医療・医薬・福祉 流通

ファクトリエ「ジャパンハート ソーシャルネットワーク」に参画

Factelier(ファクトリエ)
新型コロナウィルスに立ち向かう医療機関・医療従事者の深刻な物品不足をアパレル企業として支援

日本の語れるものだけを販売する工場直結ブランド「ファクトリエ」を運営するライフスタイルアクセント株式会社は、新型コロナウイルス感染症拡大により迫り来る医療崩壊を防ぐため、医療機関・医療従事者と支援者側をつなぎ、最速で、最適な物資を届け医療崩壊を抑制するためのプロジェクト「ジャパンハートソーシャルネットワーク」に参画することを決定しました。


■ ファクトリエの支援内容

ファクトリエは本プロジェクトへ、第1段として下記の支援を実施する予定です。

1)医療従事者が仕事中にインナーとして着るための抗菌Tシャツを300枚寄付

医療従事者の皆様は白衣やスクラブの下にインナーを着ていることがありますが、仕事ごとに着替えるため、そのインナーが足りないという話を聞き、インナーとなるTシャツを生産し寄付します。

生産するのは、提携している富山のカットソー工場「TFC(ティー・エフ・シー)」。生産工程でどうしても出てくる残反を無料でご提供いただくとともに、その生地に長く続く高い抗菌加工を施し、日本でも随一の技術で縫製したTシャツを、無償で寄付いたします。(約200万円分)

(※写真はイメージです。上質な生地で現場に最適、を条件にした残反を利用するため、様々な色になります。)


2)当直の医療従事者へ、当直など泊まり対応の際の洋服を総額200万円分寄付

医療現場では24時間の対応が求められるため、当直で(病院に泊まって)医療に当たる方々が多くいらっしゃいます。そこで、ファクトリエが日本の提携工場とともに作った洋服の中から、病院で寝泊りする時間を少しでも安らげる時間にできるような洋服を選出し、無償で寄付いたします。


本支援は継続して行います。
また、支援内容は今後、追加・拡大することも検討しております。

この支援を通じて、少しでも医療機関また医療従事者の皆様の力になることを期待しております。
また、一日でも早い、新型コロナウイルスの終息を願っております。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会