医療・医薬・福祉 交通・運輸・輸送

医療従事者の皆さんに「無料送迎タクシー」で勇気を!TAXI OVATION

エッグワーム株式会社
新型コロナウィルス感染リスクの中、どうしても移動が必要な医療従事者の皆さんに「無料送迎タクシー」を提供するプロジェクト、それが『TAXI OVATION』(タクシーオベーション)です。

エッグワーム株式会社(本社:東京都渋谷区 / 代表取締役社長:川村昌紀 / 以下、当社 )はクラウドファンディング「CAMPFIRE」にて新型コロナウィルスと医療現場の最前線で闘う医療従事者の皆さんと売り上げが激減するタクシー事業者の両者をサポートするプロジェクトを始動いたします。






CAMPFIRE URL
https://camp-fire.jp/projects/view/261940

「TAXI OVATION=タクシーオベーション」とは?

支援者の皆様の応援の気持ちを「スタンディングオベーション」のように「タクシーオベーション」という形で届けします。感染リスクを軽減しなければならない方々への安心安全な移動手段として、「無料送迎タクシー」=「タクシーオベーション」を提供したいというのが私たちの目標です。
医療従事者の皆さんは病院やPCR検査機関への通勤など、新型コロナウィルス感染リスクに不安を抱えています。無料送迎タクシーを利用する事で、移動中の本人への感染へのリスクと同時に、周囲の方々への感染リスクを大幅に減らす事が可能です。
またこのプロジェクトによりタクシー事業者の倒産、さらにはタクシードライバーの失業問題を解決する事も可能です。タクシー会社の売り上げが激減する中、長く今の状況が続けば、雇用を維持することは不可能です。この状況は全国のタクシー事業者が抱える問題です。このプロジェクトの支援が集まれば、東京を皮切りに、全国のタクシー事業者の倒産危機を救う取り組みになると信じています。

タクシーオベーションで解決できる「3つの課題」









3つの課題解決がタクシーオベーションの柱となります。

1. 医療従事者の皆さんの移動中の感染リスクを軽減し「医療崩壊」を防止。

2. 医療従事者の皆さんの精神的、肉体的疲労をサポート。

3. 売り上げが激減しているタクシー事業者の倒産危機の回避。

3つの課題解決がタクシーオベーションの柱となります。

CAMPFIRE URL
https://camp-fire.jp/projects/view/261940







運営の流れ

1. 支援が集まった際は、新型コロナウィルスの患者数が多い東京エリアより順次タクシーオベーションサービスを開始いたします。

2. タクシーオベーションサービスをご利用いただく方は、新型コロナウィルス患者を受け入れている医療機関や支援が必要な医療機関が対象となります。

3. 全国の医療機関、PCR検査機関、そしてタクシー事業者と提携し、タクシーオベーションが必要な方々にサービスをお届けします。







実施が決まっている医療機関
-牧田総合病院 (東京都大田区)

提携タクシー会社
-コンドル馬込交通株式会社(東京都大田区)
-株式会社共立タクシー(岐阜県岐阜市)





これまでの私たちの活動とプロジェクト発足の経緯

本プロジェクトを運営するエッグワーム株式会社は東京渋谷にあるイベントマーケティング会社です。2010年の創業以来、イベントやマーケティングを通じて人々に笑顔や感動を届ける活動を行なって参りました。新型コロナウィルスの感染拡大に伴い、イベントの中止や延期などで本来の業務ができない中、私たちに出来ることは何かないか?との考えから、微力ではありますが2020年4月13日、知人の医師が勤務する牧田総合病院へのマスクの寄付(500枚)をさせていただきました。

また今回のプロジェクトに賛同協力いただいている岐阜県にある共立タクシー株式会社は、地元の皆様に愛されタクシー業を営ませて頂いた事への感謝の気持ちを込めて、子供たちにマスクが行き渡るよう岐阜市へのマスクの寄付(3,000枚)をさせていただきました(※写真は岐阜新聞に掲載された際のものです)。

上記のような活動を通して、いま私たちが持っている能力を今回のプロジェクトにて最大化し、医療従事者の皆さんをはじめとした方々へのサポートになればという想いでプロジェクトを発足いたしました。




資金の使い道





リターン内容
オリジナルトートバックや、デザインの違うオリジナルTシャツなど、幅広くご用意がございます。




企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)