美容・健康 医療・医薬・福祉

【無料相談 受付】コロナの影響による運動不足でむくみに悩む方向け/漢方専門家にオンラインで相談

MSG株式会社
自宅から気軽に漢方相談

自宅で漢方を実践できる「あんしん漢方」では、「運動不足でむくみが気になる…」とお悩みの方向けの漢方相談を、2020年5月2日(土)より、受付開始いたします。お申し込み先:https://www.kamposupport.com/anshin1.0/lp/pr/



現在は新型コロナウイルスの感染拡大防止のために外出自粛の要請が続いており、運動不足に悩む方が多くいらっしゃいます。

運動不足は、筋力低下、血の巡りの悪化を招くため、むくみを引き起こしやすくなってしまいます。テレワークによって通勤がなくなり、1日中同じ姿勢で座り続けることもむくみの原因となります。足首やふくらはぎを動かさないことで、血液中の水分が皮下にしみ出しやすくなるのです。

そんな体内の水の流れの悪さが原因であるむくみ(浮腫)に有効なのが「漢方」です。
「漢方」は根本原因である体質の改善(血の巡りの悪さなど)に働きかけることで、それによって生じる症状(むくみ)を緩和することができます。

ただし、漢方は個人の体質によってどの種類の薬が効くのか異なるため、専門家に相談し、自身の体質に合った漢方を見極める必要があります。

「外出できない中でも、自分に合う漢方で不調を改善したい」
そんなニーズに対応するため、自宅で漢方を実践できる「あんしん漢方」では、むくみに悩む方に対するオンライン漢方相談を、2020年5月2日(土)より、受付開始いたします。

◆専門家への相談はこちら(無料)

URL:https://www.kamposupport.com/anshin1.0/lp/pr/


■「あんしん漢方」とは
漢方の専門医、薬剤師などのプロフェッショナルが集まり開発した、個人に合った漢方をオンラインで提案し、継続的に養生方法についてもアドバイスを行うサービスです。
漢方ユーザーの多くが抱えている課題を解決し、より多くの方に漢方を通じた健康的な生活をお届けして参ります。

■「あんしん漢方」概要と理念



あんしん漢方は、「健康は取り戻せる」というモットーを掲げ、「私たちはどうすれば健康な一生を送れるのか」という課題について、新旧の膨大な知恵と知識を集積した漢方の考え方に新たな解を見い出すために、中医学に精通する医師、薬剤師、鍼灸師などプロフェッショナルの協力を得るとともに、人工知能(AI)を活用した最適な漢方選びや養生法のノウハウを構築し、漢方薬と漢方養生についての情報提供を行っております。
ひとつの実践の手段として、一般消費者へは、漢方の服用と養生方法のパーソナルなアドバイスを行うwebサービス「あんしん漢方」を提供しており、病院や薬局へも漢方実践のノウハウを提供しております。

■オンライン相談のメリット



近年、風邪などの身近な疾患から、冷え症や生理不順などの体調不良、ダイエットなどを目的として漢方が注目されつつあります。
しかしながら、漢方に精通した専門医が身近にいない、信頼できる情報に乏しい、相談できるところが少ない、受診するのが面倒だなど、実践するにはまだ多くの課題があります。
そこで「あんしん漢方」は、西洋医療と漢方に精通した医師や薬剤師と提携して、さまざまなわずらわしさや不安感を払拭するためのオンライン相談を開始することにいたしました。
オンライン相談のメリットは次のようなものです。

待ち時間や通院にかかる身体的・経済的負担がない
日本全国、海外、どこからでも相談可能
不安や心配事はメールで相談可能


なお、西洋医学では病名のつかない症状や治療法のない病気に対しても、漢方医学には多くの処方が存在する為、症状改善の可能性が高いといえます。

■顧問
医師・医学博士
上馬塲 和夫 (うえばば かずお)


一般社団法人国際統合治療協会 理事長、日本統合医療学会 理事、日本補完代替医療学会 理事、一般財団法人東洋医療振興財団 前理事長、日本東方医学会 前会長 他

【運営会社概要】
会社名:MSG株式会社
所在地:〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3丁目7−2
URL:https://www.msgcorp.jp/
事業内容:西洋医療と伝統医療の融合とテクノロジーの活用による、疾病の予測と予防の研究・実践・啓発事業

【お客様からのお問い合わせ先】
あんしん漢方(ロイヤル漢方クラブ内)
TEL:03-5464-1588(平日10:00~15:00)
e-mail:info@royalkampo.com
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)