医療・医薬・福祉

ミネベアミツミは、慶應義塾大学とともにパソナグループ主催 『Awaji Well-being Week』へ出展

ミネベアミツミ株式会社
ミネベアミツミ株式会社(本社:長野県北佐久郡御代田町 代表取締役 会長兼社長執行役員 貝沼 由久、以下ミネベアミツミ)は、11月1日(火)より兵庫県淡路市で開催される、株式会社パソナグループ(本社:東京都千代田区、代表取締役グループ代表 南部靖之、以下パソナグループ)主催『Awaji Well-being Week』、日米Well-beingイノベーションフォーラム2022にベッドセンサーシステム(R)で出展いたします。


ミネベアミツミでは、2018年7月より販売しているベッドセンサーシステムにおいて、慶應義塾大学理工学部(以下、慶應義塾大学)と連携により、新機能の開発として、従来通りの非接触型センサーで睡眠の深度の計測およびアウトプットに成功しました。
近年、ウェルビーイング(心身の幸福)が注目されるとともに、生活習慣病、少子高齢化などの社会的課題への対応が重視され、睡眠や睡眠の深度に関する社会の関心は非常に高まっています。しかし、通常睡眠の深度を計測するためには、専門の電極器具等の使用が必須となります。
ミネベアミツミのベッドセンサーシステムでは、連携する慶應義塾大学がノイズキャンセリング技術を応用し、睡眠深度を判定するアルゴリズムの開発に成功しました。ミネベアミツミのベッドセンサーシステムをベッドの脚に設置し使用することだけで、計測用器具を身体に装着することなく、また通常の睡眠状態のまま、睡眠の深度を計測することができます。

ミネベアミツミのベッドセンサーシステムは、ベッド上の利用者に対して非侵襲・非接触でありながら、体動の状態を、安定的かつ正確に把握することが可能なため、通常の睡眠時には取得できずにいた、睡眠に関する有用なデータを、負担なく簡単にモニタリングします。また、ベッドの脚下に設置するため、既存のベッドにも設置が可能です。
睡眠の状態を把握することで心身の状態を理解し、将来的には、メンタルヘルスや認知症等のケアなど、ベッドセンサーシステムによる次世代の医療サービスへの活用が期待できます。

なお、このたび新機能を追加した本ベッドセンサーシステムを、未来の健康づくりの一助となるべく、パソナグループ主催 『Awaji Well-being Week』、日米Well-beingイノベーションフォーラム2022に出展いたします。日米Well-beingイノベーションフォーラム2022は、ウェルビーイングを実現可能にするために、社会的な健康をテーマとしたイベントです。
出展においては、離床アラームや体重計測等の機能を体験いただけるよう、ミネベアミツミのベッドセンサーシステムを稼働展示いたします。また、本ベッドセンサーシステムについて、技術者より直接ご説明することで、ミネベアミツミの高精度でスマートなセンシングシステムを身近に体感いただけます。

ミネベアミツミは、「より良き品を、より早く、より多く、より安く、より賢くつくることで持続可能かつ地球にやさしく豊かな社会の実現に貢献する」という経営理念のもと、今後もより様々な産業界のお客様と、豊かな社会の実現にお役に立てるセンシングデバイスの研究開発・製造・販売に努めてまいります。

* ベッドセンサーシステムは、ミネベアミツミ株式会社の登録商標です。登録番号は6152256 号です。

Awaji Well-being Weekについて】
―「スポーツ」×「食」×「アート」×「イノベーション」のイベントを通じ、ウェルビーイングを体験 ―
新型コロナウイルス感染症拡大によって、私たちの暮らしや働き方への意識・価値観が大きく変化しています。自然豊かな環境の中で、自身にとっての“豊かさ"を見つめ直す機会や、心身ともに健康でウェルビーイングを実現するライフスタイルなどへの関心が高まっています。
ウェルビーイングイベント『Awaji Well-being Week』は、“スポーツ・食・アート・イノベーション"をテーマに6つのイベントを開催し、身体・心・社会的な健康を考える機会を提供いたします。

― DX未来社会への実現に向けて ―
蓄積されたデータで相互扶助の関係を築き、技術革新によって健康課題を解決できるDX未来社会(デジタル・ミューチュアルエコノミー)を実現するデザインも実装いたします。

― ウェルビーイングを実現可能にする 6つのイベント ―
UNDOKAI WORLD CUP(11月3日~6日)
Awaji Nature Lab & Resort(11月7日)
Awaji Music-Art Fes(11月1日~13日)
ワールドシェフ王サミット(11月11日~13日)
Well-beingビジネスコンテスト2022(11月1日)
日米Well-beingイノベーションフォーラム2022(11月2日)

開催概要
名称:Awaji Well-being Week

日程:2022年11月1日(火)~11月13日(日)
※ミネベアミツミのベッドセンサーシステム(R)の出展は、11月1日(火)、11月2日(水)です。

主催:株式会社パソナグループ

場所:兵庫県淡路市淡路市夢舞台1番地
兵庫県立 淡路夢舞台国際会議場
https://www.yumebutai.org/access/index.html
※ミネベアミツミのベッドセンサーシステム(R)はB1階に出展の予定です。

ウェブサイト:https://www.pasonagroup.co.jp/awaji_well-being_week/

お問合せ先:
Awaji Well-being Week 運営事務局 (運営 パソナグループ)

【ミネベアミツミのベッドセンサーシステムについて】
ベッドセンサーシステムは、ベッド脚下にお手軽に設置できる見守りセンサーシステムです。
ご利用者様のベッド上での状態やバイタル情報(離床アラーム、体重計測等)を離れた場所から24時間体制でモニタリングすることが可能なため、転落などのアクシデントを未然に防ぎ、ご利用者様はもちろん介護従事者のご負担やご不便を劇的に軽減いたします。
高いセンシング技術をもつ超精密部品メーカーのミネベアミツミだからこそ成し得た、新しい介護のスタイルです。
*体重計測:本システムは「秤」ではないため、参考体重となります。

ウェブサイト:
https://pr.minebeamitsumi.com/bedsensorsystem/?gclid=CjwKCAjwwL6aBhBlEiwADycBII2k1BHWZ2CdK6Cu100e3hZR0kg80-iBychuS3hxd_KLYtmOh_a79BoCNW8QAvD_BwE





【ミネベアミツミについて】
ミネベアミツミは、機械の回転をスムーズにするベアリング(軸受)をはじめ、モーター、センサー、半導体など、様々な機械・電子部品を手がける相合(そうごう)*精密部品メーカーです。
当社の超精密技術は、エアコン・掃除機・ドライヤー、ゲーム機などの家電製品、スマートフォン・パソコンなどの情報機器、自動車・航空・宇宙製品、そして医療機器など、幅広い分野で使用され、目に見えないところで皆様の生活をお支えしております。

*相合:「総合」ではなく、「相い合わせる」ことを意味し、自社保有技術を融合、活用して「コア製品」を進化させるとともに、その進化した製品をさらに相合することでさまざまな分野で新たな製品を創出すること。

ウェブサイト:https://www.minebeamitsumi.com/

報道関係お問い合わせ先:
ミネベアミツミ株式会社 広報・IR室
Phone: 03-6758-6703Fax: 03-6758-6718E-mail: koffice@minebeamitsumi.com
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)