュリティエンジニア(https://hrmos.co/pages/aimedicalservice/jobs/e_0000093
・医療画像データ管理スタッフ(https://hrmos.co/pages/aimedicalservice/jobs/0000073
・保険適用担当(https://hrmos.co/pages/aimedicalservice/jobs/0000125

募集詳細、お申し込みはこちらをご参照ください。
https://hrmos.co/pages/aimedicalservice

■会社概要  ――――――――――――――――――――――――――――――
会社名 :株式会社AIメディカルサービス
所在地 :〒170-0013 東京都豊島区東池袋1丁目 18-1 Hareza Tower 11F
代表者 :多田智裕
設立 :2017年9月1日
事業 :内視鏡の画像診断支援AI(人工知能)の開発

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)