出版・アート・カルチャー 美容・健康

腰痛、脊柱管狭窄症、ぽっこりお腹……その不調、「バナナ腰」が原因だった!? 『「バナナ腰」を治せば、体の不調が消える!』 11月16日(水) 発売!

株式会社小学館

YouTube登録19万人の腰痛専門整体師・とも先生による「毎日1分ストレッチ」もついてくる! 『「バナナ腰」を治せば、体の不調が消える!~腰痛・脊柱管狭窄症・ぽっこりお腹・ストレートネックを改善!~』予約受付中です。


***************
「バナナ腰」を治せば、体の不調が消える!  
 ~腰痛・脊柱管狭窄症・ぽっこりお腹・ストレートネックを改善!~
 著・とも先生
 定価:1430円(税込)
 A5判 128ページ
 2022年11月16日(水)発売
 小学館
 https://www.shogakukan.co.jp/books/09311531
***************

現代社会は、多くの人が座りっぱなし(パソコン作業、長時間のスマホ利用、家でダラダラ…等々)。そんな習慣の積み重ねにより、いつのまにかなってしまうのが、本書のテーマ「バナナ腰」です。
著者であるとも先生の整体院に訪れる患者の9割が、この「バナナ腰」が原因で不調をきたしていたのです。「バナナ腰」とは一体? その改善方法は? 本書では、まんがと写真ページでわかりやすく解説します!



「バナナ腰」とは?

その「バナナ腰」とは、一体どういうものなのか、とも先生に伺いました。

「腰がバナナのように反りすぎている“反り腰”の状態のことです。本来、まっすぐであるはずの骨盤の位置が前傾、あるいは後傾している状態をいいます」(とも先生)

バナナ腰になると、腰や体に歪みが生じ、腰痛や脊柱菅狭窄症などの不調をはじめ、ぽっこりお腹やストレートネックなど、見た目の問題にもつながってしまうのだとか。

「痛み止めの薬を飲んだり湿布を貼ったり、ダイエットに励んだり、ウォーキングや筋トレを頑張ったり……。それらの対応に励んでいる人は多いですよね。でもじつはそれよりも、バナナ腰を先に治す方が改善の近道なんです!」とのこと。
あなたのその不調も、もしかするとバナナ腰が原因かもしれませんよ!?



あなたも「バナナ腰」かも?

「バナナ腰は、次の2つのタイプに分けられます」(とも先生)
1)骨盤前傾型…体全体が反っている
2)骨盤後傾型…おしりが突き出ている


…ということは、鏡を見れば、自分がバナナ腰かどうかを判断することはできますか?

「いえ、そこが曲者なんです。なぜなら、一見姿勢がいいように見えても、じつはバナナ腰が隠れている場合もあるんですよ。なので本書でも紹介している“バナナ腰セルフチェック法”をぜひ試してみてください」(とも先生)

バナナ腰が当てはまったあなた! その解決策については、本書に詳しく書かれていますよ。




著者の紹介

とも先生
1987年、京都府生まれ。本名、木下智博。腰痛専門の整体師。滋賀県草津市の腰痛専門「整体院 智-TOMO-」院長。自身も腰痛で苦しんだ経験から、柔道整復師・鍼灸師・あんまマッサージ指圧師の3つの国家資格を取得し、腰痛専門の整体師に。YouTubeチャンネル『ストレッチ整体師とも先生』では、腰痛改善のための様々なストレッチを発信している。登録者数は19万人超(2022年10月現在)。目標は「全世界から腰痛をなくし、健康寿命を延ばす」こと。

「整体院 智」HP:
https://seitaiin-tomo.com

YouTube:『ストレッチ整体師とも先生』
https://www.youtube.com/channel/UCH9i--1vKBFg5MgLmAk0zjg

Instagram:@seitaiin_tomo
https://www.instagram.com/seitaiin_tomo/

Twitter :@seitaiintomo
https://twitter.com/seitaiintomo
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)