食品・飲料

自家製生チョコ×フルーツで“チョコっと贅沢”なドリンク「果汁工房果琳」他フルーツジュースバーにて限定復活販売開始

青木フルーツホールディングス株式会社
~コクのある甘酸っぱさが人気の「搾りたて温州みかん」も販売~

青木フルーツホールディングス株式会社(本社:福島県郡山市、代表取締役会長兼社長:青木信博)が運営する「果汁工房果琳」をはじめとしたフルーツジュースバーは、2022年6月1日(水)に1号店のオープンから20周年を迎えました。20周年を記念し、フルーツジュースバー全店(186店舗)にて、周年祭企画として「社内アンケートでスタッフが選んだ人気商品」計6種類を3回の期間に分けて復活販売しています。第1弾の『オレグレ』『キウグレ』、第2弾の『やきいもミルク』『黒ゴマバナナミルク』に続き、2022年11月1日(火)より最終回として生チョコを使用したドリンク2種『生チョコバナナミルク』『生チョコイチゴミルク』を期間限定で復活販売いたします。 また、2022年11月14日(月)より、これからが旬のコクのある甘さと程よい酸味が特徴の温州みかんを生搾りした『搾りたて温州みかん』を販売いたします。


スタッフが選ぶ人気商品限定復活販売 “チョコっと贅沢”なドリンク2種

『生チョコバナナミルク』『生チョコイチゴミルク』
『生チョコバナナミルク』は、年間を通して人気No.1を誇るバナナミルクに生チョコを合わせた、バナナとチョコレートの豊かな香りと優しい甘さを味わえるドリンクです。バナナと生チョコの相性抜群な味わいをお楽しみいただけます。
『生チョコイチゴミルク』は、イチゴの甘酸っぱさに生チョコのまろやかさが加わり、リッチな味わいが口の中で広がります。濃厚でなめらかなくちどけを楽しめる、これからの寒い季節にぴったりなドリンクです。
この2種のドリンクは、2019年にバレンタイン期間限定で販売した商品で、自社工場でフルーツとの相性を考えて作った生チョコを、定番の人気商品「バナナミルク」と「イチゴミルク」にミックスしたドリンクです。どちらも生チョコとフルーツの相性が抜群で、その想像以上の美味しさからスタッフ人気が高く、今回の復活販売に至りました。スタッフが自信をもっておすすめする商品です。
スイーツ感覚で味わえる生チョコ入りのドリンクで、いつもより”チョコっと贅沢”な気分をお楽しみいただけます。



甘さと酸味の高バランス!『搾りたて温州みかん』を今年も販売

『搾りたて温州みかん』
『搾りたて温州みかん』は、毎年みかんが美味しくなる初冬の時期より販売を行っており、その美味しさから老若男女幅広い層より支持されている人気の商品です。人気の理由は、その甘さにあります。通常のオレンジが糖度10度程度であることに比べ、みかんは12度程度あり、コクのある甘さが特徴です。また、程よい酸味もあるため、すっきりと飲むことができます。専用のジューサーを使用し、たっぷりの温州みかんをお客様の目の前でご注文を受けてから生搾りしてお作りします。皮を剥く手間なく、手軽にみかんの美味しさを作りたてでお楽しみいただけるドリンクです。




AOKIのフルーツジュースバーについて
1924年創業の「フルーツショップ青木」から生まれた、“極上フルーツ、つくりたて。”がテーマのフルーツジュース専門店です。「果汁工房果琳」をはじめ「Wonder Fruits」、「フルーツバーAOKI」、「V2&M by FruitsBar AOKI」など全国に現在186店舗を運営しています。
厳選し熟度管理を徹底したフルーツを使用し、ご注文いただいてからお客様の目の前でジュースをお作りすることで、フルーツの本当の美味しさと健康をお届けしています。

果汁工房果琳(karin) 152店舗
Wonder Fruits 14店舗
フルーツバーAOKI 10店舗
V2&M 10店舗

WEBサイト:https://k-karin.jp/
Instagram:https://www.instagram.com/kajyu.karin/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)