医療・医薬・福祉 暮らし

保護犬が新入社員に! ホーム犬3匹の入社式を実施

株式会社アプルール
株式会社アプルールでは、以前より高齢者施設が保護犬の里親になることを推進する「わんtoケアほーむプロジェクト(1高齢者施設1わんこ共生推進活動)」に参加しています。この度、新たに3匹のホーム犬が入社することになり、2019年3月13日に入社式を行いました。



【ホーム犬とのふれあいで入居者の笑顔があふれる】
入社式には配属されるホームのホーム長や数名のご入居者、会場のアプルール秦野のご入居者やボランティアの方々が出席しました。入社式のあとはドックランにて先輩ホーム犬とともに楽しいひと時を過ごしました。
今後は配属先にてホーム犬としての活躍を期待しています。

【保護犬の殺処分を減らす】
現在、日本で保護団体から犬の譲渡を受けられるのは一定の譲渡条件を満たした一般家庭に限られる場合が多いですが、全国に約39,000軒あるとされる高齢者施設が里親として受け皿となることで、年間約21,000頭を超える保護犬の殺処分数を減らし、本来失われなくていい命を救う活動を応援し、今後もホーム犬を積極的に受け入れていきます。

<株式会社アプルール>
URL: https://apprule.jp/
住所: 神奈川県藤沢市南藤沢21-9とのおかビル6階TEL: 0466-22-3400
企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会