美容・健康 医療・医薬・福祉

【岡山大学】第20回「岡山リビングラボ」オープンイノベーションプログラム(O2IP)「高齢者向け運動プログラムの普及につながるアイデア」〔11/14月,ハイブリッド開催〕

国立大学法人岡山大学

2022(令和4)年 10月 29日
国立大学法人岡山大学
https://www.okayama-u.ac.jp/




オープンイノベーションプログラムの概要
地域内外の企業、自治体や大学の関係者、地域住民など多様な参加者が地域の課題解決にむけたテーマについて自由に討議し、革新的なサービス・商品のアイデア等を創出することを目指します。
検討テーマを提示する共催団体(大手企業等)にとっては、イノベーションに必要となるユニークなアイデアや技術を持った企業や研究者の探索・発見に役立ちます。一方、プログラムに参加する地元企業や研究者、学生、地域住民などの方々にとっては、大手企業のイノベーションに向けた取り組みの一環を知ることができるだけでなく、大手企業等の協力を得ながら、お持ちの技術や研究シーズ、課題認識等を新たなサービス・商品として具体化し全国展開するチャンスが生まれます。



【日 時】
 2022年 11月 14日(月)14:00~17:00

【開催形式】
 オフラインとオンラインの併用
 ・新型コロナの感染状況により、オンラインのみとなる場合があります
 ・オフライン会場
   ももたろうスタートアップカフェ
   (岡山市北区駅前町1-8-18 ICOTNICOT 2階 Wonder Wall)
   https://momosta.com/access

【今回の検討テーマについて】
 今回共催いただく(株)COSPAウエルネス様は、関西地域において「コ・ス・パ」のブランド名でフィットネスクラブ、テニスクラブ、スイミング・カルチャースクール等の運営、および公共スポーツ施設の運営受託を行っています。同社では地域のスポーツ振興・健康増進を多面的に支援し、企業や自治体、地域の方々に楽しく無理せず運動を続けることができるサービスの提供を通して健康寿命延伸に貢献しています。
 同社では、高齢者の脳の活性化につながる「iトレ(アイトレ)」プログラムを2021年8月から関西圏で提供開始しています。iトレは、大阪大学大学院医学系研究科が開発した「アイトラッキング式認知機能評価」と同社が長年の高齢者向け運動指導で培った効果的な「デュアルタスクトレーニング」、それにモーションセンサーによる全身を使った「ゲーミフィケーションプログラム」という最先端の技術を組み合わせた、フィットネス業界初のオリジナルプログラムです。
 今回のワークショップでは、このiトレの体験をしていたいたうえで、当該プログラムの改善案や高齢者に喜ばれる運動プログラムの新しいアイデアを考えていただきます。参加者の皆様がお持ちの技術や研究シーズ、サービス・商品をCOSPAウエルネス様の各種リソースと組み合わせて、地域課題の解決等に役立つ新たなサービス・商品を創出したいと思われている企業の方をはじめ、大学生、高校生、地域住民、自治体関係者等、様々な方々のご参加をお待ちしております。

【プログラム】
(1)趣旨説明、オリエンテーション(14:00~14:05)
(2)テーマに関する共催企業プレゼン(14:05~14:35)
(3)アイデアの方向性等説明(14:35~14:45)
(4)参加者からの提案(保有技術やサービス商品)(14:45~15:00)
(5)テーマについてのグループディスカッション(15:00~16:20)
(6)グループごとの事業アイデア発表・講評(16:20~17:00)

【プレゼンター】
 株式会社COSPAウエルネス ヘルスケア事業推進部 森口洋子 氏

【参加者】
 テーマに関心をお持ちの方であれば、どなたでも参加可能です。
 ただし、オンライン(ZOOM)参加の場合、当日オンライン接続可能な端末(可能であればスマートフォンよりもパソコン、タブレット)をご自身でご用意いただける方に限られます。
 申込多数の場合は先着100人(オフライン会場20人、オンライン会場80人)に限らせていただきます。

