アパレル・ファッション 美容・健康

【介護脱毛には介護する側とされる側にメリットあり!?】還暦前の親がいる子世代に聞いてみた、親の介護と介護脱毛について

恋肌(こいはだ)
6割以上の子世代が、将来のことを考えて親に介護脱毛をしてほしいと回答




「介護脱毛」という言葉を見聞きしたことはありますか?
将来介護を受ける可能性を考慮し、あらかじめデリケートゾーンに施術する脱毛が「介護脱毛」です。

実際、介護には清拭や排せつ物の処理が伴うことから、デリケートゾーンに無駄な毛がない方が、介護する方もされる方も心身の負担が軽くなるといえるでしょう。
このように、最近では美容だけではなく介護補助を目的として、VIOの脱毛をする方も増えてきているようです。

では、親を介護する立場である子世代は、介護脱毛についてどのような意識を持っているのでしょうか?

そこで今回、脱毛サロン「恋肌」https://www.koi-hada.jp/lplj_lv/lp03/?refmedia=142)は、還暦前の親がいる男女を対象に、「子世代が考える介護脱毛」についての調査を行いました。

介護脱毛のメリット・デメリットを理解し、親子間の介護について考えるきっかけにしてみませんか。


【「考えたことがある」人は半数以上】子世代が考える親の介護

はじめに、親の介護に関して伺っていきたいと思います。



「親の介護について考えたことはありますか?」と質問したところ、6割近くの方が『とてもある(現在介護を行っている)(13.3%)』『ややある(45.7%)』と回答しました。

還暦前の親がいる子世代にとって、親の介護について考える機会は多いといえそうです。
少子高齢化の進む日本社会では、親の介護がより一層身近な問題になっているのかもしれません。

では、いざ親の介護が必要になった際、子世代はどのような方法で介護しようと考えているのでしょうか?

そこで、「介護が必要になった場合、どのような方法での介護を考えていますか?」と質問したところ、『自分が面倒をみる(45.2%)』と回答した方が最も多く、次いで『施設に入れる(32.0%)』『ヘルパーさんを頼む(14.2%)』と続きました。

親の介護が必要になったら自分で面倒をみる、と考えている子世代が多いようです。
一方で、施設やヘルパーといった外部の力を借りるという意見も見受けられました。
いずれにせよ、早い段階で子世代が親に対する介護の方法を考えておくことは大切だといえるでしょう。


【排泄介助が大変そう...】子世代から見た介護の大変さ

還暦前の親がいる子世代の6割近くが、親の介護について考えたことがあるとわかりました。
自分で面倒をみるのか、施設やヘルパーを利用するのか、親の介護方法も併せて検討されているようです。

実際の介護では、食事やトイレ、入浴など、日常生活の様々なシーンで介助が必要となります。
では、子世代が一番大変そうだと考えている介護とは、一体何なのでしょうか?


そこで、「介護で何が一番大変そうだと思いますか?」と質問したところ、『排泄の介助(55.1%)』と回答した方が最も多く、次いで『入浴の介助(23.0%)』『意思の疎通(14.3%)』と続きました。

半数以上の子世代が、排泄の介助を一番大変そうな介護と考えているようです。
また、入浴介助や意志の疎通といった選択肢にも支持が集まりました。
介護する側にとって、力仕事である介助は負担とみなされやすいのかもしれません。

特に、排泄介助はデリケートゾーンに関わる部分だけに、清潔にしておきたいと考える方もいるのではないでしょうか?

