食品・飲料 流通

ZENBヌードル、ブランドムービー「今日を満たそう。」カネコアヤノさんによる新曲提供で公開

株式会社Mizkan Holdings
「思いっきり食べていいんだ」1日の締めくくりを描きながら、明日にエールを。

株式会社ZENB JAPAN(ゼンブ ジャパン)(愛知県半田市、以下 ZENB)は、小麦不使用、豆100%「ZENBヌードル」のある日常風景を描いたブランドムービー「今日を満たそう。」を2022年10月27日(木)よりYouTube(https://youtu.be/AbkqdsTFxAM)にて公開いたします。





ブランドムービー「今日を満たそう。」では、3組の暮らしにフォーカス。職場で、自宅で、学校で、それぞれが慌ただしく過ごした、とある日の夜を描いています。

忙しいとついつい食事が疎かになってしまうなかでも、健康なのにしっかり美味しい「ZENBヌードル」であれば、手軽に思い切り食べられることから、頑張った1日の締めくくりに、我慢しないで食べる喜びと明日へのエールを届けます。

ブランドムービーの楽曲には、カネコアヤノさんの新曲を起用。彼女の力強くも優しい歌声に乗せて、日々忙しく頑張る人達の背中を押します。

今後も、からだにも地球にもやさしい「ZENB」は、豊かな未来に向けた「あたらしい食生活」を届けます。



ZENBヌードル ブランドムービー「今日を満たそう。」
https://youtu.be/AbkqdsTFxAM



Credit



カネコアヤノ
シンガーソングライター。弾き語りとバンド形態でライブ活動を行っている。
2018年に発表したアルバム『祝祭』は第11回CDショップ大賞2019入賞作品に選出し、2019年に発表したアルバム『燦々』は第12回CDショップ大賞2020大賞<青>を受賞。
2023年1月には、最新フルアルバム『タオルケットは穏やかな』のリリースと日本武道館2days公演の開催、3月には初の大阪城ホール公演を控えている。
公式HP:https://kanekoayano.net/
Twitter:https://twitter.com/kanekoayanoinfo

<release info>
最新フルアルバム
『タオルケットは穏やかな』
発売日:2023年1月25日販売形態:CD・LP・配信

Music:カネコアヤノ
Cast:湯川ひな / 長友郁真 / 三浦理奈 / 高瀬あゆみ

Planner / Creative Director:田中佳佑(NEWPEACE Inc.)
Project Manager:内田麻菜美
Director / Cinematographer:高橋一生(TOKYO management)
Lighting Director:友野雄作
Stylist:甲斐修平
Hair & Make up:呉あきえ
Prop Stylist:中込初音
Food Stylist:茂庭翠
Editor:金子雄亮
Mixer:望月直矢
Producer:西村大気(P.I.C.S.)
Production Manager:高橋美月(P.I.C.S.)


<本件に関するお問い合わせ先>
お問い合わせフォーム:https://support.zenb.jp/hc/ja/requests/new



参考資料

ZENBブランド


ZENBは、植物を可能な限りまるごと使った食で、おいしくてカラダにいい、人と社会と地球の健康に貢献する、未来に向けたウェルビーイングな食生活を提案するブランドです。野菜や豆、穀物といった植物のおいしさと栄養を、可能な限りぜんぶ閉じ込めました。動物性原料や添加物に頼らない味づくりで、素材そのもののおいしさを活かしています。まるごと野菜とオリーブオイルだけで作った「ZENBペースト」、まるごと野菜にナッツや果汁を加えた「ZENBスティック」、食物繊維と植物性たんぱく質が豊富な黄えんどう豆100%の新主食「ZENBヌードル」「ZENBマメロニ」「ZENBミール」などを販売しています。
ZENBサイト:https://zenb.jp

ZENBヌードル


ほのかな旨みともちっとした食感が魅力の黄えんどう豆100%麺。食物繊維や植物性たんぱく質が豊富な黄えんどう豆をうす皮までまるごと使っており、いつものパスタやうどん、中華麺、ごはんと比べて糖質は30%オフ※1。しかも、食物繊維は1食で1/2日分、さらにたんぱく質もとれて、低GIでグルテンフリーにも対応。パスタやラーメン、まぜ麺、焼きそばなど、どんな料理にも自由に使えて、毎日おいしく食べ続けられる新しい主食です。
商品詳細ページ:https://zenb.jp/pages/noodle
※1 喫食時1人前あたり
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)