【主 催】
 岡山大学大学院ヘルスシステム統合科学研究科(岡山リビングラボ)
 おかやまスタートアップ支援拠点運営委員会(ももスタ)

【共 催】
 株式会社COSPAウエルネス

【留意事項】
 今回のプログラムにおける事業アイデア(知的財産権)については、参加者全員に帰属します。ただし、今後の事業化に際しては、関係者間で必要な契約等を締結することを想定しています。

【参加お申込方法】
 下記の申し込みフォームからご登録をお願いいたします(申込締切:2022年11月14日(月)10:00)
 https://forms.gle/PSBCfMPyyFk7babK8

オープンイノベーションプログラム(O2IP)主催者の志水特任准教授


◆参 考
・岡山大学大学院ヘルスシステム統合科学研究科
 https://www.gisehs.okayama-u.ac.jp/
・おかやまスタートアップ支援拠点運営委員会(ももたろうスタートアップカフェ)
 https://momosta.com/
・株式会社COSPAウエルネス
 https://www.cospa-wellness.co.jp/


◆参考情報
・【岡山大学】第18回「岡山リビングラボ」オープンイノベーションプログラム(O2IP)「介護予防におけるヘルスデータ等を活用した健康無関心層に対するアプローチ方法」を開催しました
 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000803.000072793.html
・【岡山大学】第16回「岡山リビングラボ」オープンイノベーションプログラム「JR西日本のソフト関連資源を活用した事業アイデア」を開催しました
 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000411.000072793.html
・【岡山大学】第15回「岡山リビングラボ」オープンイノベーションプログラム「認知機能低下防止に向けた新聞社独自WEBサイトのコンテンツに関するアイデア」を開催しました
 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000392.000072793.html
・【岡山大学】第14回「岡山リビングラボ」オープンイノベーションプログラム「自治体のヘルスケア・アプリの高付加価値化や地域での普及につながるアイデア」を開催しました
 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000341.000072793.html






◆本件お問い合わせ先
 岡山大学 学術研究院 ヘルスシステム統合科学学域 特任准教授 志水武史
 E-mail:shimizu.takeshi◎okayama-u.ac.jp
     ※◎を@に置き換えて下さい

<岡山大学の産学官連携などに関するお問い合わせ先>
 岡山大学研究推進機構 産学官連携本部
 〒700-8530 岡山県岡山市北区津島中1-1-1 岡山大学津島キャンパス 本部棟1階
 TEL:086-251-8463
 E-mail:sangaku◎okayama-u.ac.jp
 https://www.orsd.okayama-u.ac.jp/

 岡山大学メディア「OTD」(アプリ):https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000011.000072793.html
 岡山大学メディア「OTD」(ウェブ):https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000215.000072793.html
 岡山大学SDGsホームページ:https://sdgs.okayama-u.ac.jp/
 岡山大学SDGs~地域社会の持続可能性を考える(YouTube):https://youtu.be/Qdqjy4mw4ik
 岡山大学Image Movie (YouTube):https://youtu.be/pKMHm4XJLtw
 「岡大TV」(YouTube):https://www.youtube.com/channel/UCi4hPHf_jZ1FXqJfsacUqaw
 産学共創活動「岡山大学オープンイノベーションチャレンジ」2022年11月期共創活動パートナー募集中:
 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000991.000072793.html

 岡山大学『THEインパクトランキング2021』総合ランキング 世界トップ200位以内、国内同列1位!!
 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000070.000072793.html
 岡山大学『大学ブランド・イメージ調査2021~2022』「SDGsに積極的な大学」中国・四国1位!!
 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000373.000072793.html
 岡山大学『企業の人事担当者から見た大学イメージ調査2022年度版』中国・四国1位!!
 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000122.000072793.html


国立大学法人岡山大学は、国連の「持続可能な開発目標(SDGs)」を支援しています。また、政府の第1回「ジャパンSDGsアワード」特別賞を受賞しています
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)