続いて、「排泄介助のことを考えた場合、介護脱毛は有効だと思いますか?」と質問したところ、7割以上の方が『とてもそう思う(29.8%)』『ややそう思う(46.5%)』と回答しました。

排泄介助の可能性を考えると、介護脱毛が有効だと捉えている子世代が多いようです。
ここで、介護脱毛が有効だと考える理由について、詳しく聞いてみました。

■介護脱毛は排泄介助される側とする側双方にメリットあり!?
・毛に排泄物がつくと拭き取りに時間がかかり、大変だから(20代/女性/専業主婦)
・オムツだとかぶれたり、においが籠ったりするから(20代/女性/専業主婦)
・脱毛することにより本人も清潔さを保てるし、介護側も介護しやすくなるから(20代/女性/学生)
・自分が永久脱毛を行っていて、生理などの際の清潔状態が大きく変化したと実感したから(20代/女性/会社員)

デリケートゾーンに無駄な毛があると排泄物がついたり、においが籠ったりと、不衛生な状態になりやすいと考える方が多いようです。
また介護脱毛によって、介護される側だけでなく、介護する側の作業も楽になるのではないかという声が寄せられました。
さらに、自身の脱毛経験からその効果を評価する意見もあり、介護脱毛をする方は今後増えていくかもしれません。


【デリケートゾーンを清潔に維持できる】子世代が思う介護脱毛のメリット・デメリット

ここまでの調査で、還暦前の親がいる子世代は、介護において排泄介助が一番大変そうなイメージを持っていることがわかりました。
また、排泄介助の大変さを考えると、介護脱毛の効果に期待する子世代が多い傾向です。

デリケートゾーンの脱毛は、介護する側とされる側の双方にメリットをもたらすと考えられます。
一方で、介護脱毛にはメリットばかりではなく、デメリットもあるかもしれません。


そこで、「介護脱毛はメリットとデメリット、どちらが多いと思いますか?」と質問したところ、半数以上の方が『メリット(52.1%)』と回答しました。

介護脱毛にはメリットの方が多い、と考える子世代が多数派だといえそうです。
では、子世代は介護脱毛にどのようなメリットがあると感じているのでしょうか?


続いて、「介護脱毛のメリットにはどんなことがあると思いますか?(複数回答可)」と質問したところ、『デリケートゾーンが清潔に保てる(72.9%)』と回答した方が最も多く、次いで『介護者の負担が減る(54.2%)』『においが軽減される(50.0%)』と続きました。

デリケートゾーンを清潔に保てることが介護脱毛のメリットだ、と考える子世代が多いようです。
また、介護する側の負担やデリケートゾーンのにおいを軽減するというメリットも挙げられました。
介護脱毛によって介護される側の衛生面を確保できる上に、介護する側の負担軽減にも繋がるのであれば、まさに一石二鳥といえます。

反対に、介護脱毛にはどのようなデメリットが想定されるのでしょうか?

そこで、「介護脱毛のデメリットにはどんなことがあると思いますか?(複数回答可)」と質問したところ、『費用がかかる(68.5%)』と回答した方が最も多く、次いで『施術に痛みを伴う(34.7%)』『時間がかかる(30.8%)』と続きました。

介護脱毛には費用がかかる、という点をデメリットとみなす子世代が多いようです。
また、施術時の痛みや、脱毛に時間がかかることを懸念する声も多く見られました。
介護脱毛を検討するにあたって、費用や手間の面でハードルが高くなっている様子が窺えます。


【6割以上が介護脱毛に賛成】子世代が考える親の介護脱毛

子世代が考える介護脱毛には、それぞれメリット・デメリットがあることが明らかになりました。
介護脱毛には、介護する側とされる側の双方にメリットが見込まれる一方で、費用や時間がかかるという点をデメリットと捉える方もいるようです。

では実際に、還暦前の親がいる子世代の中で、親が介護脱毛をしている方はどれくらいいるのでしょうか?




そこで、「あなたの親は介護脱毛していますか?」と質問したところ、9割以上の方が『していない(90.9%)』と回答する一方で、『している(9.1%)』という声も寄せられました。

親がすでに介護脱毛をしているという子世代は、少ないといわざるを得ません。
では、将来の介護を見据えて、子世代は親に介護脱毛をしてほしいと考えているのでしょうか?

続いて、「将来のことを考えて親に介護脱毛してほしいですか?」と質問したところ、6割以上の方が『とてもしてほしい(8.1%)』『ややしてほしい(54.5%)』と回答しました。

親に介護脱毛をしてほしいと望んでいる子世代が多いようです。
自分が親を介護するにしても、施設の職員やヘルパーに任せるにしても、介護脱毛でなるべく介助の負担を減らしたいというのが、子世代の本音なのかもしれません。


【まとめ】子世代は介護脱毛にメリットを感じている人が多い。早い内に準備しておくべき。

今回の調査で、還暦前の親がいる子世代の介護脱毛に対する見解が明らかになりました。

親の介護やその方法について考えたことのある子世代が多いようです。
少子高齢化社会において、自分、あるいは介護士やヘルパーが親の介護をする可能性は十分にあり得るでしょう。

また、様々な介護の中でも、排泄介助が一番大変そうだというイメージが強いようです。
このような排泄介助が必要になった場合、介護脱毛を有効だと捉える子世代は7割以上にのぼります。

さらに、多くの子世代が、介護脱毛にはメリットの方が多いと考えているようです。
介護脱毛によってデリケートゾーンを清潔に保てるのであれば、介護される側はもちろん、介護する側にとっても心身の負担軽減に結びつきます。

一方で、介護脱毛には費用や時間がかかるという点が、デメリットとして挙げられました。
実際の脱毛事情に関しても、親が介護脱毛をしている子世代はまだまだ少ないというのが現状です。

とはいえ、親の介護脱毛を希望する子世代が多いことから、介護脱毛のニーズはもっと高まっていくかもしれません。還暦前の親がいる子世代は、親と一緒に介護脱毛についてじっくり話し合ってみてはいかがでしょうか。


介護脱毛を始めるなら『恋肌』




「将来の介護に備えて脱毛したい!」
「早めにVIO脱毛を始めよう」

そのような方にオススメしたいのが、セブンエー美容株式会社が運営する脱毛サロン『恋肌』https://www.koi-hada.jp/lplj_lv/lp03/?refmedia=142)です。

【恋肌の現在のキャンペーン】
★新「都度払いプラン」をリリースしました!★

全身脱毛都度払いの他に、全身から34部位選んで脱毛することができる都度払いプランもあります。

★全身脱毛1回プレゼント中!★
全身脱毛6回以上の回数制のコースをご契約いただいた皆さまには、全身脱毛を1回無料で追加するキャンペーンを実施中です。

『恋肌』は、日本人の肌に合わせた特注の国産脱毛器を使用しているため、施術中の痛みもほとんどありません!
さらに、コラーゲン美肌脱毛を導入しているので、脱毛しながら透明感あふれるプルプルの美肌に導いてくれますよ♪
美肌効果の高いローションが無料なのも、女性にとって嬉しい特典です。
安い・痛くないだけではなく、より美しいお肌づくりも期待できるのが恋肌の特徴です。

無理なく通いやすい料金設定で高いクオリティの脱毛をご提供いたします。
ぜひ『恋肌』にお気軽にご相談ください。

■脱毛サロン「恋肌」:https://www.koi-hada.jp/lplj_lv/lp03/?refmedia=142
■お問い合わせURL:https://www.koi-hada.jp/contact/


調査概要:「子世代が考える介護脱毛」についての調査
【調査期間】2022年10月12日(水)~2022年10月13日(木)
【調査方法】インターネット調査
【調査人数】1,005人
【調査対象】還暦前の親がいる男女
【モニター提供元】ゼネラルリサーチ

※このアンケートは、恋肌に通われていた方・勤務しているスタッフに実施したものではありません。恋肌のプランや料金、施術内容や効果とは異なる場合がございます。

【記事等でのご利用にあたって】
本プレスリリースの内容を引用される際は、以下のご対応をお願いいたします。
・引用元が「ゼネラルリサーチ調査」「恋肌」である旨の記載
・該当するプレスリリースのリンク設置
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)